バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトに受からない人必見の合格するためのポイント

バイトに受からない人必見! 採用されるためのチェックポイント

 バイトに受からない人必見の合格するためのポイント

「バイトの応募になかなか受からないのはなぜ?」とお悩みの人が多いようです。相手によい印象を与えるポイントを知れば、受からない悩みなんて過去のものになるはず!合格するためのポイントを、履歴書の作成から面接までの流れにそって解説します。

「バイトへ受からないのはなぜだろう?」と考えても、これといってはっきりとした理由がわからないとお悩みの方。せっかく応募したバイトには受かりたいものです。受からない日々とは早くお別れして、バイト生活に入りたいですよね。

採用担当者から「この人なら迎え入れてもよさそうだ」と思ってもらえるように、相手によい印象を与えるポイントを押さえましょう。バイトに受からなかった日々が過去になる日も近いかも!

今回は、バイトで採用されるためにチェックすべきポイントを、履歴書の準備から面接を終えるまでの流れにそって解説していきます。

バイトに受からないのはなぜ? まずは理由を見極めよう!

チェックシート

バイトに合格するためのポイントを知る前に、受からない理由が自分のどこにあったのかを知ることが大切。自分にあてはまるNGポイントを理解して、直せるところはすぐに直していきましょう。

▼誤字脱字や汚れがある履歴書▼

バイト応募で避けては通れない履歴書。毎回履歴書を作成するのはつらいですが、誤字脱字や汚れが目立つものでは、応募者の評価は下がる一方です。「真剣にバイトに取り組む気持ちがあるのだろうか?」と疑問を抱かれてしまいます。

▼電話やメールのやり取りで敬語が使えていない▼

バイトに応募すると、面接日程を決める電話やメールでの連絡が生じます。

採用担当者からの突然の電話。受け答えはしっかりできたでしょうか? 緊張して早口になったり、小さな声になってしまったり……。敬語がうまく使えない点もマイナスポイントです。接客に関わるバイトでは受からない原因になる可能性があります。

メールでのやり取りでは、返信に24時間以上かけるのは厳禁! 面接日時を設定したいという連絡になかなか返信しないと、採用担当者も「この人は本当にうちで働きたいのかな?」と思うでしょう。

メールの文面は難しく感じることもあるかもしれません。しかし、友だちに返信するように簡単に用件だけを書くようでは、常識が欠けていると判断されてしまいます。

▼面接時の表情は結果に直結する▼

緊張するけれど、避けられないバイトの面接。憂うつな気持ちが表情に出ていませんか?

初対面の相手でも、しっかり目を見て笑顔で話さなければ、「働かせてほしい」という気持ちは伝わりません。定番の質問である志望動機を聞かれても、うまく答えられない――。ただなんとなく応募すると、そうなりがちです。

また、シフトの希望を聞かれて、希望の曜日や時間の指定をあまりに細かく伝えてしまうのも採用を見送られがち。「困った時に頼りにならなそうだな」という印象を与えます。

バイトに受からない人に伝授! 採用されやすい履歴書のポイント

履歴書

合格するためのチェックポイントとして、初めに履歴書に関わるポイントを見ていきます。書き方だけでなく、先方に渡すまでの取り扱い方にも注意が必要です。

▼履歴書に誤字脱字があれば書き直す▼

履歴書では、誤字脱字をしないことが最重要です。また、間違えたところを黒く塗りつぶすのは厳禁。修正テープやペンで直すのもよい印象にはなりません。1ヵ所でも間違えてしまったら、新しい用紙に書き直します。

応募者の誠意が伝わり、評価が上がるきっかけに。バイトに受からない生活から脱却する近道になるでしょう。

▼写真はまじめな表情で! 採用担当者に安心感を与えよう▼

バイトの履歴書に貼る写真は、必ずしも写真館やプリントショップなどで人に撮ってもらう必要があるわけではありません。セルフで撮影するボックス型の機械の証明写真で大丈夫です。

ただ、セルフで撮る場合は、証明写真らしくまじめな表情で撮ることです。ふざけた表情、目の下まで伸びた前髪、無精ひげなどで印象を悪くしないこと。サイズも履歴書用の4×3cmを選びます。

採用担当者にだらしない印象を与えず、安心感を与える写真を貼りましょう。

▼ニートやフリーターは無職期間の “理由” が重要▼

学生でもなく、働いてもいない、という無職期間が年単位である人。バイトの採用担当者が面接でその理由を確認したいと思うのも当然です。

病気やケガなどやむを得ない理由があった場合なら、履歴書に書いておけば、仕事に支障がある病歴やケガでない限りそれほど問題視されないはず。不採用につながる傾向にあるのは、履歴で空白期間があり、特にそれに関する理由の記入もない、質問されても確固たる理由を答えられない場合です。

質問されてうまく答える自信がないのなら、履歴書にわかりやすい理由を書いて提出しましょう。

▼履歴書は相手に渡すまで終始丁寧に扱うこと!▼

履歴書は先方に手渡すまで丁寧に扱います。

汚れ、しわ、不自然な折り目がつかないように、封筒に入れる場合は、クリアファイルに挟んでから入れましょう。「仕事も丁寧にしてくれるのでは?」と好意的にとらえてもらえるかもしれません。

小さなことですが、合格を勝ち取るために稼げるポイントをコツコツ積み重ねていくことが重要です。

バイトに受からないのは電話やメールの失敗! 印象のよい連絡方法

メモ帳とスマートフォン

バイトに応募すると、次のステップとして先方から面接日時の設定連絡があります。電話もメールも、この時点ではまだどんな相手かわからないままのやり取り。よい印象を与える方法をチェックしましょう。

▼面接連絡の電話がかかってきても緊張不要! 明るく丁寧に対応しよう▼

会ったこともなく、話したこともない採用担当者から突然電話がかかってきても、あわてる必要はありません。こちらが応募したから連絡をくれているのです。

用件は面接の日程調整がほとんどですので、身構えなくとも大丈夫。見えない相手でも口角を上げ、笑顔で明るくハキハキとした受け答えを心がけてください。わからないことは放置せず、「申し訳ございませんが、もう一度確認させてください」といって、その場で解決することです。

声のみが頼りの電話のやり取りでは、よくも悪くも話し方や声が印象に影響します。過度な緊張は不要。リラックスして丁寧に対応することで「面接で直接話すのが楽しみだ」と思ってもらえれば採用が近づきますよ!

