バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

バイト・アルバイトはモッピーバイト > Career Groove > 情報満載♪バイトコラム&調査 > スーパー品出しバイトの仕事内容や志望動機

スーパー品出しバイトの仕事内容や志望動機、楽&きつい点をチェック

 スーパー品出しバイトの仕事内容や志望動機

高校生から主婦まで、幅広い世代に人気があるスーパーの品出しバイト。初めてのバイトとしてもおすすめの仕事です。

「なんとなくイメージできるけど、実際はどうなの?」と気になる人は少なくないのでは?

この記事では、品出しバイトの仕事内容や体験談、作業のコツなど、役に立つ情報を多数お届け。徹底的に品出しバイトについて解説します。ぜひ、さいごまでご覧ください!

【目次】
1. スーパー品出しバイトの仕事内容
2. 品出しバイトの楽&きつい体験談
3. 品出しバイトを上手にこなすコツ
4. 品出しバイトの面接対策
5. まとめ

スーパー品出しバイトの仕事内容

スーパーの品物

スーパーの品出しは、店によって

・担当する部門の商品陳列をする
・店全体の商品陳列を担当する

というケースに分かれます。特に、商品数が多い大型スーパーでは担当する部門が分かれている模様。

スーパーのバイト求人情報では、部門別に募集を行っていることがあります。まずは、各部門がどのような商品を取り扱うか、基本情報を見ていきましょう。

スーパーの主な部門と担当商品

グロサリー
冷凍食品や酒類を含む飲料、レトルト食品など、比較的に日持ちする飲食料

青果
野菜や果物など

雑貨や日用品
ティッシュなど店によって取扱商品がさまざま

鮮魚・水産
魚介類

精肉
牛・豚・鶏肉をメインとした肉類

惣菜・デリカ
揚げ物や弁当類など

ベーカリー
店内で作るパン類

「鮮魚・水産」以降の部門は、店内で加工を行うことが多いです。加工担当と陳列担当に分かれている場合もあります。

▼品出しバイトのメイン業務は商品陳列▼

品出し CareerGrooveが取材した「ワイズマート」で研修中の学生アルバイターを発見。地域密着のスーパー「ワイズマート」のインタビュー記事もぜひご覧ください!
画像引用:この道10年以上のベテランも! 学生から主婦まで、のびのび楽しい地域密着型スーパー「ワイズマート」

商品陳列のやり方は、どの店も大差ありません。基本的には、バックヤードにある商品を売り場に並べるというシンプルな業務です。店内に陳列されている商品の数を確認し、品薄になっていたら補充します。

品出し中は、以下の点を心がけましょう。

期限が近い商品は手前へ

買い物客の多くは手前にある商品を手にするため、期限が迫っている商品は前に、期限の遠い商品は奥へ並べるのが基本です。

見た目をきれいに!整理整頓

陳列する際は、パッケージラベルが前を向くように揃えてください。利用客に表品名やパッケージデザインがよく見えるようになります。

また、周辺の商品が乱れていたら整理整頓しましょう。

周囲を通る買い物客に気を配る

品出し作業に集中しすぎると、買い物客の通行の妨げになることがあります。台車やコンテナが邪魔にならないよう気を配りましょう。

▼シール貼り業務▼

シール貼り

スーパーで店員が割引シールを貼っている光景を見たことがある人は多いでしょう。

シール貼りは、閉店間際の弁当類や調理して時間が経った惣菜など、割引対象になる商品へラベルを貼る業務です。

そのほか、パックに入った食品に価格やグラム数、賞味期限などを記載したラベルを貼る業務があります。

▼バックヤードの整理と品物の検品▼

品出しスタッフは、商品を陳列するだけではありません。バックヤードに届く品物の整理整頓や検品も担います。

届いた段ボールを開き、商品の数や状態を確認。問題なければ、台車を使って指定の置き場へ収納してください。

きちんと整頓しなければ、段ボールで通路をふさいでしまったり、商品がどこに置いてあるか分からなくなったりします。混乱を招くので、常にきれいな環境づくりを意識しましょう。

また、段ボールはカッターを使って開きますが、中身の商品を傷つけないように注意しなければなりません。初めて開封する際は、まず先輩スタッフに安全な開け方を教えてもらいましょう。

