バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトの履歴書や面接で使う長所例文と作成ポイント

【長所例文付き】バイトの履歴書・面接で使える短所の変換テクニック

 バイトの履歴書や面接で使う長所例文と作成ポイント

バイトへ応募する時に作成する履歴書や面接時に聞かれる “自分の長所について” 、何をあげればよいか頭を抱えている人もいるのでは? この記事では、簡単に自分の長所を見つけ出す方法と例文、採用率をあげる作成ポイントを紹介していきます。

「短所はすぐに思いつくけど、自分の長所はよくわからない……」と、履歴書の「長所・短所」欄で筆が止まる人も多いのではないでしょうか。何とか絞り出してはみたものの、履歴書にあげる長所として相応しいかわからず、不安になっている人も少なくないのでは?

自分の長所を面接や履歴書でうまくアピールできれば、採用率があがるかもしれません。採用担当者に「一緒に働きたい」と思わせることが大切なんです。

この記事では、簡単に自分の長所を見るけられる方法や例文、採用率をあげるために効果的な長所の作成ポイントを紹介しています。すべて読めば、すぐにでも長所欄を埋められるでしょう! ぜひ参考にしてください。

面接・履歴書で使える! 簡単に自分の長所を見つけ出す方法

自分の長所を見つける

ここでは、簡単に自分の長所を見つけ出す方法を2つ紹介します。サクサクと履歴書を埋めていきたいのに長所の欄でどうしても手が止まる、短所は思いついても長所が書けない――。そんな人でもポイントを押さえれば、筆の進みがよくなりますよ!

▼方法①:短所を長所に変換する▼

自分の長所が思い浮かばない人は、まず短所をピックアップしてみましょう。実は、長所と短所は表裏一体の関係。自分では「悪い部分」と感じていても、見方を変えるだけで「よい部分」に変換できることもよくあるのです。

以下は、よく短所としてあげられる性格を長所に変換した例です。

人見知り
→周囲や人の動きを客観的にとらえられる

飽きっぽい
→気持ちの切り替えが早く、新たな物事への挑戦心が強い

大ざっぱ
→細部にこだわらず、大らかに受け入れられる

調子に乗りやすい
→周囲の雰囲気を明るくする、ムードメーカー

心配性
→さまざまな側面から物事を見ることができる

計画性がない
→行動力があり、思い立ったらすぐに動く

作業が遅い
→何ごとにも丁寧に取り組む

頑固
→強い意志を持ち、自分の考えをしっかり持っている

神経質
→細やかな気配りが得意で、細部まで目が行き届く

いかがですか? 言い方を少し変えるだけで、短所が長所に早変わりしました。

▼方法②:褒められた経験や感謝されたことを振り返る▼

家族や友人に褒められた経験や、感謝されたことを振り返ると、自分で気づいていない長所を発見できるきっかけになります。

「さすが」
「ありがとう」
「助かったよ」

と声をかけられた時、自分が何をしたか改めて思い出してみましょう。それは自覚できずにいた「よい部分」を褒められたのではありませんか?

過去の出来事や経験を、長所につなげた例をいくつか紹介します。

文化祭の片づけをしていて、友人に「ありがとう」と言われた
→最後まで責任を持って作業に取り組める

弁当づくり続けていて、母親から「がんばっているね」と声をかけられた
→決意したことを実行し、継続できる

初めてマラソンに挑戦し完走した
→チャレンジ精神が豊富で、それをやり遂げる実行力がある

年配者の道路横断を手伝い、喜んでもらえた
→思いやりの気持ちを行動に移せる

褒められたり感謝されたりした経験を思い出し、自分の長所を見つけるきっかけにしてくださいね。

【例文4選】長所には具体的なエピソードを添えると効果的!

自分の長所について考える

自分の長所を履歴書へ箇条書きにするだけでは、採用担当者の関心を得られません。印象を残すためには、これまでの経験を具体的に述べつつ、長所をアピールすることが効果的。

ここでは、アピールしたいと考える長所の特徴別に、4つの例文を用意しました。アレンジを加えれば、オリジナリティを出すことも可能です。履歴書に書いたことは面接でも使える文言になるので、ぜひ役立ててください。

▼不測の事態に対処した経験は絶好のアピールポイント▼

「不測の事態にも諦めずに対処した」という経験は、絶好のアピールポイント。責任感の強さを長所として書けます。

責任感の強さをアピールする例文

私は責任感が強く、自分の役割を最後までやり抜く性格です。学校生活では文化祭実行委員として準備に携わっていた際、用意していた看板が前日の大風で倒れるというトラブルに見舞われました。私は実行委員として「何とかせねば」という思いから、近隣の材木店に直談判し、当日までに看板を立て直すことができました。これも、責任感の強さでなし得たことだと感じています。

