バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

 >  >  > バイトが見つからないとイライラした時に読むコラム

バイトが見つからない人必見! 原因別に解決策と探し方を伝授

 バイトが見つからないとイライラした時に読むコラム

「バイトをしたいのによい求人情報が見つからない……」
条件が合わなくて不採用になったり、近くによいバイト先がなかったり、「働きたいのに働けない!」とイライラしている人も多いのではないでしょうか?

なかなかバイトが見つからなくて焦っている人も安心してください。自分の生活スタイルに合った職種や働き方を知ることで、どのようなバイトに応募すればよいかわかるかもしれません。

この記事では、バイトが見つからない原因ごとに解決策を提案。バイト探しのポイントを押さえるだけで、見つけやすくなりますよ。高校生や大学生、フリーター、今無職の人も! この記事を読んで、新しいバイト先を見つけてください。

【目次】
1. バイトが見つからない……悩み別の解決策を提案
 ●サークル活動が忙しい人
 ●就職活動が間近な人
 ●高校生
 ●近所にバイトできる店がない人
 ●掛け持ちできるバイトを探している人
 ●無職期間がある人
 ●興味があるバイトが見つからない人
2. 自分に合ったバイトを見つけよう! 求人情報の探し方
3. さいごに

バイトが見つからない……悩み別の解決策を提案

ゆるきゃらの中の人

高校生や大学生、フリーター、今無職の人も、それぞれの生活スタイルによって “バイトが見つからない” 原因が異なるのではないでしょうか? この章ではどういった理由でバイトが見つからないのか、悩み別で解決策を提案していきます。バイト探しの参考にしてください。

▼大学のサークル活動が忙しいため雇ってもらえない▼

サークルや学校の活動で忙しくシフトに入れる日が少ないことを懸念され、バイトスタッフとして受け入れてもらえない大学生には、自分の都合がよい日だけ働ける「登録制のバイト」がおすすめです。決まった曜日や時間帯には働けないけど、大学が休み、サークル活動がないといった日だけバイトを入れられます。月に数回、不規則な日程でしか働けない大学生にピッタリです。

よくある固定シフト制のバイトでは、勤務する曜日や時間帯が規則的で、急な欠勤を嫌がられることも。そのため、多忙だと初めからわかっている人は採用されにくい傾向があります。

一方の登録制バイトは、登録先の派遣企業からメールで短期・単発バイトの案件が届き、自分が勤務できるバイトにエントリーする形式。安定した収入を得ることは難しいですが、都合がつく時だけバイトできます。無理せず働けるので心身への負担も少なく、多忙な大学生におすすめですよ。

登録制のバイトには、以下のような案件があります。

・試食販売員
・試験監督

登録制バイトはWebからの応募が一般的です。アルバイト求人サイトにも情報が載っているケースも。「登録制バイト」で検索してみてくださいね。

こちらの記事もチェック!
試食販売の現場レポート イオンデモンストレーションサービス
短期バイトを検討中の方に伝えたい試験監督の実状

▼就職活動が間近だから採用してくれるバイト先が見つからない▼

就職活動を間近に控えていることから、「休みがちになりそう」と懸念されバイトの受け入れ先が見つからないことも。とはいえ、このまま就職まで収入がないのは金銭的に厳しいという人も多いでしょう。

就職活動を控えた大学生には、夕方以降からスタートするバイトがおすすめです。企業の面接や採用試験は日中に開催されることが多いので、夕方からできるバイトであれば両立しやすいでしょう。急に面接の予定が入っても、バイトのシフトには影響しません。

夕方以降からスタートするバイトには以下のようなものがあります。

・居酒屋
・塾講師

店舗や企業によっては勤務時間帯が異なります。求人情報の募集要項によく目を通し、就職活動をする時間帯と重ならないようにしてください。

居酒屋の求人情報一覧★
塾講師の求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

また大学生のなかには、こんな疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?
「バイト経験がないと就職活動で不利なの?」
答えはNO。基本的に不利にはなりません。ただし「面接を受ける企業でバイトしていた」という経験は、加味される可能性があります。とはいえ、それ以外のバイト経験が就職活動に影響することはほとんどありません。安心してくださいね。