▼品出しスタッフは買い物客の “案内人” になることが多い▼

品出しスタッフは商品を陳列している際、買い物客に「○○はありますか?」といった質問をされることが多いです。レジスタッフよりも “案内人” として活躍することがあるでしょう。

バイトを始めたばかりで売り場を把握していない場合は、ベテランスタッフに助けを求められます。声をかけてきた買い物客へ、

「ただいま確認してまいりますので、こちらで少々お待ちいただけますでしょうか?」

と許可を得て、先輩スタッフへ尋ねに行きましょう。品出ししているうちに、どの商品がどこに陳列されているか、店内マップが自然と頭に入りますよ。

経験者の声で分かる!品出しバイトはきつい?楽?

バイト仲間

▼経験者の体験談:品出しで楽だったこと▼

品出しは、重量が軽い商品を担当するときが楽なようです。

経験者の体験談

「菓子類の品出しが軽いので一番楽でした。惣菜もたくさん持ってもそんなに重くないので楽に運べます」(40代/男性)

「精肉部門は季節を問わないので、毎日やることが同じです。青果と比べると重量も軽いので疲れることはありません」(20代/男)

「品出しは重たい商品でなければ女性でも簡単にできます」(30代/女性)

「値引きシールを貼る時間が一番幸せです! なぜなら、重たいもの持たなくてよくて楽だから」(10代/男性)

また、仕事内容が複雑でないことを「楽」と感じた人も見受けられました。

「入荷してきた商品を仕分けして丁寧に素早く並べるだけの単純な作業で楽でした」(20代/女性)

品出し作業でよかった点としては、以下のような意見がありました。

「お客様がその商品を欲しがっているときに補充できると、とても喜んでもらえるのがうれしかった」(20代/男)

「売り場づくりがきれいにできて、買っていただくのを見たときは最高にうれしいです!」(10代/男性)

買い物客にウケがよかったときに、喜びを感じられるようです。

▼経験者の体験談:品出しで大変だったこと▼

楽だった体験談とは反対に、「重いものの品出しが大変」といった意見が複数ありました。

経験者の体験談

「品出しは体力を使いました」(20代/女性)

「重いものを運ぶことがあるのでわりと力仕事だと思います」(20代/女性)

「重い荷物を持つのは大変ですが、動き回るので運動不足にならない点がよかったです」(10代/女性)

持てない商品は台車やコンテナを利用するか、責任者に相談してみましょう。無理に持ち上げると体を痛めたり、商品を落としたりする恐れがあります。

そのほか、ケガに対する注意喚起がありました。

「段ボールで指を切ったり、ツメを折ったりすることがあるので注意してください」(20代/女性)

検品や不要な段ボールを解体する際は、手をケガしないように軍手をして作業するとよいでしょう。長い爪は危険なので、短くカットしておくことをおすすめします。

もっと体験談を見たい人は、以下のページでご覧いただけます!

スーパー等のアルバイト体験記一覧

品出しバイトを上手にこなすコツ

コツを解説

どのようなバイトにも “コツ” はありますよね。品出しバイトにも作業をスムーズにこなすコツがあります。

▼品出しのコツ① 補充する商品をメモしながら戻る▼

売り場の品数をチェックする際に「何がいくつある」とメモを取りながら確認を進めれば、何度も往復する必要がありません。近くに陳列されている商品の数を一気に数えて、まとめて運んでくると作業効率がアップします。往復する回数が減るので、体力も最低限で済むでしょう。

商品陳列を終えたら、バックヤードまでの帰り道にほかの商品の品数をメモしながら戻ります。

▼品出しのコツ② 段ボール開封用のツメ付きカッターを使う▼

品出しスタッフは段ボールを開封・解体することが多いので、カッターの使用頻度が高いです。

効率よく作業するには、切れ味がよい “ツメ付き” の大型カッターが便利。段ボールの封をツメで切り裂けば、なかの商品を傷つける可能性が低くなります。

また、切れ味が悪いカッターはケガのもと。力を入れなくてもサクッと切れるカッターを使えば、段ボール解体時の負担が減るでしょう。

職場に備え付けられていない場合は、店長へ提案してみてはいかがでしょうか?

