バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトに適した履歴書を入れる封筒の書き方と選び方

履歴書を入れる封筒の書き方と選び方!バイト応募ならA4・白色

 バイトに適した履歴書を入れる封筒の書き方と選び方

バイトへ応募・面接する際に提出を求められる履歴書。注意を払って適切に作成しても、履歴書を入れる封筒には気を配っていますか?履歴書よりも先に採用担当者の目に入る封筒は第一印象を左右します。ここでは正しい封筒の選び方、書き方を解説していきます。

履歴書を入れる封筒にもマナーがあることをご存知でしたか? 封筒は履歴書を入れるツールだけでなく、ビジネスマナーを理解しているかの判断材料になります。

履歴書は書き込む内容も大切ですが、封筒の選び方・書き方も同じくらい大切。 履歴書を正しく送る、というビジネスマナーが身についていると高評価につながります。採用される可能性を上げるためにも、適切な封筒マナーをマスターしましょう。

この記事では、履歴書を入れる封筒のベストな選び方と入れ方を、手渡しと郵送に分けてご紹介します。宛名や送付状の書き方は迷いやすく間違えやすいため、例文を踏まえて説明していきますね。ぜひ参考としてください。

履歴書を入れる封筒はA4・白色! 入れ方にも注意を

面接中

郵送や手渡しといった渡し方に限らず、履歴書を入れる封筒にはマナーがあります。それは、履歴書を受け取った会社側が取り扱いやすいように工夫すること。まずは封筒の選び方についてご紹介します。

▼A4サイズの封筒を選ぶ▼

履歴書の一般的なサイズはB4の二つ折りタイプか、A4の織りなしタイプのどちらかです。どちらの履歴書も余計な折り目をつけずに入れる必要があるため、封筒のサイズはA4を選びましょう。

履歴書を受け取った会社側は、ファイリングして保管します。三つ折りや四つ折りというように折り目が多い履歴書はファイリングしにくく手間になるので、折り曲げずに入れられる封筒が好まれる――というわけです。

A4サイズの封筒であれば、二つ折りタイプのB4履歴書もA4の履歴書も余計な折り目をつけずに入れられますね。

▼封筒のカラーは白色▼

封筒は茶封筒より、白色を選ぶとよいでしょう。白色の封筒はフラットな印象になるため、履歴書を入れて会社に渡すのに適しています。

企業側に履歴書が渡る時、まず目にするのが封筒です。適した封筒を使うことで “ビジネスマナーに精通している” と第一印象がよくなるかもしれません。そのため本体の履歴書だけでなく、封筒選びにもこだわりたいところです。

A4サイズの白い封筒は、100円均一で購入できるので、履歴書を送付する場合でも手渡しする場合でも、用意するとよいでしょう。

▼履歴書は無地・無色のクリアファイルに挟んでから入れる▼

履歴書を封筒に入れる前に重要になるのが、無地・無色のクリアファイルに挟むことです。郵送で送る場合、雨などの不意の水濡れや汚れから履歴書を守ってくれます。これは手渡しの時にも有効。履歴書を汚さずにキレイに持ち運ぶことはとても重要なんです。

水濡れや汚れであった場合、「会社の重要書類もキレイな状態で保管できない人かも」と思われ、心象が悪くなる恐れがあります。また、単純に濡れたり汚れたりしている履歴書は読みにくいです。履歴書は自分を採用してもらうためのツールなので、必ず無色のクリアファイルを使いましょう。

柄や他社の企業名が入っているファイルはご法度

クリアファイルは、柄や他社の企業名が入っていないものを使いましょう。ファイリングしたところまではよくても、柄や色、ロゴなどが入っているものを使っていては「マナーがなってない」と判断されてしまいます。履歴書を封筒に入れる前には、無地・無色のクリアファイルを用意しましょう。送付状をつける場合は、送付状が上になるようにファイリングしてください。

