バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > 【コラム】やりがいも感動も!成長できる塾講師バイト

意外とハードな塾講師バイト。それでも「先生をしていて良かった!」と感動できる瞬間とは?

  時給が高く、働くイメージもつきやすい塾講バイト。なかなか休めない、子どもの扱いが難しいなどの大変な仕事ではありますが、その大変さに見合う感動も味わえる奥の深い仕事です。今回は、そんな塾講バイトについて見ていきましょう。

そもそも塾講とは?

塾講師って?

  塾講師の略称である塾講ですが、主な仕事は生徒に授業を教えることです。授業形式としては、少人数で行われる「個別授業」、学校の授業のように大人数に対する「集団授業」の2種類があります。

  授業スタイルによって塾講で身につく能力などは異なってきますので、塾講のバイト情報を探すときには自分に合った塾を選んでください。

塾講のメリット

  塾講のメリットのひとつに高時給があります。ほか、分かりやすい授業を心がけることでプレゼン能力が身につけられますし、生徒との交流を通してコミュニケーション能力も高まります。

  何よりも、子どもたちと触れ合えることが最大のメリットです。生徒との交流を通して、人間として成長できる可能性は抜群に高いです。

塾講のデメリット

  授業前後に拘束時間があることが、塾講バイトのデメリットです。ほとんどの塾で授業の時間に拘束されると考えたほうがよいでしょう。次回の確認テスト作成に向けた学習、報告メールの提出などが授業外の仕事になります。

塾講をやっていて良かった瞬間

  塾講でしか味わうことのできない感動は無数にあります。今回はそれらの内から、体験談を2つ、ご紹介します。

★国語嫌いの男の子(神奈川県 21歳男性)★

塾講の体験談・その1

  「小学4年生の男の子を個人授業で受け持った時のことです。その子は国語が苦手で、ひどい時には授業を拒否して教室から飛び出してしまったその子を、追いかけて連れ戻したこともありました。

  このままではいけない、と感じ、僕はその子と読書を楽しむことから始めることにしました。宇宙飛行士に関する本を一緒に読み、その子が興味を持つシーンになるたびに、『宇宙飛行士さんは、この時どんな気持ちだったんだろうね』など会話の中で質問をしていきました。

  すると、1冊読み終えるころには一緒に本を読むことを楽しむようになり、2冊目の途中からは1人で本を読み進め、感想を言ってくれるようになったのです。

  今まで苦手だった漢字も自分から進んで勉強するようになり、テストで満点をとれるほどに得意になりました。文章題も楽しんで解けるようになったため、国語の成績はどんどん上がっていきました。

  僕は子どもに勉強を教えるということは、”勉強の楽しみ方”を教えることだと学びました。自分も勉強を楽しむ術を見つけていかなくては、と自分を見つめ直すきっかけにもなった、忘れられない大事な生徒です。」

★一緒に将来の夢を見つけられた(群馬県 23歳女性)★

塾講の体験談・その2

  「大学受験の学習塾で指導していた時に、『将来の夢がないから、大学も決められないし、行きたくない』と言っていた女の子を受け持ちました。彼女がそんなことを言い出したのは、高3の9月。普通なら、もう志望校を決めていなければならない時期です。

  彼女は大学進学以外の『やりたいこと』も持ち合わせてはおらず、日に日に表情も暗くなっていきました。

  勉強へのモチベーションも下がっていたので、私は、彼女のこと、そして自分自身がどうやって大学を選んだかを話し合う時間を授業の中で多く設けました。

  私たちはだんだん打ち解けていき、友達同士のように話せるようになりました。そして、彼女はある日『私も先生みたいに、人に親身になれる先生になりたい』と言ったのです。

  私は教育学部ではなかったのですが、教育学部に通う知人に話を聞かせてもらい、彼女の”先生”に対する夢は急速に大きく膨らんでいきました。

  そこから彼女は必死に勉強しました。そしてこの春、見事に教育学部に合格し、先生のたまごとして勉強に励んでいます。教え子の夢を見つけるサポートができたことは、私の大きな誇りです。」

塾講のやりがいがあるエリア

  基本的に塾講は、自宅や大学の近隣の塾を選ぶかと思います。しかし、ちょっと変わった視点で、塾講としてのやりがいがありそうなエリアを紹介します。

  生徒の実力を図る指標のひとつである「全国学力テスト」では、秋田県福井県が上位にランクインしています。実力ある子どもたちをさらに伸ばすチャンスがあるのも、塾講の特権と言えるでしょう。達成した時には何物にも代えがたい経験となります。

  また、神奈川県小田原市は「小田原市教育都市宣言」を掲げて子どもの教育に力を入れています。こういった教育制度の整った環境か否かでも、仕事に対するモチベーションが変わってきそうですね。

  塾講の求人数では東京都世田谷区が最も多い地域なので、ここで自分のお気に入りの条件で塾を選べるかもしれません。

子どもたちと自分の未来のために

  塾講は責任も多く、決して簡単で楽な仕事ではありませんが、自分を磨き、子どもたちの笑顔を見られる本当に素晴らしい仕事です。もしやりたいバイトに迷っていたら、自己投資と子どもたちの未来のために塾講のバイトに挑戦してみては?新たな自分を発見できるかもしれませんよ。

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account