品出しバイトの面接対策

面接担当者

▼スーパーの品出しバイトへ応募する志望動機例文▼

志望動機にプラスして “やる気” を伝えると印象がアップします。履歴書に書く志望動機のさいごでは、以下の例文のように意気込みを入れて締めくくると好印象を与えられるでしょう。

志望動機の例文

私は中学のころから運動部に所属しており、体力に自信があります。そのため、アルバイトでは体力を活かせる仕事がしたいと考えておりました。今回、○○求人サイトで貴店の求人情報を拝見し、自宅から通いやすい点と放課後を利用して働ける点、また体を動かす業務が多い点に魅力を感じ、応募いたしました。採用されましたら、いち早く貴店の戦力になれるよう一生懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

もっと志望動機の例文が見たい人は、以下のページをご覧ください!

スーパーの志望動機例

▼バイト面接ではハキハキとした挨拶と返事が大切▼

スーパーでは、協調性をはじめとするコミュニケーション能力を重視する店が多い模様。品出しのバイトではスタッフ同士の連携も必要です。しっかりと挨拶や返事ができないとほかのスタッフと連携が取りづらく、混乱が生じる可能性があります。バイト面接では、ハキハキと採用担当者に聞こえやすいボリュームで挨拶や返事をしてください。

▼質問したいことがあるときは遠慮なく聞く▼

テスト期間に休みをもらいたい学生や育児中の主婦は、勤務形態について尋ねたいことがあるのではないでしょうか?

一般的なバイト面接では、応募者から面接担当者へ質問する時間が設けられます。面接官に「何か質問はありますか?」と尋ねられたら、気になっている内容を遠慮なく確認してみましょう。

ただし、すでに求人情報に記載されている内容を聞くと、きちんと確認を取らない人と思われるかもしれません。面接を受ける前に、隅々まで目を通しておきましょう。

また、質問が複数ある場合は、メモにまとめておくとよいですよ。

【体験談】バイト面接で採用担当者に聞かれることの返答例特集

▼面接時の服装は清潔感がある格好で▼

スーパーのバイト面接は、私服で行ってもかまいません。スーツで働く職種ではないため、カジュアルな格好でもOKです。

とはいえ、カジュアルな服装で行く場合も、なるべく清潔感を意識しましょう。襟元がヨレたTシャツや裾が破けたジーパンは、いくらカジュアルな服装でよいといっても不適切です。常識がないと思われる可能性があるので、シワや汚れがない服を選んでください。

高校生の場合は、学校の制服で問題ありません。その際も、気崩したりせず、校則で定められた着こなしで挑んでください。

バイト面接に適した服装はコレ!男女・職種別の私服&制服の着こなし

まとめ

ここまで紹介してきた内容の要点を以下にまとめました。改めて振り返ってみましょう。

品出しスタッフの仕事内容は、

・商品陳列
・シール貼り
・バックヤードの整理と品物の検品
・買い物客の案内

という業務がメインです。

品出しバイトの楽なところとして多かった意見は、

・軽い商品の品出し
・単純作業で楽

といった点でした。

また、並べた商品のウケがよかったときに喜びを感じられるようです。

大変な点については、

・重い商品を運ぶと体力を使う

という意見が複数寄せられていました。そのほか、「段ボールでケガをしないように」といった注意喚起も。

品出しバイトを上手にこなすコツでは、以下の2点を紹介。

・補充が必要な商品をメモしながら戻る
・段ボール開封・解体時はツメ付きカッターを使う

スーパーのバイト面接では、

・志望動機にプラスしてやる気を伝える
・面接ではハキハキとした挨拶と返事が大切
・質問したい内容があるときは遠慮なく聞く
・面接時の服装は清潔感がある格好

という点を意識すると採用担当者に好印象を与えられるでしょう。

品出しバイトと並んで人気があるスーパーのレジ打ちバイト。次の記事で仕事内容などを紹介しています。あわせてご覧ください!

【スーパーのレジ】バイト経験者が語るきつい点と対策方法を紹介

バイト探しは『モッピーバイト』で!

モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、最大40,000円分のお祝いポイントがもらえます。全国各地の最新バイト情報を掲載しているので、ぜひチェックしてください。

高校生OKの求人情報
未経験者歓迎の求人情報
短期バイトの求人情報
週1日からOKの求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account