▼高校生でも働けるアルバイトが見つからない▼

教室にいる女子高生

高校生が応募できるバイトが見つからないなら、利用客の回転が速い飲食店などたくさんの人手が必要なバイトを中心に探しましょう。多くの人手を必要とするバイトは、作業によって担当者が割り振られている傾向があります。なかにはバイト経験が少ない人でもできる簡単な業務もあるため、「高校生歓迎」の求人が見つけやすいというわけです。

高校生は原則22:00~翌5:00の深夜にあたる時間帯には勤務できません。学校が終わってから働くとしても勤務時間が限られてしまいます。勤務時間が短いと募集条件に合わなくなってしまうなどの不都合が生じ、「高校生不可」としている企業もあるようです。

とはいえ、高校生を積極的に募集している求人もたくさんあります。アルバイト求人サイトで「高校生可」という条件で検索すると、以下のようなバイト先をはじめたくさんの案件が見つかるでしょう。

・ファストフード
・宅配ピザ

高校生歓迎の求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

こちらの記事もチェックしてください! 高校生におすすめのバイトを多種紹介しています。
高校生のバイトデビューにオススメのバイト30選!

▼近所で求人情報が見つからずバイトできない▼

「自宅近くでバイトできるところが見つからない。とはいえ、遠いところへ面接に行っても交通費を懸念されるためか受からない……」とお悩みの方には、自宅にいながらバイトできる在宅ワークがおすすめです。在宅勤務ができるバイトなら、通勤距離を気にする必要がありません。パソコンやネット環境さえあればできるバイトはどんどん増えています。

在宅ワークは成果物の数に対して報酬が決められている “出来高制” であることが多いため、たくさんこなせば安定した収入を得ることも可能です。たとえば、以下のような在宅ワークが見つかるでしょう。

・データ入力
・テストの採点

データ入力の求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

こちらの記事では自宅でできるバイトとその仕事内容を紹介しています。ぜひ参考にしてください。
インドア派なら必見! バイト感覚でできる在宅ワーク

▼フリーターとして掛け持ちできるバイトが見つからない▼

「もっと働きたいのに今のバイト先ではシフトを増やしてもらない」「掛け持ちできるバイトを探しているけど、丁度よい勤務時間の求人が見つからない……」という人は、24時間営業の店や早朝・深夜帯に働けるバイトを中心に探してみてはいかがでしょうか。そういったバイトなら、所属している勤務先と時間が重ならないように働くことが可能です。

バイトを掛け持ちする際は、移動にかかる時間やシフトの調整を行うことなど、長期的に続けられるような工夫を取り入れることが大切。ほかのバイトと掛け持ちしやすい仕事には、以下のようなものがあります。

・ネットカフェ
・新聞配達

ネットカフェの求人情報一覧★
新聞配達の求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

バイトの掛け持ちを始める前にはこちらの記事を読んで、役に立つ情報を得てください!
バイトの掛け持ちには予定管理・税金&社会保険対策が大切

▼無職期間の影響か面接を受けても採用されない▼

「しばらく無職でいて空白期間があるためか、バイト面接へ行っても落とされてしまう……」となかなか雇ってくれるバイト先が見つからずにお悩みの方。そういった人は、「未経験者歓迎」「学歴・年齢不問」といった特別なスキルを求められないバイトに応募してみては?

