バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトと正社員の違いを知っておこう

バイトと正社員の違いを解説! 雇用期間・給料・保険・責任の差

 バイトと正社員の違いを知っておこう

バイトと正社員の違いは具体的にどのような部分か解説していきます。また、正社員登用制度についても紹介。バイトから正社員になる秘訣とは? メリット・デメリットを比較して自分にはどちらの働き方が合っているか見極めましょう。

「バイトと正社員って何が違うの?」
「バイトから正社員になることってできる?」

アルバイトも従業員のひとりに変わりないのに、わざわざ正社員と区別して表現するからには、何か違いがあるはずですよね。「正社員のほうが責任ある仕事を任されそう」「アルバイトは勤務時間が短そう」とざっくりしたイメージはあるかもしれません。しかし、明確に「こう!」とそれぞれの違いをいえる人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、バイトと正社員の違いを徹底比較。バイトから正社員になるポイントや、正社員に向いている人、バイトに向いている人はどんなタイプかも合わせて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

バイトと正社員の5つの違い

バイトと正社員は違うんだぜ

正社員とアルバイトは雇用形態が異なりますが、具体的にはどういった面が違うのでしょうか? この章では、一般的な正社員とバイトの違いを解説。項目ごとに詳しく見ていきましょう。

▼一般的には雇用期間の違いが大きい▼

バイトの立場では、雇用期間の定めがある “有期雇用” のケースが多いです。「○年○月○日~×年×月×日」といったように働く期間が決まっている雇用形態です。一般的に継続して働く場合には改めて契約を結び、継続しない場合は期日まで働きます。雇用期間を更新できるかどうかは、その時が近づかないとわかりません。

一方の正社員は、一般的に長期雇用を前提としているので、雇用期間の定めがない “無期雇用” の傾向があります。トラブルが起きたり、辞職したりしない限り定年まで働けるでしょう。

▼給料形態が違う! バイトは時給制、正社員は月給制or年俸▼

バイトスタッフには時給制を採用している企業が大半。たくさん働いた月は給料が増え、あまりシフトに入れなかった月は収入が減ります。月々の給料にバラつきが出るので、安定して収入を得るためには働き方を考えなければなりません。

一方、正社員は主に月給制で給料を支給されている傾向があります。稀に年俸制の企業も。毎月決まった額の給料が約束されている点において、正社員のほうが安定性は高いわけです。

先に解説した雇用期間の定めの有無と、給料の安定性から、正社員のほうがバイトよりも高額ローンの審査が通る傾向があります。

▼勤務時間が異なる! バイトだと自由度が高い▼

バイトの勤務形態は基本的にシフト制。各自のライフスタイルに合わせて、一日に働く時間を希望できます。たとえば主婦の場合は10:00~15:00の5時間勤務、学生なら17:00~21:00の4時間勤務といった具合です。

対して正社員は、一日の労働時間が会社から指定されているケースが目立ちます。一般的には一日8時間ほどの労働時間が主流です。

生活スタイルに合わせて働けるのは、自由度が高いバイトのほうでしょう。

▼正社員は福利厚生が充実している傾向がある▼

年金手帳

会社によっては手当をはじめとした福利厚生が充実している企業があります。こういった制度は、アルバイトより正社員のほうが優遇されることが多いです。

たとえば、家賃補助や資格取得祝い金などの対象者は正社員のみ――など、企業によって異なりますが正社員のほうがバイトよりも優遇されるケースは珍しくありません。

また、健康保険や厚生年金保険といった社会保険について、一般的な正社員は加入に必要な一定条件を満たしているので入ることになるでしょう。

一方のバイトスタッフは、勤務時間などの条件によって加入義務が生じるかどうか変わってきます。社会保険に加入したくない人は、勤務時間を調整するなど働き方を考えなければなりません。

こちらもチェック!
バイトが社会保険に加入する条件やメリット

▼責任がある仕事をしたいならバイトより正社員がオススメ▼

無期雇用の正社員と、有期雇用のケースが多いアルバイトでは、会社側が与える役割が変わってきます。企業にもよりますが、責任のある業務は正社員が担うことが多いようです。

たとえばアルバイトがミスをした場合、責任を負うのはその人を管理している正社員になることも。バイトスタッフの管理は、一般的には正社員の仕事と捉えられます。

「長期雇用=今後の会社を背負っていく存在」という考え方がある場合、正社員は会社から寄せられる期待が大きくなります。そのため、責任がある仕事をしたいという人には正社員がオススメです。

