バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > フリーターにおすすめのバイトベスト3

フリーターにおすすめのバイトベスト3! 掛け持ちもできます

 フリーターにおすすめのバイトベスト3

フリーターにおすすめのバイトをランキング形式で紹介。「短時間勤務OK」の傾向があるバイトばかりなので掛け持ちが可能です。それぞれの仕事内容も解説していますよ。新しいバイト先を探している人、今よりもたくさん働きたいフリーターは必読です!

フリーターの皆さん! 新しいバイトを探していませんか?

正社員であることへのこだわりがなくなりつつある現代では、働き方の多様化が進んでいます。フリーターが活躍できる職場もどんどん増えていますよ!

この記事ではフリーターにおすすめのバイトをランキング形式で紹介。どのバイトも「短時間勤務OK」としている傾向があるので、掛け持ちでバイトしたい人にもおすすめです。それぞれの仕事内容も解説していきますよ。ぜひチェックしてください!

\フリーターにおすすめ第1位/ 飲食店バイト

カフェのホールスタッフ

Career Groove編集部が選んだ、フリーターにおすすめのバイト第1位は接客業の代表格といっても過言ではない飲食店バイトです!

▼まかない付きの飲食店なら食費節約になる▼

飲食のバイトではまかない付きの店も珍しくありません。食費が節約できて一人暮らしのフリーターには見逃せないメリットといえそう。できたてのおいしい食事にありつけるのではないでしょうか。

▼人手不足傾向があるから採用されやすい▼

さまざまな業界で叫ばれる人手不足問題は、飲食業界でも深刻化しています。「少しでも人手がほしい!」と応募のハードルを下げ、採用されやすい傾向があるようです。なかには応募や面接の際に “履歴書不要” としている店も。「すぐにでも働き始めたい」というフリーターにとってはありがたいですね。

▼飲食店バイトの仕事内容は「ホール」と「キッチン」の2つに分かれる▼

飲食店の種類はファミレスやカフェ、居酒屋などさまざまです。しかし、どちらにも共通しているのは、仕事内容が「ホール」と「キッチン」の2つに分かれるということではないでしょうか。

「ホール」の主な仕事は、以下の接客がメインとなります。

ホールスタッフの主な仕事内容

●来店客をテーブルへ案内
●注文受け
●料理の配膳
●テーブルセッティング
●会計          など

こちらもチェック!
飲食店バイトのホールとは? 仕事内容や体験談、向いているタイプ紹介

「キッチン」の主な仕事は、以下の調理関連業務がメインです。

キッチンスタッフの主な仕事内容

●オーダーされた料理の調理
●仕込み
●食器洗い
●食材の管理
●衛生管理       など

同じ飲食店バイトであっても、「ホール」と「キッチン」では、仕事内容が異なるので、自分の適性に合わせて選ぶのがコツといえます。

こちらもチェック!
大変できついけどメリット豊富な飲食店バイト

\フリーターにおすすめ第2位/ コンビニバイト

コンビニ店員

飲食店バイトに次いで、フリーターおすすめのバイト先がコンビニです。あなたの活動範囲にもあるのではないでしょうか?

▼深夜勤務は基本時給より25%以上高い賃金▼

コンビニの多くは24時間営業。そのため、深夜に働けるスタッフの募集もしています。

深夜に当たる22:00~翌5:00の労働は、法令で定める割増率以上の賃金が発生します。深夜労働の割増賃金率は25%。つまり、基本時給が1,000円の場合、深夜労働の時間帯は時給1,250円になるということです。短時間勤務でも効率的に稼げますよね。

参考:厚生労働省「割増賃金の基礎となる賃金とは?

ライフスタイルの時間配分が自由なフリーターなら、深夜労働をしても睡眠時間を削られる心配が少ないのではないでしょうか。高時給なバイトを探している人は、身近にあるコンビニの求人情報を要チェックです。

こちらもチェック!
【人気バイト】深夜シフトのコンビニ店員★ 時給は? 防犯対策は? 本当に楽なの?