封筒入り履歴書を手渡しする際の書き方とマナー

書類確認する女性

バイト先によって、履歴書の提出の仕方が異なるので、応募前にきちんと確認しておきましょう。応募と同時に履歴書を郵送する場合と、面接の時に直接履歴書を持っていく場合の2パターンが考えられます。

まずは、履歴書を持参する場合のマナーについて説明していきましょう。

▼封筒の表には「履歴書在中」、裏には氏名を書く▼

手渡しで履歴書を渡す場合は、住所や宛名を書く必要はありません。ただし、内容物を明確にするために、“何が入っている封筒であるか” を記す必要があります。

書き方は、表面の左下部分に「履歴書在中」と赤字で書いて、四角で囲みます。どんな書類が中に入っているか、目立つ赤字で書くことが履歴書を入れる封筒のルールです。四角の線を引く際にも定規を使って丁寧に書きましょう。

また、誰の履歴書か外からでもわかるように、裏面には自分の氏名を記しましょう。

▼封筒から履歴書を出した状態で面接官へ手渡す▼

履歴書を封筒に入れたまま渡すのはNG。面接官がすぐ履歴書に目を通せる状態で渡すというマナーがあります。封筒から出したら、相手から見て文字が読める方向で手渡しましょう。このようなマナーや心遣いも、印象を良くするきっかけになります。

履歴書を直接渡す際は、すぐに中身を取り出せるように糊付けはしません。手渡す際に「よろしくお願いします」と声掛けすることでさらに好印象になります。渡すタイミングは「履歴書を出してください」と言われた時にしましょう。

面接する部屋に案内されている最中に「履歴書は持ってきましたか?」と聞かれることがありますが、歩きながら手渡してはいけません。いったん足を止めるか、面接室に入ってから手渡しましょう。

▼かばんの中でしわが寄らない工夫を▼

履歴書をかばんに入れて持ち運ぶ場合、封筒に入れただけでは、かばんの中で折れてしまったり、しわが寄ってしまったりすることがあります。しわくちゃになった書類を渡すと印象を悪くしてしまうので、持ち運ぶ際には下敷きで折れないようにするなど工夫しましょう。

履歴書を郵送する際の封筒の書き方! 画像でわかる作成例付き

ペンと紙を持つ笑顔の男性

次に、郵送する場合の封筒の書き方を紹介します。

封筒に記す情報の書き方は、「どのくらいビジネスマナーが備わっているか」という判断基準のひとつ。この章では、履歴書を入れる用の封筒の書き方をご紹介します。

▼表は宛名、裏は自分の情報、「履歴書在中」を忘れずに▼

履歴書を郵送する場合、表には宛名、裏には氏名や住所といった自分の情報を書きます。

<表に書かなければいけないこと>
●届け先の郵便番号、住所、宛名
●左下に赤字で「履歴書在中」と書き、四角で囲む

<裏に書かなければいけないこと>
●自分の郵便番号・住所・電話番号・氏名

まれに「生年月日も明記」などの指定があるため、応募先の指定内容を確認しましょう。

▼画像でわかる宛名の作成例▼

封筒の書き方

(1)郵便番号を書く
(2)住所は右端から正しく書く。算用数字は漢数字に変更する。ゼロは「〇」にします。
(3)会社名は封筒の中央に、「御中」と「様」は使い分ける
(4)左下に履歴書在中であることを赤字で書く

郵送の場合は、採用担当者が履歴書よりも先に見るのが封筒の宛名です。丁寧にまっすぐに書くことで、「細やかな仕事をする人だ」というイメージを与えられるでしょう。誤字脱字には注意しましょう。

書き損じてしまった場合は、修正テープや修正液で訂正してはいけません。書き損じは誰にでもあることですが、よい印象を与えないからです。封筒は多めに購入して、書き損じた場合は新しい封筒に書き直すようにしましょう。

