バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイト面接で採用担当者に聞かれることの返答例特集

【体験談】バイト面接で採用担当者に聞かれることの返答例特集

 バイト面接で採用担当者に聞かれることの返答例特集

バイトの採用面接で聞かれることを想定し、事前に答えを用意しておくとスムーズに返答できます。この記事ではバイト面接でよく聞かれる内容を紹介。経験談を元にコンビニや居酒屋、アパレル、塾といった人気バイトの面接で聞かれる質問もまとめました。

「バイトの面接、緊張するな~。どんなことを聞かれるんだろう……」

バイト面接では何を聞かれたらどう答えるか、あらかじめ想定しておけば不安が軽減されるはずです。面接で聞かれる質問内容は応募企業によって異なりますが、 “定番の質問” もあります。

この記事では、バイト面接で採用担当者に尋ねられる “よくある質問” と返答例を紹介。コンビニや居酒屋、アパレル、学習塾といった人気バイトで働く先輩方が、実際に面接で受けた質問内容も教えします。受け答えのイメージをつかみ、面接でハキハキ返答できるようになりましょう!

バイト面接で聞かれがちな定番の質問4つと返答例

質問攻め

バイトの面接は誰もが緊張するもの。よくある質問に対する答えを事前に用意しておけば、緊張していてもスムーズに受け答えできるでしょう。この章では、面接官に聞かれる定番の質問4つと返答例を紹介。ぜひ参考にしてください。

▼バイト面接で聞かれること① 志望動機▼

バイト面接で志望動機を聞いてみた

応募者の「ここで働きたい」という意欲を図るため、バイト面接では志望動機を聞かれることが多いです。この時、熱意が伝わる返答をすれば、「しっかりバイトに取り組んでくれそう」と好印象を抱いてもらえます。

志望理由で「自宅から近い」「時給がよい」など条件面のみに触れた場合、面接官は「ほかによいバイトが見つかったらすぐに辞めてしまいそうだな」と不安を感じるでしょう。そのため、以下のような返答が好ましいと考えられます。

●「以前こちらのお店へ来店した際、とても丁寧な接客を受け、感動いたしました。自分も御社のスタッフのような気持ちよい接客ができるようになりたいと思い応募した次第です」
●「これまで培ってきた接客技術を活かして働けそうだということと、こちらのお店でバイトすることで、さらに接客スキルを高められると考え志望いたしました」
●「店内の雰囲気や料理を大変気に入っておりまして、自分もこちらで働き、スタッフとして役に立てればと考え応募いたしました」

ポイントは、以下の点を盛り込むこと。

・たくさんある企業や店のなかから選んだ理由
・バイトを通じて成長したい点や学びたいこと

「適当な理由で応募しているわけではない」と感じられるため、面接官にあなたの熱意が伝わりやすくなります。

また、履歴書に書いてある志望理由と異なる内容では不自然です。面接での受け答えも想定して、履歴書の志望動機を作成してください。

こちらの記事もチェック!
履歴書の書き方・キホンのキ。~志望動機編~ 「近所だから」は書いてOK?

▼バイト面接で聞かれること② これまでのバイト経歴▼

これまでのバイト経歴は、ほぼ100%聞かれると考えてよいでしょう。面接官はあなたの経験を元に「即戦力になるか否か」を判断します。特に注目される点は、応募先で行う業務と似たバイト経験があるかどうか。これまでのバイト経歴を問われたら、仕事内容が重なる部分を中心に、あなたが持っている能力を面接官にアピールしましょう。

たとえばスーパーのバイト面接の場合、以下のように答えると「即戦力になりそう」と好印象を与えられる可能性 “大” です。

●「2年ほどコンビニでのアルバイト経験があります。そちらではレジ打ちや品出し、発注業務を担当しておりました。今回希望しましたレジ打ち業務にも、すぐに慣れるのではないかと考えております」

また、高校生などバイト経歴がない人はやる気が伝わる一言を添えると、アルバイト経験者に引けを取らないでしょう。

●「アルバイト経験はありませんが、採用されましたら一刻も早く御社の力になれるよう努めていく所存です」

面接や履歴書では、絶対に経歴を詐称してはいけません。未経験の職種に応募した場合でも、正直に答えてくださいね。

▼バイト面接で聞かれること③ 希望のシフト▼

週に何日、何時間働きたいか、シフトの希望確認もバイト面接では定番です。受かりたい一心で「いつでも入れます」と嘘をつき、採用後に撤回しては迷惑をかけます。自分が働けるペースを正直に伝えましょう。

希望のシフトを聞かれた時の回答例は以下の通りです。

●「月~金曜のあいだで週に3日、17:00~22:00の時間帯で一日4時間程度、シフトに入れます」

例文の通り、

・週に働ける日数
・一日に働ける時間や時間帯

を答えてください。可能なら例文のようにシフトに入れる曜日も伝えたほうが親切でしょう。

また、いつでもシフトに入れるというフリーターは、

●「週に5日、一日8時間勤務を希望しております。曜日や時間帯は合わせられます」

といった答え方がベター。週にどのくらい働きたいか、あなたの希望を伝えてください。

▼バイト面接で聞かれること④ 勤務がスタートできる日▼

バイト面接では勤務を開始できる日も質問されます。少しでも早く人手が欲しいのに働き始められる日が数ヵ月後では、企業が雇いたい人材条件とマッチしません。採用が決まってから確認しては遅いので、面接中に質問されるのです。

勤務がスタートできる日を聞かれた時は、わかりやすく答えましょう。

●「○月○日から働き始められます」
●「来週の月曜以降でしたらいつでも可能です」

返答時は確実に働き始められる日を明確に伝えてください。答えに詰まっていると「自分のスケジュールを把握していない、だらしない人」という印象を与えます。面接前にスケジュールを確認し、頭に入れておきましょう。

コンビニ、居酒屋、アパレル、塾の面接官に聞かれたこと体験談

えーそれ聞くー?