▼メールで連絡があることも多い! 返信は24時間以内が常識▼

電話ではなくメールで連絡があることも多くあります。ビジネスメールのやり取りは難しく感じますが、コツやポイントを押さえてしまえば簡単です。

「返信は24時間以内に」とよくいわれていますが、朝に受信したメールならできる限りその日の夕方までには返信すること。夕方に受信したメールには次の日の日中までに返信すれば安心です。

万が一、何らかの理由で受信に気づかなかったという場合は、「返信が遅れまして申し訳ございません」というお詫びの言葉を加えて返信しましょう。

「メール文をどう書けばわからない」、「ビジネスメールのルールがわからない」という人は下の記事でもっと詳しく確認できますよ。決まり文句やリズムを覚えてしまえば、社会人になっても役立つので、上手なやり取りができます。積極的に慣れていってくださいね!

Web応募したバイトのメール返信の書き方

面接に成功しなければバイトには受からない? 受かる面接の極意

「面接は何度経験しても苦手」「面接のせいでバイトに受からない」と思っている人、いませんか?

しかし、面接をすることなく働かせてもらえるバイトはほとんどありません。その成功はバイトの採用に直結するのも、ほぼ間違いないこと。ここでは、合格に近づける面接のポイントをチェックしていきます。

▼身だしなみをチェック! 清潔感を常に忘れずに▼

自分がどんな人間であるかをわかってもらうための直接的な手段として、会って話をする面接。清潔感を第一に考え、身だしなみを整えることが基本的なマナーです。

具体的に気をつかうべきなのは、髪型、服装、におい。髪型はスッキリさせて、前髪が目の下まで伸びていたり、全体がぼさぼさになっていたりしないように整えます。ダメージデニムなど清潔感の演出につながらないアイテムはやめましょう。服装も清潔感が大切です。

強すぎる香水は避けましょう。お気に入りの香りでも、採用担当者が気に入るとは限りません。相手が面接の会話以外に気を取られてしまうと逆効果です!

関連記事:バイトの面接に適した服装はコレ! 立場・男女・季節別に紹介

▼遅刻厳禁! 時間の余裕は気持ちの余裕になる▼

約束の時間に遅れないようにするマナーは、バイトの面接に限ったことではありません。時間に余裕を持っていれば、面接の前にトイレの鏡で身だしなみをチェックすることもできます。

聞かれるかもしれない質問の回答を改めて考え直す時間も作れるので、面接の際に気持ちの余裕も生まれます。リラックスして面接にのぞめますよ。

関連記事:バイト面接のベストな到着時間、急な遅刻や日程変更の方法とは

▼初めの挨拶で第一印象アップ! 笑顔でハキハキと気持ちのよい挨拶を▼

面接の最初に行う挨拶。気にしなければ一瞬で過ぎる時間ですが、このタイミングで第一印象が大きく決まるともいえます。

こちらから名前を名乗って、「よろしくお願いいたします」と、ハッキリとした声で挨拶します。笑顔も忘れないこと。緊張や恥ずかしさから、髪をしきりに触ったり目線を合わせなかったりという振る舞いはやめましょう。堂々と明るく挨拶すれば、ペースをつかめるかもしれません!

▼積極的に質問してみる▼

面接でされる質問のなかには「答えが上手くまとまらない」という質問もあるかもしれません。わかりづらい質問があれば「ただいまの質問は○○といった認識でよろしいでしょうか?」と尋ね、会話が途切れないようにしましょう。黙り込んでいても、面接の目的が果たせません。

採用する側が応募者を選ぶための面接でもありますが、応募者が実際に働いている人と会って話せるよい機会という意味もあります。言葉づかいに気をつけ、質問にはポジティブな気持ちで受け答えをすることです。

「バイトに合格するためにチェックすべきポイント」まとめ

バインダーを持つスーツの女性

バイトになかなか受からないと悩むだけでなく、受からなかった理由を考え、まずは欠点を直していくことから始めましょう。

同時に、合格するためのチェックポイントを確認し、全てクリアできれば、合格はぐっと近づきます。今回は細かく見ていきましたが、大原則となるのが以下の3つです。

・履歴書は慎重に書き、汚れや余計な折り目ができないように丁寧に扱う
・電話やメールではマナーに気をつかい、採用担当者に不安感を与えない
・面接は明るい挨拶から始まり、ポジティブな受け答えをする

「職場に迎え入れてみたい」と思ってもらうことこそ、バイトに採用される道。なかなか受からない、と悩むだけでなく、積極的に合格するポイントをチェックして次の応募では希望のバイト先で働ける切符を勝ち取ってくださいね!

次読む記事はこちらがおすすめ!
バイト面接に受かるポイントを押さえたら、面接で口にしてはいけないNGワードも把握しておきましょう。つい使ってしまった言葉が印象を下げるかもしれません。

アルバイトの面接で使ってはいけない言葉、NGワード

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account