▼コンビニの仕事内容は多岐にわたる▼

コンビニの仕事内容は多岐にわたります。そのため、覚えることが多く、新商品も頻繁に出るため、慣れるまでは大変かもしれません。とはいえ、新人アルバイターには店長や先輩スタッフが丁寧に仕事を教えてくれるでしょうし、マニュアルに沿って業務を遂行すれば問題ありません。

以下はコンビニバイトの仕事内容の一部です。

コンビニの仕事内容

●レジ打ち
●商品の陳列
●店内外の清掃
●調理器具の清掃
●宅配便の受付業務  など

上記のような業務を、店の混み具合に合わせてテキパキと対応していく必要があります。

\フリーターにおすすめ第3位/ ネットカフェ・漫画喫茶のバイト

ネットカフェ・マンガ喫茶店員

個室やブース形式になっている店が多い、漫画喫茶やネットカフェ。コンビニ同様24時間営業の店が多く、自分の好きな時間帯で働くことができるためフリーターにおすすめです。

▼静かな場所で働きたい人にピッタリ▼

ネットカフェでは、漫画やネットサーフィンに熱中している利用客が多いです。そのため、店内は騒がしくなく、静かな環境で働きたいという人に特におすすめのバイトです。

ネットカフェのバイトは、利用客の邪魔にならないよう、できるだけ静かに作業しなければなりません。飲食店や販売店のように元気よく「いらっしゃいませ!」というのではなく、落ち着いたボリュームで利用客に声をかけます。

▼ネットカフェの仕事内容を紹介▼

ネットカフェ・漫画喫茶の主な仕事内容は、

ネットカフェの仕事内容

●カウンター受付
●店内の清掃
●本棚の整理
●フードメニューの提供
●漫画の新刊発注
●棚づくり

などがあります。

漫画の新刊発注や棚づくりなどは、ネットカフェのバイトならではの仕事。新刊情報がいち早くキャッチできるという点が、漫画好きな人にはうれしいポイントとなるのではないでしょうか。

こちらもチェック!
ネットカフェ&漫画喫茶バイトの楽しくて怖い現実

フリーターがバイト先を選ぶ時のポイント2つ

求人誌

「これから新しくバイト先を見つけたい!」というフリーターは、どのような点に注意して仕事を探せばよいのでしょうか? この章では、フリーターの人に届けるバイト選びのポイントを解説していきます。

▼給料と仕事内容のバランスを吟味しよう▼

「自由かつたくさん稼ぎたい!」と思うフリーターは少なくないでしょう。とても自然なことではありますが、給料のよさだけでバイトを選ぶと失敗することがあります。

仕事には向き/不向きがありますよね。苦手な業務中心のバイト先では、長続きしないことも十分考えられます。

「合わない場合は我慢せずに辞めてしまえばいい」と割り切るのもひとつの手です。しかし、それを繰り返すと、働いてはすぐ辞めるという負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。正社員として腰を据えて働きたいと思っても、入退社を繰り返した経歴はマイナスイメージ。だんだん採用されづらくなる恐れも考えられます。

一方、仕事内容だけで選んでしまい、割に合わない給料では、これもまた問題です。生活が困難になれば、ほかのバイトを探さなければならなくなるでしょう。

ベストなバイト先を選ぶためには、給料と仕事内容のバランスを吟味すること。必要な生活費を考慮しながらバイト探しをしてください。

▼バイトを掛け持ちするなら週1日は休みにしよう▼

フリーターのなかには、「できるだけ働いて収入を増やしたい!」と考える人もいるでしょう。時給制のバイトは、働いた分だけ給料に反映されます。こうした思いからバイトの掛け持ちをするフリーターは少なくありません。

シフトさえうまく調整できれば、掛け持ちは可能です。このシフト調整で特に気をつけてほしい点は、“最低でも週1日は休みを取る” ということです。

休みを取らずにたくさん働いた結果、疲労で体調を崩してしまっては元も子もありません。欠勤が増えれば収入が減る可能性も。また、バイト先のメンバーにも迷惑がかかってしまいます。

複数のバイトを掛け持ちながら体調管理をしっかり行うには、週1日の休日を取れるようなシフトを組みましょう。

こちらもチェック!
バイトのスムーズなシフト変更・増減方法を紹介!強制された時の対応も

さいごに

フリーター生活を充実させるため、バイト選びは大切です。Career Groove編集部のおすすめは、

●採用されやすい飲食店バイト
●身近にあるコンビニのバイト
●静かに働けるネットカフェ・漫画喫茶のバイト

の3つ。

この記事で紹介した仕事内容が自分に向いているか考えつつ、今のライフスタイルに合ったバイト先を見つけてくださいね!

下記のコラムでは、バイト先を増やしてより稼ぎたいフリーターさんのためのお役立ち情報を紹介しています。こちらもぜひチェックしてください。

バイトの掛け持ちには予定管理・税金&社会保険対策が大切

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account