バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトが続かない原因と続けるメリットや対処方法

バイトが続かない原因とは? 長く勤めるための処方箋3つを紹介

 バイトが続かない原因と続けるメリットや対処方法

「すぐにバイトを辞めたくなってしまう」「バイトがなかなか続かない」という悩みを抱えている人も多いはず。実は、バイトを辞めたくなってしまうのには原因があるのです。そこで今回は、バイトが続けられない原因や続けるメリットをまとめて紹介します。

「バイトがなかなか続かない」と悩んでいる人や「すぐにバイトを辞めたくなってしまう」という人には、どのような共通点があるのでしょうか? バイトを辞めたいと感じてしまうのには、理由があるはず。バイトに行きたくないと悩む前に、なぜそう思ってしまうのか一度考えてみましょう。

バイト先の環境に問題がある場合や自分自身に問題がある場合、バイトの選び方に問題がある場合などさまざまなケースが考えられます。原因を知ることで、バイトを今よりも楽しく続けていくための対処方法も見えてきますよ!

この記事ではバイトが続けられない理由や対処方法、バイト続けるメリットをまとめました。バイトを辞めてしまう前に、参考にしてみてくださいね。

よくあるバイトが続かない理由と、その解決方法

バイトが続かない理由は?

面接に合格し念願のバイト先で働くことができたはずなのに、しばらくすると辞めたくなってしまうという悩みを抱えている人は意外と多いです。バイトが続けられないのは、そこに原因や理由があるから。まずは、冷静になってなぜバイトが辞めたくなるのか考えてみましょう。

▼人間関係が上手くいかない▼

バイトが続かない原因として、人間関係が上手くいっていないことが挙げられます。バイト先にどのような先輩や社員がいるのかは、入ってみないとわかりません。

バイトに慣れてきて多くのスタッフと関わるようになると、合わない社員や先輩と関わることも出てくるでしょう。特に上司とそりが合わなくなると、ちょっとしたことで怒られたり指摘されたりしてバイトに行くことが億劫になります。

そこで、人間関係が上手くいかない状態をつくらないように心がけることが大切。特に、上司や先輩とは良好な関係が築けるように、挨拶やお礼はしっかりとしましょう。また、わからないことがあれば素直に質問をして自らコミュニケーションを取るようにすると、業務も円滑に進めることができます。

良好な関係が築くための対策方法

●挨拶やお礼はしっかりする
●わからないことがあれば素直に質問をして自らコミュニケーションを取る

▼自分に合った業種・やりたい業種ではなかった▼

いざ、バイトを始めてみると、業務内容が自分に合わなかったというケースがあります。たとえば、ファッションが好きでアパレルショップのバイトを始めたけれど、仕入や出荷の作業が中心だった、接客業がしたくて飲食店のバイトに応募したけれど調理中心だったなど、実際にバイトを始めてみないとわからないことも多くあります。

向き不向きがあるのは仕方のないこと。誰でも苦手なことを長時間しているとストレスとなり、辞めたいという思いに繋がります。このようなケースは、自分のやりたい業種内容や挑戦してみたい業務内容を上司に相談してみるといいでしょう。すぐに対応することは難しいかもしれませんが、今とは違う業務で働ける可能性も出てきます。

業種が合わないときの解決策

●自分の要望も含めて、業務内容の変更ができないか上司に相談してみる

▼そもそもバイトを選ぶ時点でミスがあった▼

バイトを選ぶ時点で条件面に妥協をしていませんか? 長期間バイトを続けるためには、条件面で妥協をしてしまうと後々大変な目にあうことが。たとえば、家から1時間以上かかるバイト先を選んでしまうと、だんだん通うことが億劫になってしまうことがあります。また、給与の面で妥協をして自分の希望より安い時給で働き始めると、モチベーションがキープできないことも。

同じバイトを長く続けるためにも、バイト選びの時点で自分が譲れない条件を明確にしておくことが大切です。

バイト選びをミスしないための対策方法

●通勤時間や時給など、自分が譲れない条件を妥協して応募しない

▼頑張りすぎてしまうクセがある▼

どのようなことにも全力投球してしまう「人一倍頑張りすぎてしまうタイプ」は、バイトを続けていくなかで「これ以上頑張ばれない」と苦しくなってしまうことがあります。

レジ打ちができるようになったら次は発注業務、その次はバイトリーダーへなどと、自分でどんどん高いハードルを用意して力を抜くことができません。その結果、もうこれ以上は頑張れないと感じてしまうことに。

業務ができるようになることは大切ですが、次々と高いハードルを用意する必要はありません。自分のペースで、時には力を緩めることを意識的に行うだけでも、モチベーションが保ちやすくなります。

頑張りすぎるクセを解消する方法

●次々と高いハードルを用意しない
●自分のペースで、時には力を緩めることを意識する

頑張ってバイトを続けるメリットは?