たとえば先述した高校生でもできるバイトと同じように、客の回転率が高くスタッフの頭数を多く必要とする店では、これまでの職歴を気にしないケースがあります。未経験者の採用率が高いバイトで実務経験を積み、空白期間が目立たなくなったらほかのバイトや仕事にもチャレンジしやすくなるでしょう。

「未経験者歓迎」「学歴・年齢不問」という求人が目立つバイトには、以下のような業種があります。

・コンビニ
・ファミレス

以下の記事を読んで、面接対策もしてくださいね。
【社会復帰したい人必見】ニートがバイト面接に受かるためのポイント

コンビニの求人情報一覧★
ファミレスの求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

▼挑戦したいと思えるバイトが見つからない▼

「どうせ働くなら楽しくバイトがしたいけど、求人情報を見ても興味を持てない案件ばかり……」

挑戦したいと思えるバイトが見つからない人には、単発のバイトがおすすめです。単発のバイトなら、短期間でもさまざまな職業で働くことが可能。多種のバイトを経験することで、自分にはどのような仕事が合っているか考えがまとまるでしょう。

単発バイトでは、以下のような求人が見受けられます。

・イベントスタッフ
・発送・仕分け・梱包といった軽作業

短期や単発のバイトを通じて自分が向いている職種を見つけてください。

イベントスタッフの求人情報一覧★
倉庫・物流・梱包の求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

「とにかく面白そうなバイトがしたい!」という人は、こちらもチェック!
告白代行、眉毛を抜かれる、万引きGメン!? ちょっと変わったアルバイト50選

自分に合ったバイトを見つけよう! 求人情報の探し方

OL

自分に合ったアルバイトを見つけるための、バイトの探し方を紹介します。

▼最も気軽な方法はアルバイト求人サイトで検索▼

現在最も一般的なバイト探しの方法は、アルバイト求人サイトを使うやり方ではないでしょうか? 気軽に検索できて、求人数が多い特徴があります。

エリアや時給、勤務時間などで的を絞って検索できるので、自分に合ったアルバイトを見つけやすくなっています。バイト中の服装や髪型といった詳細な情報を記載している求人もあるため、こだわりがある人でもバイト選びがしやすいでしょう。

▼新聞の折り込み広告やポスティングチラシをチェック▼

新聞の折り込み広告や自宅のポストに入っているダイレクトメールのなかに、求人チラシが入っていることがあります。ポスティングされたチラシなら、自分の住んでいる地域で募集している求人情報の可能性が高いので、近所でバイトしたい人は要チェックです。

▼街中や店舗にある貼り紙にも注目▼

街中や店内に求人広告が貼られているケースもよくあること。自分が行き慣れた場所や店だと、雰囲気もつかみやすいですよね。求人サイトには少ない個人経営の居酒屋やカフェの求人情報が見つかるかもしれません。

▼知人からの紹介ならリアルな評判が聞ける▼

友人が働いている職場を紹介してもらうという手段もあります。業務内容で大変なところや人間関係など、実際に働いてみないとわからない情報を事前に得ることができるかも。「実際働いてみるとブラックバイトだった!」というトラブルも、前もって評判を聞いておけば避けられるでしょう。

さいごに

ガッツポーズ

「バイトが見つからない」という人へ、原因別で解決策を提案してきました。なかなかバイトが見つからないとイライラすることもあります。そういった場合でも落ち着いて、自分が働ける労働条件を再確認してみましょう。しっかりと的を絞ることで、バイトが見つかりやすくなります。アルバイト求人サイトや店に貼られている求人情報などを駆使してバイトを見つけてくださいね!

以下の記事では、バイト選びのポイントを詳しく紹介しています。シフトに入れるペースや、給料の目標額といった焦点によって、あなたに合ったバイトの選び方は異なるでしょう。ぜひ参考にしてください。

バイトの選び方大全! 失敗しないポイントを押さえて楽しく働こう

バイト探しは『モッピーバイト』で!

アルバイト探しなら『モッピーバイト』が断然オススメ! モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、お祝いポイントがもらえます。全国各地のさまざまな職種のアルバイト情報を掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

高校生OKの求人情報
学生歓迎の求人情報
フリーター歓迎の求人情報
既婚者・主婦歓迎の求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account