バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

 >  >  > ブライダルバイトは出会いがある仕事か調べてみた

【体験談あり】ブライダルバイトは出会いが多い仕事か調べてみた

 ブライダルバイトは出会いがある仕事か調べてみた

アルバイトをする動機はさまざま。なかには異性との出会いを求めて始める人もいるでしょう。この記事では、ブライダルのバイトに焦点をあてて、経験者の声を元に出会いの機会が豊富かどうかをリサーチしてみました。そのほか、ブライダルバイトの仕事内容や注意点も解説していきます。

出会いを求めている人は、ブライダルバイトが選択肢のひとつになるかどうか、この記事を参考に判断してみてください。

【目次】
1. ブライダルバイトは出会いの機会が多いか
2. ブライダルバイトの2つの業務
3. ブライダルバイトのメリット
4. ブライダルバイトの注意点
5. さいごに

ブライダルバイトは出会いの機会が多いかジャッジ!

結婚式場にて

CareerGrooveを運営する『モッピーバイト』に届いたブライダルバイト経験者の声を元に、出会いがあるかどうかをリサーチしました。

▼ブライダルバイトは若いスタッフが多い!?▼

ブライダルバイトは体力が必要なためか、大学生などの若い世代が中心となって働いているという声がありました。

「ブライダルバイトをしている人は主に大学生でした。連携をとっているうちに自然と仲良くなることができます」(20代/女性)

「私の勤めていた披露宴会場は、高校生~20代の若者が中心でした。30代以上の人は社員さんくらいでしたね。バイトを通じてほかの学校の子たちと仲良くなれて楽しかったです」(30代/女性)

高校生や大学生の年代は「よい人と出会いたい」と考えている人が少なくないでしょう。若者が集まるバイトなら、異性のみならず同性とのよい出会いもあり、人脈が広がるのではないでしょうか。

▼チームで業務を行うから異性と話す機会が豊富▼

男女の距離が縮まるきっかけとして重要なポイントが “コミュニケーション” 。ブライダルバイトは協力しながらチームで行う作業が多いので、異性と話す機会が自然と多くなります。それだけ仲良くなるチャンスも多いということではないでしょうか。

一緒にひとつの披露宴をつくり上げれば、バイト仲間と喜びを分かち合えます。自然と異性との距離が縮まっていくでしょう。

結婚式場の求人情報一覧★

▼ブライダルバイトには多職種が集まるため出会いの幅が広い▼

ブライダルバイトには披露宴の表舞台で活躍するホールや司会者だけでなく、ドレスアップ、ヘアメイク、シェフ、音響や照明担当など、数多くの職種の人が集まります。同じバイト先にいながら多職種の人と出会うことができるのは、ブライダルバイトの特徴のひとつです。

こちらの体験談を送ってくれた方は、バイト先の飲み会でさまざまな職種の方と親睦を深める機会があったとのこと。

「私のバイト先は誕生会や忘年会などの飲み会が頻繁で、披露宴のサービススタッフだけでなく、シェフや司会の方、ドレスアップを担当する方々とも親睦を深める機会がありました」(20代/女性)

特別なスキルが必要な専門スタッフは、自分にない知識や世界を教えてくれて、新鮮な出会いになるでしょう。体験談を送ってくれた彼女のように親睦を深める機会があるバイト先なら、よい出会いがあるのではないでしょうか。

以下の記事では、出会いが多いバイトを6つ紹介しています。学生に人気のあるバイトが多数! ぜひ、チェックしてみてください。

恋人がほしい学生必見!出会いが多いバイト6選

未経験者でも挑戦しやすいブライダルバイトの2つの業務

ブライダル会場のコンシェルジュ

ブライダル関連のバイトのうち、

・ブライダルバイトのなかでも求人数が最も多い「ホールスタッフ」
・専門業だけど未経験者歓迎の求人が出ている「音響・照明スタッフ」

の2職種の仕事内容を紹介していきます。

▼コミュニケーションが盛んな「ホールスタッフ」は出会いの宝庫▼

ブライダルバイトのなかでも最も求人数が多いのは「ホールスタッフ」です。

ホールスタッフは、披露宴会場で料理の配膳を行うほか、扉開けやゲストの誘導といったサポートを行います。また、披露宴が始まる前にテーブルクロスや食器、装飾品、フラワーアレンジメントのセッティングなど、会場設営も担当します。

そんなホールスタッフは、ブライダル関連のバイトでもっとも出会いが多いと考えられます。その理由を以下にまとめました。

・スタッフの人数が多い
・派遣スタッフが多いため毎回メンツが異なる
・二人一組の作業など協力して行う業務が多い
・他部署のスタッフと関わる機会がある

必然的にスタッフ同士のコミュニケーションが多くなるので、距離が縮まりやすいでしょう。

結婚式場の求人情報一覧★

▼チームワークが必要な「音響・照明スタッフ」▼

「音楽や照明で感動的な演出をしたい」と考えるカップルは多いです。そこで活躍するのが披露宴の「音響・照明スタッフ」。

入退場やスピーチ中の音楽や照明コントロールは、披露宴では重要な役割です。クリエイティブな業務が中心となるだけに経験者が優遇されることもありますが、未経験から始めて研修を行っている求人もある模様。将来、こういった職種に就きたい人にもオススメです。

タイミングを見てスイッチを押すなどチームワークが必要な仕事なので、バイト仲間との密なコミュニケーションが必要でしょう。専門的なバイトに興味をもった者同士、業務外での会話も弾むのではないでしょうか。

以下の記事では、今回紹介したような定番のバイトや、ちょっと変わったブライダルバイトまで5種の職種を紹介しています。ぜひチェックを!

