バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトで長期休暇を取得するための交渉術

バイトで長期休暇を取得するための交渉術! 早めの申請が鍵になる

 バイトで長期休暇を取得するための交渉術

「帰省のために1週間バイトを休みたい」と長期休暇を取得したい人必見! この記事では、スムーズに休みを取れる交渉術をお届けします。店長へ申し出る時の言い方はどうすればよいのでしょうか? そのほか長期休暇を取りやすいバイトも紹介していきます。

バイトを続けるなかで、旅行や帰省などの理由で長期休暇を取得したいという人は少なくないでしょう。しかし、許可が下りるか疑問に思う人は多いのではないでしょうか?

この記事では、長期休暇をスムーズに取得するコツや、連休を取りやすいバイトを紹介。バイトで長期休暇の取得をしたい人はぜひ参考にしてみてください。

長期休暇の目安期間とは? 理由によって取れるかどうか異なる

カレンダー

バイト先に長期休暇を申請する時、どのくらいの期間であれば許しを得られるのでしょうか? ここでは、バイトが取得できる長期休暇の目安期間について紹介していきます。

▼長期休暇の目安は1週間~1ヵ月▼

バイトの立場で取得できる長期休暇の期間は、勤めている店や企業によって異なります。休暇の申請理由によっても許されるかどうかが変わるでしょう。

一般的にアルバイトが取得できる長期休暇といえば1週間~1ヵ月程度が目安ではないでしょうか。旅行や帰省、テスト期間などでこのくらいの休暇を申請する人は少なくありません。

また、海外留学や就職活動といった数ヵ月にわたり出勤できない人は、1ヵ月以上の休暇を申し出るケースがあります。こうした場合、店長や雇用主と信頼関係が築けていれば認められる可能性がありますが、場合によっては退職を勧められることもあるでしょう。

どれだけの期間休めるかは、申請理由やバイト先の理解度によって異なります。

▼先輩に長期休暇取得の経験談を聞いてみよう▼

盆休みや年末年始は繁忙期になるにも関わらず、休みを取りたいスタッフが多くて人手不足に悩まされている店があります。その時期は長期休暇を取りづらい可能性があると覚えておきましょう。

繁忙期に休みが取れるか確認したい時は、ベテランの先輩に例年の出勤状況を聞いてみてください。「お盆や年末年始に連休を取ったことがありますか?」と尋ね、「取れたことがない」という返答がきたら、その時期に長期休暇を取得することは難しいかもしれません。

自分が勤めている店や企業はどのくらい休みを取れそうか、ほかのスタッフの経験談を参考にしてみてください。

長期休暇の交渉をスムーズに行うポイント

バイト先の事務所

長期休暇を取得したいと伝えるポイントを見ていきましょう。連休を取れるかどうかは交渉次第。伝え方によっては希望通りの休みを取れるかもしれません。

▼早めの申請が鍵! わかった時点で申し出ること▼

交渉を有利かつスムーズに進めるためには、相手の都合にも配慮することが大切。バイト先の店長や責任者は、時間を掛けてシフトを作成しています。直前に申し出て、その労力を無駄にさせてはいけません。どんなに遅くても、シフト作成前に伝えるように留意しましょう。

帰省や留学などは、ある程度前に日程が決まりますよね。その日程が確定した時点で長期休暇を申請してください。1ヵ月以上前など、なるべく早く申し出ることがポイントです。

特にゴールデンウイークや盆休み、年末年始は、ほかのスタッフも休み希望を出す可能性があります。早めに人手不足になることがわかれば、短期スタッフの募集をするかどうか検討する時間を設けられるでしょう。店側にも人手不足の対策を練る時間が必要です。

長期休暇を取得したい時は、直前ではなく、早めに申請するよう心がけてください。

▼長期休暇を申請する時のスムーズな伝え方▼

かわいい女の子

長期休暇を取得したい時は申請のタイミングも大切ですが、伝え方にも気を配る必要があります。「自分勝手な都合で迷惑をかけて申し訳ない」という気持ちを忘れてはいけません。この基本を念頭に置き、以下の2つの方法を検討してみてください。

代わりのスタッフを見つけておく
長期休暇の了承をスムーズに得るため、代わりのスタッフを探したうえで申し出ることをオススメします。「○月○日~×月×日までの△日間にお休みをいただきたく、□□さんとシフトを交代してもよろしいでしょうか?」と申し出ましょう。人手不足にならないのであれば、店長や責任者は了承しやすいはずです。

交換条件を提示する
交換条件を提示するのもひとつの手段。「○月○日~×月×日までの△日間にお休みをいただいてもよろしいでしょうか? それ以外の土日祝はすべてフルタイムで入れます」などの交換条件を提示すると交渉がスムーズになる場合があります。ただし、上から目線で申し出ないように気をつけてください。

バイト探しの参考に! 長期休暇が取りやすい仕事

飲食店のバイト

バイトを始める時点で、いずれ長期休暇の申請をすることがわかっている人は、休みを取得しやすい仕事を選ぶと苦労しません。この章では、長期休暇を取得しやすいバイトを紹介します。

▼スタッフが大勢いる希望シフト制のバイト▼

多くのスタッフを抱えている店や企業では、比較的休みが取得しやすい傾向があります。誰かが休んでも代わりのスタッフを見つけやすいからでしょう。さらに希望シフト制であれば、ある程度自分の都合に合わせて出勤日を調整できます。

オススメは以下のバイトです。

●データ入力
●コールセンター
●軽作業

求人検索をする際は「大量募集」というワードに注目してみてください。

こちらの記事ではデータ入力や軽作業バイトの仕事内容を紹介しています。
対人ストレス一切なし! マイペース&コツコツバイト7選

▼働く期間が決まっている短期・単発バイト▼

誰にも迷惑をかけずに長期休暇を取りたいなら、短期や単発のバイトがオススメ。働く日や期間が決められているので、バイトできる期間だけ働いて、用事のある時は休めます。長期休暇を申請する必要もないので、気兼ねなく休むことができますよ。

とはいえ、頻繁に面接を受けることは面倒ですよね。短期や単発バイトを一定期間続けたい人は、登録制のアルバイトにエントリーしましょう。登録制バイトとは、簡単にいうと日雇い派遣のこと。一度登録をすれば、メールや電話で仕事の案件が届きます。そのなかから働ける案件にエントリーする形式です。

仕事内容は多岐にわたりますが、

●試食販売
●イベントスタッフ
●チラシ配布

などが見つかるでしょう。興味がある人は、求人サイトで「登録制バイト」と検索してみましょう!

こちらもチェック! 試食販売スタッフの仕事内容をインタビューしました。
イオンデモンストレーションサービスの試食販売はココが違う! その圧倒的“販売力”とは

さいごに

アルバイトの長期休暇について紹介してきました。

バイトでも長期休暇の取得は可能です。ただし、バイト先や申請理由によっては、取得できるかどうかが異なるでしょう。休みたい日が決まり次第、なるべく早く申し出てください。その際は自分の都合で迷惑をかけるということを念頭に置き、詫びの気持ちも伝えてくださいね。

長期休暇から戻った時には、「長い休みをいただきありがとうございました」と菓子折りを渡すと印象がよいです。次の記事では退職時に贈るお菓子を紹介しています。連休明けに渡すお菓子としてもオススメなので、長期休暇が明けたらバイト先の店長や同僚に配ってみてはいかがでしょうか?

バイトを辞める時に贈るオススメお菓子! 値段や渡すタイミングも

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account