▼「御中」「様」は送る相手によって使い方が異なる▼

宛名の書き方で最も重要なのが「御中」と「様」です。どちらも宛名で使う言葉ですが、正しい使い分け方があるので気をつけましょう。

「御中」を使う場合

会社や店舗、部署宛てにする場合は「御中」を使います。
例)●●株式会社人事部御中/レストラン〇〇アルバイト採用課御中 など

「様」を使う場合

採用担当者宛てに送る場合は、担当者名に「様」を付けます。
例)●●株式会社人事担当××様/レストラン○○駅前店店長××様 など

使い分けを間違えては、せっかく丁寧に宛名を書いたとしても台無しです。社会では一般常識なので、覚えておいてくださいね。

▼封筒の宛名は縦書きで▼

封筒の宛名は基本縦書きです。中心より少し右から書き始めて、部署は次の段落に書くとバランスがよくなります。縦書きのルールとして、数字が入る場合は漢数字で書きます。社名に算用数字が入っている場合は漢数字に直さなくてもOKです。

履歴書郵送時に気をつけるべき4つの注意点

履歴書

履歴書の書き方はもちろんですが、封筒や書類の送り方のマナーもしっかり守りましょう。ここでは特に気をつけるべき4つの注意点を紹介していきます。

▼できれば郵便局へ持ち込み、無理なら重さを測って送る▼

郵送する場合、できるだけ直接郵便局に持ち込むようにしましょう。万が一切手の料金が足りない場合、郵送先である会社が不足分を支払わなければいけないからです。確実に適した料金の切手を貼るには、郵便局へ直接持ち込んだほうが安全です。

コンビニで郵便サービスを行っているところは、手紙の受付しかしていないので不足分が発生することがあります。土日しか休みがなく、近くの郵便局が土日休み・近くに郵便局がない場合は、必ず重さを測るようにしましょう。郵便局のホームページで重さから算出する料金表があるので、必要分の切手を貼ることで、料金不足は防げます。

日本郵便 定形郵便物・定形外郵便物の料金

▼糊づけはしっかり! セロハンテープはNG▼

郵送の場合は、しっかりと糊付けをしましょう。剥がれてしまうと履歴書が飛び出てしまって紛失、ということもあり得えます。

また、大切な書類を郵送する際はセロハンテープを使用しません。内側で封をする糊付けと異なり、外側に付くセロハンテープはほかの郵便物と擦れ合うことで剥がれる恐れがあるからです。

糊付け以外の方法では、内側に両面テープが付いているタイプの封筒でも構いません。

▼普通郵便or特定記録郵便で送ろう! 手間をかける書留はNG▼

郵送の場合、通常郵便と速達がありますが、速達のほうが好印象ということはありません。応募期限まで日数が十分ある場合には、速達ではなく普通郵便でよいでしょう。

履歴書が紛失してしまわないように書留で送る人がいますが、書留の場合、受領印を相手の会社が押さないと受け取れないため、余計な手間をかけることになります。紛失した時の保証をしたいのであれば、「特定記録郵便」を使いましょう。郵便物の差し出し記録を残せるので、紛失時に保証してくれます。特定記録郵便なら、相手に受領印などの手間を与えないのでおすすめです。

▼郵送は送付状を忘れずに▼

履歴書を郵送する場合には、「履歴書 + 送付状」を封筒に入れるようにしましょう。履歴書だけでは失礼にあたるので、送付状は必ず付けてください。送り状の作成例は後の章で紹介します。

作成例付き! 同封する送付状の作り方

封筒に入っている書類

履歴書を送付する時に、送付状があるか否かで大きく印象が変わります。書類を送る時に、送付状を付けるのはビジネスマナーです。きちんとした対応を取ることでマナーがしっかりとしているというアピールになります。

送付状は横書きで1枚に収まるように作成するのが一般的。文字の大きさは12ポイントくらいが読みやすいでしょう。

▼送付状には5つの項目を忘れずに!送付状の書き方▼

送付状の書き方

送付状には、次の5つの項目を記載しましょう。

①宛名
②日付
③自分の住所と名前
④挨拶
⑤記書き

「履歴書を送ります」という内容を簡単にまとめましょう。①~⑤の書き方を細かく見ていきましょう。

①宛名
履歴書を送る会社の宛名を左上に記載します。「●●株式会社 人事部御中」ではなく、実際に採用担当が目にするものなので、「●●株式会社 人事部 採用ご担当者様」と書きましょう。

