バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイトの面接を角を立てずに断る理由や言い訳

角を立てたくない人必見! バイト面接を断る理由や言い訳

 バイトの面接を角を立てずに断る理由や言い訳

バイト面接の約束をしたけど「ほかの応募先で採用が決まった」「働けなくなった」など、さまざまな理由で断らなければならないことがあるでしょう。正直な理由を伝えづらいという人もいるのでは? この記事ではバイト面接を断る理由をまとめました。

「バイト面接の約束をしたけど、行けなくなってしまった……」

バイトへ応募すればこういったケースは珍しくありません。「ほかのバイト先が決まった」「家庭の事情で働けなくなった」など、さまざまな理由で断らなければならないことがあるでしょう。なかには本当の辞退理由を伝えたくなくて、ほかの言い訳を探している人もいるのでは?

そこでこの記事では、バイト面接を断る理由をまとめました。わかりやすい例文とともに紹介していきます。先方に失礼がないようマナーを守って断りの連絡を入れられるように、参考にしてくださいね。

バイト面接を断る理由や言い訳

バイト面接にのぞむ

バイト面接を断る時に、どういった理由を伝えればよいのでしょうか? この章ではバイト面接のよくある辞退理由を紹介していきます。

▼よくあるバイト面接を断る理由4つ▼

まずは、よくあるバイト面接を断る理由を4つみていきましょう。

●ほかの応募先で採用が決まった
●家庭の事情によりバイトする時間を確保できなくなった
●授業やサークル活動などの学校生活が忙しくなった
●自身の病気やケガで勤務が難しくなった

プライベートな事情やあまり言いたくない理由であった場合は、「一身上の都合により」として問題ありません。詳細を伝えたくないという気持ちを尊重してもらえるでしょう。

断る理由は簡潔に伝えてください。ダラダラと話していては言い訳じみた印象が強くなります。詳細を尋ねられない限り、ざっくりとした辞退理由でかまいません。

▼辞退理由は正直に! 嘘は避けよう▼

バイト面接を断る理由を考える

バイト面接を断る際、辞退の理由を採用担当者に聞かれることがあります。「なぜ辞退されるんですか?」と聞かれると責められているような気持ちになるかもしれませんが、これは採用担当者が「こちらの対応に何か改善点がないか」など考えるために質問していることがほとんどです。

辞退理由を尋ねられたら、先方のためにも正直に事情を伝えることが大切。きちんと理由を説明すれば納得してもらえるはずです。正直に理由を伝えることで、誠意も伝わるでしょう。

ただし、「面倒になった」「面接が怖くなった」といった自分勝手な理由は、時間を割いてくれた先方に失礼。角を立てずに断りたいなら、上で紹介した辞退理由や「一身上の都合」としたほうがよいでしょう。

▼辞退理由は誠意をもって伝えよう▼

バイト面接を断るというのは致し方ない場合を除いて、推奨される行為ではありません。そのため、失礼な言い方や礼節をわきまえない態度は厳禁。先方を不愉快にさせるような身勝手な辞退理由にしないことが大切です。誠意をもって謝罪しながら、先方が受け入れやすい理由を伝えましょう。

電話では「謝罪」+「理由」+「用件」を簡潔にまとめること

バイト先に断りの電話を入れる

電話でバイト面接を辞退したい旨を伝える時は、「謝罪」+「理由」+「用件」が簡潔に伝わるよう、あらかじめ話す内容をまとめておきましょう。先方の時間をこれ以上奪わないためです。

電話に慣れていない人は、スムーズに言葉がでるよう紙にセリフを書き出しておくとよいですよ。以下の例文を参考にしてください。

「お世話になっております。わたくし×月×日にアルバイトの面接を約束しております○○と申します。大変申し訳ございませんが、第一希望のアルバイトで採用が決まりまして、この度の面接を辞退したく連絡いたました。お忙しいなか、時間を調整いただいたのにも関わらず誠に申し訳ございません」

このように、「謝罪」+「理由」+「用件」を簡潔にまとめ、最後にもう一度謝罪の言葉を述べます。

電話をかけるタイミングは応募先の業務が忙しい時間帯を避けてください。飲食店であれば、客の来店が多いランチ・ディナータイムを避けるなど、迷惑にならないようにすることが大切です。

こちらもチェック!
バイトの応募先へ電話する時間帯! 業種別つながりやすい時間一覧

メールでは最短距離で用件が伝わるように意識

面接先にメールを打つ

応募先の採用担当者とこれまでメールでやり取りをしていた場合、電話で連絡をいれなくても失礼ではありません。そうでない場合は、電話で申し出たほうがよいでしょう。

メールでバイト面接を断る時のポイントは以下の通りです。

●用件が一目でわかる件名を入れる
●差出人が誰であるか明確にする
●辞退理由は簡潔にまとめる
●誤字脱字をしない

メールでは最短距離で用件が伝わるように意識しなければなりません。連絡意図の伝わりづらい内容では、採用担当者に迷惑をかけてしまいます。件名や本文の冒頭で用件が明確に伝わるよう心がけ、ビジネスマナーをわきまえたメールの文面を作成してください。辞退理由は読みやすいように30字程度にまとめるとよいでしょう。

【件名】
×月×日 アルバイト面接辞退のご連絡/フルネーム

【本文】
△△株式会社
△△店 店長 ◇◇様

お世話になっております。
×月×日にアルバイトの面接を約束しております○○です。

この度の面接ですが、家庭の事情によりアルバイトをする時間を確保できなくなったため
辞退させていただきたいと考えております。

お忙しいなか時間を調整いただいたにも関わらず、誠に申し訳ございません。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご了承のほどよろしくお願いいたします。

名前 (フルネーム)
住所
電話番号
メールアドレス

メールで断る際は、送信アドレスが間違いないか、念入りにチェックしてください。誤った宛先に送信してしまうと、応募先に面接をキャンセルしたい旨が伝わりません。くれぐれも間違えないよう注意しましょう。

こちらもチェック!
バイトに応募したらメール連絡が来た!返信の書き方を徹底解説

さいごに

バイト面接を断る理由と、電話・メールで断る時のポイントや例文を紹介してきました。「辞退理由を聞かれたらどう答えよう」という悩みが解決したのではないでしょうか。

面接の辞退理由は、簡潔に誠意をもって伝えること。実際には自分勝手な事情だとしても、先方へ不快感を与えないように答えましょう。ビジネスマナーを守って社会人として相応しい対応を心がけてくださいね。

面接の辞退のほかにも「受かったけれど辞退をしなければならない時」「第一希望からの合否が分かるまで返事を保留したい時」といった、言いづらいけれど伝えなければならない場面に出くわすことがあるでしょう。

そのような時、どんな言い回しをすればよりスマートか、次のコラムで詳しく解説しています。こちらもぜひチェックしてください!

言い出しづらい『辞退』や『返事保留』。当たり障りない言い回しとは?

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account