バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトの人手不足を解消する3つの改革

シフト編成や研修に秘策あり! バイトの人手不足を解消する3つの改革

 バイトの人手不足を解消する3つの改革

売上ダウン、時には閉店に追い込まれる原因になり得るバイトの “人手不足”。特に飲食店は厳しい労働環境などから離職率が高まり、求人応募も少ない現状があります。そこでこのコラムでは、人手不足を解消するアプローチを店内外で提案。バイトスタッフの満足度向上に秘密があることがわかりました!

近年、さまざまな業界で人手不足が叫ばれています。なかでも飲食業界は特に人手不足が深刻化しており、正社員のみならずバイトスタッフも不足しているのが現状です。

飲食店の求人広告には

・未経験者歓迎
・高時給
・まかない付き

といったアピールが並ぶにもかかわらず、実際には求人を出しても応募が少なく、辞める人も多いのだとか。このような人手不足はどこに原因があるのでしょう?

飲食店はもともと、ホールやキッチンにスタッフを配置するなど頭数を多く必要とするビジネスモデル。年間休日が少なく、拘束時間が長い……といった労働環境や、スタッフの入れ替わりが激しく離職率が高いことも相まって、バイトスタッフが集まりにくくなっているのが現状です。

今回は雇用者を悩ませる “人手不足” の解消をテーマに深掘りしていきましょう。

バイトの人手不足を解消するために行いたい改革3ポイント

タイムカード

人手不足を解消するためには、単に求人広告の数や露出頻度を増やせばよいというわけではありません。場合によっては、思い切った改革も必要です。ここでは、人手不足を解消へ導く3つの改革案を紹介しましょう。

▼【バイトの人手不足を解消する改革①】生産性を向上させる創意工夫をすべし▼

人手不足を嘆く前に、バイトスタッフ一人ひとりの生産性をアップさせる創意工夫を改めてしてみませんか? 従業員と信頼関係を育むことができ、離職率の低下につながるなど成果を上げているようです。現場の判断で取り組める内容ばかりですので、まず挑戦してみてくださいね。

(1)シフトの組み方を工夫する

時間帯に応じてシフトの組み方を見直しましょう。飲食店ではフロア・キッチンとも忙しさに応じた人員状況になっているかどうか、改めて確認することが大切です。さらにバイト個人の能力や適性、スタッフ同士の相性も考慮に入れながら、フロアもキッチンもしっかりとまわる最適なシフトを組みましょう。

そうすればバイトスタッフも「今日は働きやすい!」と気づき、「店長はわかってくれている」と信頼感を高めることになるでしょう。

(2)新人のバイトスタッフに手厚い研修を

新しく入ったバイトスタッフにはしっかりと時間を割き、研修を実施しましょう。生産性を高めるには、スタッフ一人ひとりの能力アップが欠かせません。

仕事に慣れて早く一人前になってもらうには、“新人任せ” にしないこと。雇用者がきちんとした研修をすれば、バイトスタッフは応えてくれるでしょう。「見て覚えて」ではなく、作業の目的や手順などを口頭で説明しながら教育すれば、店を助けてくれる存在にきっと成長するのではないでしょうか。

▼【バイトの人手不足を解消する改革②】求人広告掲載サービスを利用する▼

すでに働いているスタッフに対する改革と同時並行で、バイトへの応募者を増やす取り組みも行ってください。

近年はハローワークや求人雑誌だけでなく、インターネットでのバイト募集が盛ん。なかでも、採用されたら応募者に祝い金が発生する “成功報酬型” のアルバイト求人サイトに着目していてはいかがでしょうか? こちらは掲載の段階で広告料がかかることはなく、

採用されたら(場合によっては応募があったら)

課金するスタイルです。

このコラムが掲載されている『Career Groove』の運営元である『モッピーバイト』も同じビジネスモデル。求人情報が検索エンジン上で多くの人の目に触れるよう、テキストの量や質にこだわるなど原稿作成に気を配っています。