②日付
右上に作成日の日付を書きましょう。実際に送る日と送付状に記載した作成日が離れていると、違和感があります。作成日は履歴書を出す前日か、当日の日付にしましょう。

③自分の住所と氏名
日付の下に、現住所、氏名を記載します。電話番号やメールアドレスといった、すぐにやり取りできる連絡先まで記載すると丁寧な印象を与えられるでしょう。

④挨拶
挨拶は「拝啓」で始まり「敬具」で終わるようにしましょう。さらに、挨拶文を付け加えていきます。

挨拶の例文

貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。このたび貴社がアルバイト情報サイト××に掲載されていました○○職の求人募集を拝見し、ぜひとも応募させていただきたく、履歴書をお送りいたします。

ここまではテンプレートなので、そのあとに自己PRできることを記載することも可能です。オリジナリティを出すことで印象がよくなります。

ただし、ネガティブなことや過剰な自己評価などは心象が悪くなります。また、長々と自己アピールばかり書くのもよくありません。あくまでもメインは「履歴書を送付します」という内容なので、アピールは2~3行でまとめましょう。

⑤記書き
同封しているものを記書きします。「記」の文字は中央揃えで書いて、内容物は左寄せで書きます。全て書き終わったら、右下に「以上」を書いて完成です。

▼送付状に記載する自己アピールの例文▼

挨拶文の自己アピールの例文を紹介していきます。

例文①

私は現在、△△大学に通っており、接客業に興味があります。ボランティア活動を通し、自分の行動で人が喜ぶ姿を見て接客業に興味を持ちました。また、部活動を通して仲間と協力することの大切さを学んでいます。部活動で身につけた体力を活かし、貴社に貢献していきたいと考えております。

例文②

私は現在、●●調理専門学校に通っています。調理に興味があるので、××レストランで働いてみたいと考えております。学校で学んだことを活かしながら、××レストランで経験を積みたいです

上の例のように、送付状に記載する自己PRは簡潔にまとめるようにしましょう。

まとめ

履歴書と職務経歴書

履歴書を入れる封筒は履歴書よりも先に、会社の目につくものです。封筒や送付状をしっかり準備することで、印象がよくなります。バイトに応募している人はほかにもいるので、周りに差をつける意味でも、封筒や送付状は丁寧に作成しましょう。

履歴書に適した封筒と書き方

●封筒はA4・白色のものを用意する
●宛名は御中、様の使い分けに注意する
●左下に赤字で「履歴書在中」と書く
●住所は漢数字で書く

送付状を同封する

●クリアファイルに履歴書と重ねて入れる。この時、送付状が上になるように入れること
●送付状には宛名、日付、自分の住所と名前、挨拶文、記書きの5つを必ず書く
●文章の最後、右下に「以上」をつける

以上のことを守れば、基本的には悪い印象にはなりません。手渡しの際は汚れたり、折れたりしないように下敷きなどで挟むこと、郵送の場合は料金不足にならないように必ず郵便局に持ち込むようにしましょう。

細かいことですが、封筒や送付状を丁寧に作ることで、採用されやすくなるので、バイトに応募する時には必ず行うようにしましょう。履歴書だけでなく、封筒や送付状の書き方をマスターすれば、印象がよくなります。ぜひ参考にしてみてください。

履歴書を封筒に入れたら、次は面接対策です。以下の記事ではバイト面接のマナーやシミュレーションに関して詳しく紹介していますよ。ぜひ一読を!
あなたは何問答えられる? 知らないとヤバいバイト面接の常識&マナー

まだバイトが決まっていないならモッピーバイトで求人検索してみてください♪
モッピーバイトで新しいアルバイトを探す

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account