バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > バイト面接の最初の挨拶や入室時のマナーマニュアル

役に立つバイト面接での最初の挨拶や入室時のマナーマニュアル

 バイト面接の最初の挨拶や入室時のマナーマニュアル

第一印象を左右するバイト面接での挨拶。気持ちのよい挨拶ができなければ、一緒に働きたいという印象を与えられません。だからこそ、バイトの面接では挨拶がとても重要。面接の流れに合わせてパーフェクトな挨拶ができるだけでもグンと印象がアップします。面接での受け答えも採用担当者にしっかりと聞いてもらえて、相乗効果を発揮してくれるはずです。

そこでこの記事では、入店から退店までの流れに沿って押さえたい挨拶やマナーを取り上げました。例文とともに紹介するので、実践でも活用しやすくなっています。これさえ知っておけば、緊張してしまう面接でも怖いものなし! 面接の前にチェックして、ぜひ実践してみてくださいね。

入店時にする最初の挨拶は「こんにちは」ではない!

面接会場に入室

入店時にする最初の挨拶は「こんにちは」ではないことをご存知でしたか? 入店から面接部屋に行くまでの間は、第一印象を左右するポイント。まずは、入店から面接部屋へ向かう際にする挨拶を紹介します。

▼入店時、最初の挨拶は「お忙しいところ失礼します」▼

入店したら近くにいる店員に面接を受けに来たことを伝えて、面接担当者に引き継いでもらうようお願いをします。この時に最初の挨拶は「お忙しいところ失礼します。」が相応しいでしょう。業務中に話しかけることになるため、申し訳ないという気持ちを伝えるためです。

そのあとに自分の名前と面接の時間を簡潔に伝えると、対応してくれるスタッフも採用担当者に引き継ぎやすくなります。例文のような内容をスラスラ言えるようにしておくと、第一印象もアップしますよ。

お忙しいところ失礼します。本日、○時より面接のお約束をしている○○と申します。採用担当者の△△様はお見えになりますか?

▼面接官に会ったら「よろしくお願いいたします」▼

面接官に会ったら「よろしくお願いいたします」という一言を忘れずに伝えます。わざわざ業務の時間を割いて面接をしてもらうので、感謝の気持ちを込めて言いましょう。

また、挨拶をする時は面接担当者よりも先にできるよう、心構えしておくことをおすすめします。意欲を伝えることができ「やる気があるな」と感じてもらえるはず。この時にできるだけ笑顔で明るく挨拶ができると、より好感の持てる印象を与えられます。

お世話になります。○○と申します。本日はお忙しいところお時間を頂きありがとうございます。よろしくお願いいたします。

▼すれ違う店員にも挨拶を▼

面接部屋に向かうまでに、勤務中のスタッフとすれ違うことがあります。採用されたら一緒に働く仲間となるので、よい印象を持ってもらいたいですよね。スタッフの手が空いており挨拶できそうな雰囲気なら、下記の例文のように挨拶をします。

本日、面接の機会をいただきました○○と申します。よろしくお願いいたします。

飲食店やアパレルショップなど接客業の店員は、レジ打ちや周囲の利用客への対応で忙しくしているケースも多いです。このような場合には笑顔で軽く会釈をするだけで問題ありません。

入室から面接開始までにする挨拶はこれ!

面接開始前の挨拶は笑顔で

いよいよ面接が始まります。ここでよい印象を持ってもらえれば、面接で話す内容もより担当者の心に響くはず。面接の前にチェックして、好印象を持ってもらえるようにしましょう。

▼入室時は3回ノックして「失礼します」▼

面接部屋に面接官が待機している場合は、ドアを3回ノックします。この時に面接官が「どうぞ」や「お入りください」と声をかけてくれることが多いので、入室の許可が出たらドアを開けましょう。入室時は笑顔で「失礼します」と言い、一礼をしてから入ります。この時に声を出しながらお辞儀すると、乱雑な印象やせかせかしている印象を受けるので、 “挨拶してから会釈をする” という順番を守るとよいでしょう。

一方で、面接官と一緒に入室する場合は、わざわざノックをする必要はありません。担当者のうしろについて入室します。この時にも部屋に入る前は「失礼します」と言って軽く会釈をすると、礼儀正しい印象を与えることが可能です。