バイトを続けるメリットについて

「バイトを辞めたい」と思った時には、今のバイトを続けるメリットを考えてみるのもおすすめ。辞めてしまうことは簡単ですが、せっかく頑張って続けてきたバイトです。続けることで、次のようなメリットを感じられるのではないでしょうか。

▼「一定の収入」が確保できるため楽しみに使える▼

バイトを始めたからこそ、毎月もらえるようになった給料。このままバイトを続けることで一定の収入が確保できます。すると、

・行きたい場所に行くための旅行資金
・趣味に使う費用
・友人と遊ぶ交際費

と自分の楽しみに使えるお金をつくることができ、充実した日々を送る礎となるでしょう。バイトをしているからこそ、作ることができる楽しみですよね。

また、バイト先によっては「昇給制度」や「ボーナス」などが用意されている場合もあり、長く続けることで給料アップも見込めます。

▼継続すれば仲間が増えて居心地のいい場所に▼

バイトを始めて、いきなりその環境になれることができる人はなかなかいません。長い時間を共に過ごすことで密な人間関係が形成され、少しずつ居心地のいい場所へと変化していきます。何年もバイトをしている先輩が楽しく見えるのは、時間をかけて形成した人間関係があるから。

今は居心地がよくなくてもさまざまな局面を共に乗り越えていくことで、一人一人との絆が深まっていきます。なかなか馴染めないと決めつけてしまう前に、もう少しだけ頑張ってみることもひとつの手段です。

▼将来に活かせるスキルが身につく▼

バイトの内容によっては、将来活かせるスキルが身につくこともあります。たとえば、飲食店などの接客業ではさまざまな利用客と触れ合うことで、コミュニケーション能力を高められます。

また、将来働きたいと考えている業種のアルバイトをしている場合は、周りより先に業界のことを学べるチャンスです。アパレル業界で働きたい場合は、服屋でバイトをすることで一足先に専門知識や用語を学べるでしょう。教員を目指している場合は塾講師のバイトをすれば、生徒と直接触れ合うことが可能です。

バイトをしていなければできない経験が積めるところも大きなメリット。将来を見据えることで、ここは踏ん張りどころと思いとどまることができるかもしれません。

【境遇別】バイトを続けるための3つの処方箋

バイトに応募して働き続ける

辞めたいという気持ちのままバイトを続けるのはつらいだけ。そこで最後にバイトを続けようと思える、3つの処方箋を用意しました。フリーター、学生とそれぞれの境遇別でまとめましたので、参考にしてみてください。

▼【フリーター】バイトでの明確な目標を持つ▼

バイト先で過ごす時間が長いフリーター。ただ何となく続けているとマンネリ化してしまい、モチベーションが保てなくなります。そこで、自分なりの明確な目標を設定してみましょう。たとえば

・毎月○万以上稼げるようになる
・バイトリーダーとして売り場を仕切れるようになる
・どの時間帯でも入れるように業務をマスターする

など、どのような目標でも構いません。

意識をすることがあるだけでも、モチベーションが変わり「どのように目標を達成するか」という視点でバイトが続けられるようになります。メリハリをつけて楽しみながらバイトをするためにも、定期的に目標を見直して設定してみてください。

▼【学生】自分の意思をしっかりと主張する▼

学生の場合は、学業やサークルなどの合間を縫ってバイトをしているケースがほとんど。上司や社員からのお願いを聞いて無理な業務やシフトを受けてばかりいると、ストレスとなり心身ともに疲れてしまいます。

そこで、バイトを長続きさせるには自分の意思をしっかりと主張することが大切です。「この日のシフトは入れません」「今日はバイトが終わったら早めに帰ります」など、自分の意思をハッキリと主張しましょう。

自分の意思を主張することは、決して悪印象にはなりません。自分のできる範囲で頑張ってくれているという印象を与えられるでしょう。学業とバイトを無理なく続けていけるようにすることで、バイトが長続きしやすくなります。

▼【フリーター・学生】自己分析をして自分に合うバイトに応募する▼

学生もフリーターもバイトが続けられない原因として、どこかしら自分に合わないバイトをしている傾向があります。

たとえば、「家からバイト先が遠すぎる」など条件面での不一致。また、「単調なことが苦手なのに、工場でのバイトに応募してしまった」という業務内容の不一致など、自分が納得できない条件のバイトをしている可能性があります。

長くバイトを続けるためにも、まずは自己分析をして絶対に譲れない条件を書き出してみましょう。そして譲れない条件を多くクリアしているバイトに応募することで、自分に合う条件や環境で働けるようになります。

さいごに

仕事を辞めるのは原因がある

今回は、バイトをなかなか続けることができない原因と対処方法、そしてバイトを続けるメリットをまとめて紹介しました。

さまざまなバイトに挑戦しながらも、毎回辞めたいと思ってしまうのには原因があります。どうしてそのように感じてしまうのか分析をするところから始めましょう。

辞めてしまうことは簡単ですが、バイトを続けることで経済的に安定したり居心地のいい場所へと変化したりするメリットがあります。バイト先によっては、給料がアップしていく可能性も。

バイトを辞めたいと思ったら、自分自身を見直すことでこれから先も有意義に続けていけるかもしれません。バイトが続かないと悩んでいる方は一度立ち止まって、今回紹介したことを考えてみてくださいね。

まだちょっと自信がない、バイトに行くのがだるい、と感じている人は、以下の記事もぜひチェックを。

バイトに行くのがだるくて辛い!解消するためのタイプ別対処法まとめ

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account