この章では、CareerGrooveを運営するアルバイト情報サイト『モッピーバイト』に届いた「バイト面接でこんなことを聞かれた」というリアルな声を集めました。職種によって、応募者に対する質問内容や注目されるポイントが異なるようです。

▼コンビニバイトはどれだけシフトに入れるかがカギ▼

コンビニバイトの経験者から寄せられた体験談に目を通すと、以下のような声が目立ちました。

「面接はオーナーと一対一で、まずは週に何日、何時間程度入れるかを聞かれました」(20代/女性/コンビニ)
「私の面接は店長が行ってくれました。自己紹介のあとは、どれだけ働けるかを確認されました」(20代/女性/コンビニ)

体験談から読み取れるのは、「シフトの融通が利きやすそうな人」または「人手が足りていない時間帯に入れる人」を見極めたいという気持ちではないでしょうか。面接が始まって間もなく質問されていることからも、いち早く「シフトに入れるペースを知りたい」という思いがうかがえます。

コンビニは営業時間が長いため多くの人手を要します。そのため、「どれくらいシフトに入れるか」という点が気になるのでしょう。コンビニバイトへ応募する人は、事前にシフトへ入れるペースを頭に入れておいてくださいね。

コンビニバイトの関連記事はこちら!
【人気バイト】深夜シフトのコンビニ店員★ 時給は? 防犯対策は? 本当に楽なの?
コンビニバイトの実情を深掘りしてみた! 向き・不向きを判断しよう

▼居酒屋バイトはやる気や根性の有無が重要視される▼

居酒屋は求人情報が多く、学生にも人気のアルバイト。そんな居酒屋バイトの経験者から届いた、面接の様子を紹介します。

「面接では接客経験か聞かれ、正直にバイトしたことがない旨を伝えました。次に『このバイトで何を身につけたいですか』と質問されたので、『接客を通してコミュニケーション能力を高めたいと思っております』と答えたら、無事採用されました!」(10代/女性/居酒屋)
「居酒屋のバイト面接で、金曜日はシフトに入れないという条件にも関わらず『根性がありそう』という理由で採用してもらえました。以前バイトしていたファストフード店が厳しいと有名だったため、長く勤めていた経歴をかわれたようです」(30代/女性/居酒屋)

居酒屋では志望動機や希望のシフトだけでなく、やる気や根性が重要視されているのではないでしょうか。「この人ならがんばってくれそうだ」という印象を与えられれば採用をつかみ取れるでしょう。

こちらの記事も読んで、居酒屋バイトのイメージを膨らませてください!
飲食店バイトはきつい? 居酒屋は大変だけどメリットたくさん

▼アパレル店では “対応力” をテストされる▼

アパレル店では利用客が持つ悩みや質問に対し、臨機応変に受け答えをしなければなりません。そのためか、面接中に “対応力” をテストされることも。

「面接では靴のコーディネートについて質問されました。私は1足の靴で複数のコーディネートができると提案。その時、面接を担当された方は、私の話し方や表情を見ていたそうです」(20代/女性/アパレル)

こういった質問では提案力も大切ですが、言葉を詰まらせず笑顔で答えられるかチェックされています。しばらく無言で考え込んだうえ眉間にしわを寄せて返答しているようでは、「店を訪れる客にも同じ態度を取るかもしれない」とマイナスイメージを与える恐れが……。提案内容に多少自信が持てなくても、明るくハキハキと話すように心がけてください。

オシャレに興味があるならこちらの記事もおすすめです!
オシャレが集まる街!原宿の古着屋でバイトしない?

▼塾の面接では掛け持ちバイトの有無を聞かれる▼

塾講師のバイト面接では教えられる科目のほかに、 “掛け持ちバイトの有無” が定番の質問とのこと。

「面接では志望動機など定番の質問のほかに、教えられる科目や塾講師経験の有無についてと、現在しているアルバイトを聞かれました」(20代/女性/学習塾)
「塾講師のバイトは基本的に同業他社との掛け持ちができません。私だけでなくほかの同僚も、面接時にアルバイトを掛け持ちしていないか聞かれたようです。私は当時、飲食と販売のアルバイトもしていましたが、他業種であれば問題ないということで採用されました」(20代/女性/学習塾)

体験談から察するに、複数の学習塾を掛け持ちしてバイトすることは難しそうです。学習塾以外でも同業他社で働くことを禁じているケースが考えられるので、不安がある人は応募時に確認してみましょう。

こちらの記事もチェック!
意外とハードな塾講師バイト。それでも「先生をしていてよかった!」と感動できる瞬間とは?

さいごに

面接に向かうフリーターさん

バイト面接で質問される内容と、答え方を紹介してきました。質問に対する答えを事前に用意していれば、返答に詰まる心配も軽減されるでしょう。

スムーズな受け答えは好印象につながります。無事採用をつかみ取るためにも、しっかり準備してバイト面接に挑んでくださいね。

面接をより有利に進めたいのであれば、最初と最後の「挨拶」の仕方についても対策しておきたいところ。次のコラムでは第一印象をグッと高める挨拶の仕方についてレクチャーしています。こちらもぜひご覧ください。

役に立つバイト面接での最初の挨拶や入室時のマナーマニュアル

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account