▼着席前にも「よろしくお願いいたします」▼

入室をしたら無断で椅子に座ってはいけません。面接官の準備が整うまで、椅子の前や隣に立って待ちましょう。そして「では、面接を始めます」や「どうぞお座りください」と声をかけられたら、椅子に座る前に「よろしくお願いいたします」と挨拶をします。わざわざ面接の時間をつくってくれたことに対する礼や「採用してもらえるよう頑張ります」という気持ちを込めた挨拶です。せっかく挨拶しても自信のない雰囲気や小声ではマイナスの印象。できるだけ大きな声でハキハキと挨拶しましょう。

挨拶が終わったら会釈をして着席します。椅子に座ったらいよいよ面接がスタート。面接を始める前のウォーミングアップとしても、この挨拶がしっかりと言えるかどうか重要となります。

面接中の受け答えシミュレーションはこちらの記事でチェックしてください!
知らないとヤバいバイト面接の常識&マナー

面接が終わったら感謝の言葉をしっかり伝える

面接が終わったらしっかり挨拶を

一通り面接が終わると緊張もほぐれ少し解放された気持ちになりますが、油断してはいけません。面接後の姿勢や挨拶は、意外とチェックされているんです。最後までよい印象を残せるように努めましょう。この章では面接後の挨拶やマナーをまとめました。

▼退室前は「ありがとうございました」▼

面接官から「これで面接を終わります」「では、合否は追って連絡します。お疲れ様でした」などの言葉が出れば面接が終了します。しかし、面接が終わったからといって無言で椅子から立ち、そのまま帰るのは好ましくありません。まずは、面接をしてくれたことへの礼を伝えましょう。椅子から立ち「ありがとうございました」と挨拶したあとに、会釈をします。そのあとは、自分の荷物を持ち面接部屋を退室します。

退室する時も入室時と同じように「失礼しました」と挨拶できるとよいでしょう。面接が終わったからといって気を抜かないで笑顔で礼を伝えられると、担当者に好印象を残せるはずです。

本日はお忙しいところありがとうございました。失礼いたします。

▼退店時には礼を言って「失礼します」▼

応募先の店や会社の出口へ向かう時も挨拶は欠かせません。バイトスタッフや社員とすれ違うことがあれば、笑顔で会釈をして「ありがとうございました」と言いましょう。企業によっては、面接担当者やスタッフが出口まで見送ってくれることがあります。そのような場合には、扉前で

本日はお忙しいところお時間をいただきありがとうございました。失礼いたします。

と伝えることを忘れないで。挨拶をしたあとには軽く会釈をして、その場を去ります。

最後まで丁寧な挨拶ができると、それだけでもよい印象に。「面接が終わった!」という解放感でついついおろそかになってしまう最後の挨拶ですが、しっかりとやり切るように心がけましょう。

▼退店後は速やかに帰路につくこと▼

面接が終わり退店しても、油断はできません。バイト先によっては、退店後の様子をチェックしている場合も。駐車場や喫煙コーナー、野外での様子をチェックすることで、ふだんの振る舞いや行動を確認しようとするケースもあるようです。

面接後はバイト先の店舗周辺でダラダラ過ごしたりタバコを吸ったりすることはやめましょう。せっかくがんばっても、面接後の態度でマイナス印象を持たれてしまっては勿体ないですよね。速やかに帰路に着いてください。

さいごに

入室したら人がいてびっくり

この記事では、バイト面接時の入店から退店までの挨拶を中心に取り上げてきました。挨拶は見られていないようで意外とチェックされていることの多く、第一印象を左右するポイントでもあります。誰でもハキハキと明るい挨拶ができる人と働きたいと思うもの。だからこそ、入店から退店までのポイントごとに適切な挨拶をすることがとても大切なのです。

どこでどのような挨拶をするのか頭に入れておくだけでも、面接時の第一印象がガラリと変わります。「ここでバイトしたい!」という熱い思いを伝えるためにも、面接時は挨拶にも気を配れるようにしてくださいね。

バイトの面接に関してほかに気になることといえば「服装」ではないでしょうか。面接当日になってあわてないよう、以下の記事を読んで対策しておきましょう。

バイトの面接に適した服装はコレ! 立場・男女・季節別に紹介

バイト探しは『モッピーバイト』で!

アルバイト探しなら『モッピーバイト』が断然オススメ! モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、お祝いポイントがもらえます。全国各地のさまざまな職種のアルバイト情報を掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

高校生OKの求人情報
未経験者歓迎の求人情報
短期バイトの求人情報
週1日からOKの求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account