バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

バイト・アルバイトはモッピーバイト > Career Groove > 情報満載♪バイトコラム&調査 > 【コラム】子どもと触れ合いながら働けるバイト特集

保育士志望の学生必見!子どもと触れ合いながら働けるバイト

子どもに囲まれながらバイトをしよう!

  子どもってとても可愛くて癒されますよね。見ているだけで優しい気分にしてくれると思います。 そんな子どもと触れ合うことのできるバイトなら、仕事で大変なことがあってもきっと自然と笑顔になれるはずです。

  また、保育士などを志望している学生なら、将来の役に立つような知識や経験が得られるかもしれません。

  そこで今回は、子どもと触れ合うことのできるバイトをご紹介します。

子どもの成長の手助けができる

1.保育園

保育園

  保育士の資格を持っていなくても、保育の補助をすることができるバイトもあります。保育士や幼稚園の先生などを目指している人にもぴったりです。

  お店などと違って、特定の子どもと触れ合えるので、子どもの名前を憶えて、性格を理解したり、日々子どもの成長を見守っていくことができるのが保育園でバイトをするメリットであると言えます。

  子どもは素直なので、子どものためを思って何か行動をすれば「ありがとう」と言ってもらえます。反対に、自分が間違えた時などは遠慮なく指摘をされることもありますが、その分、大人同士では感じられない考え方や価値観など、子どもから気づきを与えてもらうこともできるのです。

  ただ、子どものお世話は体力を必要とするので、体力に自信のある方に向いているかもしれません。

2.子ども英会話教室

英会話教室

  子ども英会話教室では、歌を歌ったり、ゲームをしたりと楽しみながら子どもに英会話を教えます。

  毎週同じ生徒を指導していくことで、どんどん物事を吸収していき英会話が上達していくのが感じられるなど、自分が教えることによる子どもの成長を感じられるのがこの仕事のやりがいです。

  子どもがはしゃぎすぎてレッスンにならないこともあるかもしれませんが、そんな時も上手に子どもを引きつける授業をする方法を考えて対応していくことが求められます。

  1、2歳から小学校高学年まで、幅広い年齢層の子どもたちと触れ合うことができます。

3.スイミングスクール

プール

  スイミングスクールでは、インストラクターとして子どもに基本的な水泳技法や泳ぐことの楽しさを教えます。時には生後6か月くらいの赤ちゃんが来ることもあります。

  泳げなかった子どもが泳げるようになった時はとても嬉しいですし、やりがいを感じられると思います。子どもに水泳の技法だけでなく、目標に向かってがんばる達成感を教えてあげることもできます。

  子どもの安全を預かっているので、注意力や責任感などが必要な仕事です。

子どもの特別な1日に関われる

4.サンリオピューロランド

  子どもの大好きなテーマパークであるサンリオピューロランドでは、子どもたちが笑顔で遊びまわる姿を見ることができ、非日常的な楽しい雰囲気の中で子どもに夢を与えることができます。

  接客の他にもキッチンやショースタッフ、照明スタッフ、キャラクターの衣装の準備をするキャラクターワードローブなど、様々な仕事があります。いろいろな仕事を任せてもらえるというのはやりがいのひとつです。

  サンリオが好きな人なら、可愛い制服で大好きなキャラクターと仕事できるほか、チケットや商品の割引制度もあります。

  しかし、土日や祝日、長期休暇、年末年始のような休日に、できるだけ働かなければならないというのがテーマパークならではの厳しいところとしてあります。

  サンリオピューロランドのお客様は女性が多いので、子どもも男の子よりも女の子と触れ合える機会が多いでしょう。

5.よみうりランド

よみうりランド

  よみうりランドには、アトラクションの操作、お客様の誘導や接客、チケットの販売などの仕事があります。

  夏にはプールもあるので、1年中様々な子どもが訪れます。元気いっぱいに走り回る子どもを見ながら仕事をしていると、こちらまで元気をもらうことができます。

  大勢の人たちが訪れるので、混んでいる時などはとても忙しくなってしまう可能性があるので、注意が必要かもしれません。

子どもが喜ぶ顔を見られる

6.おもちゃ屋

おもちゃ屋

  おもちゃ屋のバイトでは、レジなどの接客や、商品の品出しなどをします。

  おもちゃを選ぶ子どもはみんなどのおもちゃを買ってもらおうかとワクワクして、目をキラキラさせながら選んでいます。機嫌がよく楽しそうな子どもを見ていると、こちらまで明るい気持ちになってきますね!

  トイザらスなどのおもちゃ屋は広いので、子どもは目当てのおもちゃをなかなか探せない場合があります。そこで、子どもに聞かれたらおもちゃの場所を教えてあげて、そこまで連れていってあげたりします。

  ほかには、おもちゃの使い方についての簡単な質問に答えることもあります。子どもからの質問に答えた時に感謝されるのは嬉しいし、役に立てたと感じるのは嬉しいことですよね。

  しかしとても多くの商品があるので、場所を把握しておくことや、商品についての知識がある程度必要なので、慣れるまでは大変だと思うこともあるかもしれません。

  幼稚園~小学校くらいの、幅広い年齢層の子どもと触れ合うことができます。

7.ベビー用品店

ベビー服

  ベビー用品店では、レジ、品出し、経理業務、商品管理などの仕事をします。子どもと関わることができるのは、主にレジを担当している時です。

  試着などの際に、子どもに似合う服を一緒に選んであげることもでき、自分が選ぶのに関わった服を気に入って喜んでもらえた時はとても嬉しく思います。また、レジで子どもにバイバイ!と手を振ってもらうと、とても可愛くて癒されます。

  しかしその一方、クレーム対応という厳しい面もあります。すでに商品が開封されていて返品できない状態なのに、お客様に理由を伝えても返品を強いられ怒られたりすることもあるそうです。

  ベビー用品店のアカチャンホンポでは、赤ちゃん~小学校1,2年生くらいまでの服をメインに扱っています。

8.子ども写真館

子ども写真

  子ども写真館として代表的なスタジオアリスでは、予約受付・接客などを行うカウンター業務、衣装のご案内、着付けやヘアセット、写真撮影・アシスタント業務、フォトセレクトなど、幅広い業務を行います。

  難しそうに見えるかもしれませんが、特別な資格などは必要ありません。着付けやヘアセット、写真に興味があれば未経験でも働くことができます。

  誕生日や七五三など、子どもにとっての特別な日に撮影に訪れるスタジオアリス。そんな特別な日に立ち会うことができ、素敵な思い出を写真に収めることができるというのがこのバイトのやりがいです。

  衣装を案内して、ひとりひとりのその子どもらしさが出るように、コーディネートしてあげるのはとてもやりがいを感じることができます。

最後に

  バイトで子どもと触れ合うことができるバイトは、子どもに何かを教えるだけでなく、子どもから学ぶこともあるのがいいところですよね。

  子どもからもらった癒しはきっと仕事の原動力になるはずです。子どものことがお好きでしたら、子どもと触れ合うことのできるバイトをしてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

人気のタグ

タグ一覧へ

Social Account