上の例のように具体的な出来事を書けば、採用担当者もあなたの人柄をイメージしやすくなります。「安心して仕事を任せられそうだ」と好印象を持ってもらえるでしょう。

▼短期間で仲よくなれたエピソードはコミュ力が高い証明に▼

短い期間で人と打ち解けることができたエピソードを持っている人は、コミュニケーション能力が高い証拠。“コミュ力” が高い人は、優秀な人材として採用担当者の目に留まりやすいんです! 積極的にアピールしましょう。

コミュニケーション能力をアピールする例文

私の長所は、誰とでも親しくできるところです。中学生のころ夏休みを過ごした母の実家では、近所の人たちとすぐに打ち解けました。なかには気難しいと有名な方もいらして、そのご家族が驚いておられたのを覚えています。もし採用いただければ、このコミュニケーション能力を活かし、少しでも早く馴染んでいきたいと考えております。

自分の長所がバイトの現場でも役に立つという主張も入れることで、前向きな意欲も伝わるでしょう。

▼部活動で身についた体力をバイトでも活かせる▼

運動部に所属している人は、体力面を長所としてアピールしてもよいでしょう。また中学から高校まで同じ部活を続けているのであれば、継続力があることも伝わります。

体力面をアピールする例文

私の長所は、体力があることです。中学時代から陸上部に所属し、ほかの部員と励ましあいながら、長距離ランナー向けのトレーニングを重ねてまいりました。今ではフルマラソンを3時間55分で完走できます。毎日のトレーニングでパワーにも自信があるため、採用いただいた際には、現場でも率先して身体を動かし役に立ちたいと思っています。

体力に自信のある人は、体を動かすバイトや力仕事の現場で特に重宝されそうです。

▼苦手を克服できたなら “向上心” があるということ▼

勉強でもスポーツでも、苦手を克服した経験がある人は “向上心” を長所としてアピールできます。

向上心の強さをアピールする例文

私の強みは、向上心の強さにあります。中学のころは英語が苦手でしたが、進学を機に入塾し、毎日勉強に励みました。その結果、高校2年生になってから英検2級を取得することができました。アルバイトでも、不得意な業務があれば努力で巻き返し、常に向上心を持って仕事に臨みたいと考えております。

苦手克服のエピソードは、採用担当者に「嫌な仕事も逃げずに取り組むことができそうな人だ」という印象を与えられるでしょう。

長所の作成ポイントは “バイトに役立つ” とアピールすること

自分の長所をアピールする

採用担当者へ「一緒に働きたい」と思ってもらうために、次のポイントを意識して長所欄を埋めていきましょう。このコツを押さえれば、採用率がぐんと上がるかもしれません!

▼職種に合わせて長所をあげる▼

応募先の職種に合わせた長所を考えることも大切です。なぜなら、職種によってスタッフに求める特徴も異なるからです。

たとえばコツコツ一人で進める仕事では、丁寧な作業ができる人や集中力が続く人が求められます。多くの人と関わる仕事では、コミュニケーション能力や人当たりのよさが求められるでしょう。このように、職種によって、求める人材も違っているのです。

応募先に合わせて自分の長所を挙げ、採用担当者にアピールしていきましょう。

▼締めに「バイトで活かせる」とアピールする▼

1つ目のポイントは、バイトのどういった点で自分の長所を活かせるかまとめること。自分を採用した時のメリットを、担当者にイメージしてもらうためです。

たとえば、以下のような例があります。

人見知りをしない
→ほかのスタッフとのコミュニケーションにおいても良好な関係を築ける

素直さ
→注意されることがあっても、素直に受け止め改善を努められる

最後の一文でアピールすると、文章全体の締まりもよくなりますよ。

さいごに

自分の長所を存分にアピールしよう

自分の長所の見つけ方や、バイト面接・履歴書に使える例文、効果的に長所をアピールするコツを紹介してきました。

長所を採用担当者にしっかりアピールするためには、より具体的なエピソードを添えることが大切です。また、「どのように長所を活かせるか」も提示していきましょう。

この記事であげた例文は、オリジナリティある文章にも変更できるはずです。ぜひ活用してくださいね。

履歴書に書く文章も大切ですが、履歴書に入れる写真も立派なアピール材料となります。下記のコラムでは、より好印象かつ低コストで履歴書の写真をつくる方法を紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください!

履歴書の書き方キホンのキ。~アプリで盛っていいの?写真編~

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account