これらのサービスを効果的に活用するには、

・楽しそうに働いているスタッフ画像
・仕事内容が詳しくわかり、その職場で自分が活躍できそうだと感じられるテキスト

を準備しましょう。やみくもに募集しても意味がないので、バイトを探している人に「この店で働いてみたい!」と思わせるような求人広告を目指しましょう。

▼【バイトの人手不足を解消する改革③】外国人労働者を採用する▼

外国人のアルバイト

近年急速に増加している、約128万人の外国人労働者の採用も検討してみましょう。就労ビザを取得して仕事を探していたり、語学のスキルアップを目指していたりと目標はさまざまですが、総じて働く意欲が高いのが外国人労働者の特徴です。

インバウンドの需要が高まりを受けて、外国語対応はいわば必須。外国人労働者の採用が大きなメリットとなり、ひいては集客を増やす呼び水となるかもしれません。

ただし在留資格を有しているか……など、法律的に問題がないかきちんとチェックすることが重要です。

参考:内閣府「外国人労働力について
参考:厚生労働省 外国人雇用対策「日本で就労する外国人のカテゴリー

人手不足を解消するにはバイトの採用面接に力を入れよう

人手不足解消のため採用に注力を!

人手不足を解消するためには、バイトスタッフの採用面接に力を入れ、職場にマッチする優秀な人材を見極める必要があります。せっかく求人広告を掲載しても、バイト先に合わない人材を選んでしまっては長期雇用につながらず、根本的な人手不足の解消とはなりません。

バイトの採用面接では、どのような点に気をつけるとよいのでしょうか?

▼【バイトの人手不足解消に向けた面接法①】応募者をリラックスさせて話を引き出す▼

バイトの採用面接では、応募者がリラックスして話せる雰囲気づくりをしましょう。当日の天気や店までのアクセス方法など、はじめに軽い雑談をすると応募者の緊張もほぐれ、素の人柄を垣間見ることができます。

できるだけ相手に話す機会を与えることも重要で、「YES」や「NO」で答えられる質問より「○○についてどう考えていますか?」と具体的に話しやすい質問を投げかけるとよいでしょう。言葉づかいや態度、意欲などからしっかり働けるかどうかを見極め、適切な人材の確保に努めましょう。

▼【バイトの人手不足解消に向けた面接法②】バイト先への質問タイムを設ける▼

面接の最後に、応募者へ「何か質問はありますか?」と聞いてみましょう。この店で働く意欲や積極性がわかるほか、雇用側にとっても採用後のミスマッチを防ぐことにつながります。

職場への理解を深め、納得して働き始めてもらうためにも、質問には誠心誠意、丁寧に回答すること。応募者とバイト先の距離感を縮めることで、安心感や信頼感を抱いてもらえるでしょう。

バイト先が人手不足の原因は離職率と応募数

スタッフが辞めてしまう原因とは

ほかの業界に比べて人手不足に陥りやすいといわれている飲食業。その原因を考えてみました。

▼【飲食店バイトが人手不足の原因①】労働環境が厳しく離職率が高い▼

2014年に農林水産省が行った調査によると、新卒から3年以内の離職率が飲食・宿泊サービス業で “50.2%” を記録しています。全産業の “32.2%” と比べると非常に高いことがわかります。

背景には、労働環境の厳しさが理由のひとつに挙げられるでしょう。土日祝日や年末年始も営業し、掻き入れ時にも重なるため、非常に忙しいのです。時間外労働や早出・残業が多く、長期休暇が取りにくい……といった拘束時間の長さも挙げられます。シフトも不規則で、体調を崩して辞めざるを得なくなったケースも少なくありません。

さらに業務内容の厳しさも、離職率の高さの原因です。ホールスタッフは接客を中心に注文取り、レジ打ち、配膳のほかに “クレーム対応” をすることも。なかには店サイドに非のない、理不尽な内容もあるでしょう。キッチンスタッフなら調理でやけど、皿洗いで指先を痛める可能性もあるのではないでしょうか。