とはいえ、賃金をもらっている限りバイトであっても責任はあります。自分の役割をきちんと果たさなければなりません。

バイトから正社員になれる “正社員登用制度” を採用している会社が多数

バイトから正社員を目指そう

正社員登用制度とは、アルバイトやパートといった非正規雇用の従業員を、正規雇用に引き上げて雇用する制度のこと。まずはアルバイトとして入社し、労働者がその会社で長く働きつづけたいと思った場合、また企業もそのスタッフを長期雇用に切り替えたいと判断した場合、正社員として雇用契約を結ぶ制度です。

いきなり正社員として入社するより、アルバイトから始めたほうが「気負いなくスタートできていい」という人もいるのでは? 勤務した期間の分だけ仕事や業界を理解しているため、正社員になっても馴染みやすいというメリットがあります。

正社員登用制度を導入する企業は、飲食やアパレル、スーパーなど、さまざまな業界で増えているんです。Career Grooveを運営するアルバイト情報サイト『モッピーバイト』では、「社員登用あり」という待遇で求人検索が可能。どういった業種でバイトから正社員へなれるのか、以下のページから最新情報を検索してみてくださいね。

正社員登用があるバイトはこちら!
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人例:条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

▼バイトから正社員になるポイントは信頼関係を築くこと▼

正社員になれるかは考課表に基づいて判断される

正社員登用制度を使ってバイトから正規雇用に引き上がるには、以下の2つの条件が揃う必要があるでしょう。

●あなたに「この会社で正社員になりたい」と思う気持ちがあること
●会社に「この人を正社員として採用したい」と思ってもらうこと

どちらかの “片思い” では、雇用形態を変更できません。

バイトから正社員になるポイントは、積極的にバイトに取り組むことです。たとえば、

●指示待ちにならない
●率先して仕事を引き受ける
●報告・連絡・相談をしっかりする

という姿勢でバイトに臨み、信頼関係を築くことが大切。あなたが真面目で信頼できる人だと知ってもらい、利益をもたらす存在になれれば、会社のほうから「正社員にならないか」と誘いがあるかもしれません。

メリット・デメリットから自分に合っている働き方を見極めよう

あなたにぴったりの働き方は?

自分はバイトと正社員のどちらに向いているのか考えてみましょう。いずれにも、メリット・デメリットがあるようです。

▼メリットとデメリットを天秤にかけて見極めてみよう▼

まずアルバイトに向いているのは、以下のようなタイプです。

バイトが向いているタイプ

●長時間勤務が難しい人
●不定期に休日を設けたい人
●さまざまな業種を経験してスキルや知識を増やしたいという人

やはりバイトとして働く最大のメリットは、働き方の自由度が高い点でしょう。短期雇用だとしても、裏を返せばさまざまな業種や職場を経験できるというメリットとなります。ただし、長期的に同じ場所で働きつづけたいと希望しても難しいこともあるため、安定性に欠けるのがデメリットです。

つづいて正社員に向いているのは、このようなタイプの人です。

正社員が向いているタイプ

●安定した収入を確保したい人
●ひとつの会社に腰を据えて働き、自身を成長させたいと考える人
●いずれは高額ローンを組みたいなど、社会的な信頼が必要な人

正社員のメリットといえば、安定した収入を確保できることでしょう。福利厚生の面でも優遇されることが多いため生活が安定しそうです。ただし、勤務時間が固定になるため自由さが減ることがデメリットになり得るでしょう。

▼自分にとって最適な働き方がどちらかよく考えよう▼

アルバイトと正社員、どちらがよいというのは一概にいえません。自分にとって大切なことは何か、それを叶えるためにはどのような働き方が合っているかを見極めることが重要です。

プライベートを充実させたいのであればアルバイトが合うでしょうし、安定を求めるのであれば正社員がオススメです。自分のライフスタイルや将来設計に合わせて働き方を考えてみてください。

さいごに

アルバイトと正社員には、雇用期間や給料面、待遇面に違いがあります。しかし、どちらにもメリット・デメリットがあり、一概にどちらの働き方がよいとはいえません。

いったんアルバイトとして勤務を始めてから、その会社が気に入れば正社員登用制度をうまく活用して長く働きつづけるのも手段のひとつです。自分の生活状況や、どのように働きたいか、仕事に何を求めているかをじっくり考えながら、より自分に合う雇用形態を選びましょう。

ところで、バイトをしながら資格を取得し手に職をつけるという方法もあります。次のコラムではバイト経験があれば受験できる資格について紹介。ぜひこちらもご覧ください!

バイトの実務経験だけで資格取得を目指せるバイト

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account