みんなのブライダル・ウェディングバイト体験集

ブライダルバイトのメリットを紹介

ブライダル会場のスタッフ

ブライダルバイトのメリットについて紹介していきます。実際に応募するかどうか決める際の参考にしてください。

▼きれいな言葉づかいや立ち居振る舞いを身につけられる▼

ブライダルバイトは “披露宴” という晴れの舞台での接客。新郎新婦やゲストの記憶に残る日になるため、接客マナーはもちろん、その場に相応しい言葉づかいや立ち居振る舞いが求められます。

こちらの方はブライダルバイトで身につけられるスキルについて語ってくれました。

「ブライダルバイトではゲストと話す機会が多いため、敬語の使い方や作法が身につきます。また、先輩スタッフと自身の姿勢を比べて、自分が猫背になっていることにも気がつけました」(10代/女性)

きれいな話し方や姿勢は、第一印象をよくします。ブライダルバイトを始めると、プライベートで出会った人にもよい印象を持ってもらえるようになるかもしれません。

結婚式場の求人情報一覧★

▼幸せの場面に立ち会うことができる▼

ブライダルバイトは結婚式や披露宴をサポートする仕事なので、幸せの場面に立ち会えるというのも大きな魅力。たとえ他人であっても、人生の節目の瞬間に立ち会うというのは特別感があります。

新郎新婦の幸せそうな様子やスピーチを聞いて、会場にいるゲストやスタッフと一緒に感動を共有できるのは、ブライダルバイトならではのメリットです。時には、まったく知らない新郎新婦の披露宴で、感動の涙を流すことがあるようですよ!

「スタッフの大半が涙した披露宴が印象に残っています。新婦から両親へメッセージを読み上げている時、あまりの感動にスタッフが代わる代わるバックヤードに戻って涙をぬぐっていました。会が終わったあとに皆で『めっちゃ感動したね!』と感想を言い合いながら会場の片づけをしたのが思い出深いです」(30代/女性)

もっと魅力を知りたい人は、以下の記事でチェックしてみてください。

経験者が語るブライダルバイトの魅力とは?

ブライダルバイトの注意点

ブライダルバイト用のブーケづくり

ブライダルバイトには、いくつか心得ておくべき注意点もあります。実際に採用されてから「こんなはずではなかったのに……」ということが起きないよう確認しておきましょう。

▼ブライダルバイトは体力が必要▼

ブライダルバイトは体力が必要な仕事。華やかな雰囲気とは裏腹に、意外としんどい場面もあるのです。

「ブライダルバイトでは、料理をきれいに盛りつけた皿を片手で3枚持って、もう一方の手で食器を置くスペースをつくらなければなりません。そのため腕に筋肉がつきます。バランスを取りながら作業するから体幹も鍛えられたかも」(20代/女性)

「慣れないパンプスを履いて会場内を歩き回ると、足がパンパンになります。体力に自信のない方には向いてないかもしれない……。私は3ヵ月が限界でした」(10代/女性)

披露宴本番中のほかにも仕事はあります。ホールスタッフなら会場の設営や片づけで、テーブルやイスを運ぶ力仕事も。長時間立ちっぱなしで筋力も必要なバイトです。

多くの人と出会いたいからといってシフトを入れすぎると、体調を崩す可能性があるので注意してくださいね。シフト調整については、以下の記事で詳しく解説しています。

バイトのスムーズなシフト変更・増減方法

▼ブライダルバイトは土日祝日を中心に仕事をする▼

結婚式や披露宴は、休日に行われることがほとんど。そのため、ブライダルバイトも土日祝日中心のシフトになります。「平日にアルバイトをして、休日はゆっくり休もう!」と考えていても、披露宴がない日は働けないということを覚えておきましょう。

はじめから土日連続で勤務するのは、体力面できつい可能性があります。無理してバイトを入れると、よい出会いがあってもデートする余力が残っていないかもしれません。ブライダルバイトを始めるなら、週に1回のシフトからスタートして、慣れてきたら徐々に勤務を増やすことをオススメします。

結婚式場の求人情報一覧★

さいごに

幸せの瞬間に立ち会う体験ができるブライダルバイト。そんなブライダルバイトは、若い世代や多職種の人と出会うことができるバイトといえそうです。

また、身につけた言葉づかいや立ち振る舞いはプライベートシーンでも役に立つでしょう。マナーをわきまえた振る舞いができるようになれば、第一印象がアップしますよ。

ブライダルバイトで多くの人とコミュニケーションをとって、新郎新婦に負けないような素敵な出会いを見つけてくださいね!

次にオススメする記事はこちら。実際にブライダルバイトはきついかどうか、向いているタイプも紹介しています。ぜひ、合わせてご覧ください。

ブライダルバイトはきつい? 経験者の本音をリサーチ

バイト探しは『モッピーバイト』で!

アルバイト探しなら『モッピーバイト』が断然オススメ! モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、お祝いポイントがもらえます。全国各地のさまざまな職種のアルバイト情報を掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

遊園地・結婚式場等施設スタッフの求人情報
取材・撮影・編集等制作スタッフの求人情報
ホテルスタッフの求人情報
リゾートホテル・旅館・ペンションの求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account