社会的に広く紹介された、飲食店の “ワンオペ” 業務について記憶している人もいるのでは。慢性的な人手不足によってさまざまな業務を兼任しなければならず、辞めていくバイトスタッフがあとを絶ちません。

参考:農林水産省食料産業局「外食・中食産業における働き方の現状と課題について

▼【飲食店バイトが人手不足の原因②】応募者が少ない▼

近年では上記のように飲食店の離職率が高く、労働環境の厳しさが社会的な問題として指摘されることがあります。飲食店は “ブラック” な労働環境である、というパブリックイメージが浸透していることも……。そのため、バイトを選ぶ際にも飲食店を避ける傾向にあり、求人広告を出しても応募者が少ないことがあります。

とはいえ、ホール・キッチンスタッフともに段取り力が鍛えられる飲食店でのバイトはメリットも盛りだくさん。多くのスタッフとコミュニケーションを図りながら、チームワークで店をまわしていくことはきっと将来の役に立つでしょう。

こちらもチェック!
飲食店バイトはきつい? 大変だけどメリットたくさん

経営に悪影響を及ぼすバイトの人手不足を解消するには

下がっていくグラフ

オペレーション上、スタッフの数や人員配置が非常に重要な要素を占める飲食店。バイトスタッフが足りなくなると店をまわすことで精一杯になり、スタッフの採用に人手を割けなくなってしまいます。

▼【人手不足のデメリット①】バイトスタッフを採用する労力が割けない▼

飲食店では、ホールやキッチンにスタッフの頭数を多く要するため、人手不足はスムーズなオペレーションに大きな打撃を与えてしまいます。人が足りないと一人あたりの仕事量が増え、必然的に店長や責任者も現場に立つはめに……。

日々の営業で手いっぱいの状況では、バイトスタッフを採用するための労力や時間を割くことは厳しくなります。求人広告を出したとしても、忙しさから満足のいく採用活動を行うのが難しく、よい人材を確保できないことも考えられるでしょう。人手が足りないにも関わらず、採用したくてもできない……という負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくありません。

▼【人手不足のデメリット②】バイトスタッフに余裕がなくなり、サービスの質が悪くなる▼

さらに、人手不足は店で提供するサービスのクオリティ悪化も招きかねません。バイトスタッフが足りないと、ホールで利用客を待たせたり、キッチンでは料理がなかなか完成しなかったりと顧客満足につながるサービスを提供することが難しくなります。頭数の少なさからバイトスタッフにも焦りが生じ、いらないミスを連発してしまうことも考えられるでしょう。

サービスの悪化が口コミなどで広まると、客離れを促進させます。ひいては売上や業績のダウンにもつながりかねません。人手不足は既存スタッフの負担や責任を重くするだけでなく、店の存続にも影響するといえるでしょう。

▼一日でも「採用」の時間を設けてみて▼

そこで提案したいのが、先ほど述べた「シフトの組み方を工夫する」という改革案。人材採用のため、店をまわす頭数に店長や現場責任者を “含めない” シフトを取り入れてみてください。

人手不足がもたらすデメリットが継続することを考えれば、行動に移さない理由はないといえます。一日でもかまわないので、まずは「採用」に向けた時間づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか?

さいごに

バイト先の人手不足は

・サービスクオリティの悪化
・売上や業績のダウン
・閉店に追い込まれる

こともあるゆゆしき事態。特に労働環境が厳しい飲食店のバイトで、この傾向が顕著に見られます。今回紹介した “改革” をすべて行い、よい人材を「採用」し、店の戦力として成長できるよう研修して「教育」する正のスパイラルを生み出していきましょう!

なおCareerGrooveでは、バイト先でのトラブルについて1,600人以上にアンケートを実施。バイトを辞めた理由や嫌な経験をした職種についてリアルな声を下記記事でまとめています。あなたの職場が人材不足に陥る原因が見つかるかもしれませんよ。

イヤな経験をしたバイトは何?バイト先のトラブル・辞めた理由を集めてみた。

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account