バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

 >  >  > 上司に対する不満調査

上司に対する不満調査

◆職場で不満に感じること1位「給与面」、2位「上司・先輩」
◆上司への不満内容1位「人として尊敬できない」(56.9%)
◆上司本人に不満ぶつけたことある人36.0%!方法1位「対面で直接」(87.3%)

調査概要

  • 調査手法:スマートフォンリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:現在就業中の16-49歳の男女(学生アルバイト含める)
  • 調査期間:2013/9/27(金)
  • 有効回答数:869サンプル

職場で不満に感じること1位「給与面」、2位「上司・先輩」

全国の19歳-49歳の就業中(学生アルバイト含める)の男女に「上司に対する不満調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。 「現在の職場に満足しているか」という質問に対し、「満足している」(14.2%)と「やや満足している」(31.3%)の合計が全体の4割を超え、 不満派(不満:9.8%、やや不満:15.1%)よりも満足派が約20ポイント程上回った(図1)。 最近メディアでよく“ブラック企業”が取り上げられているが、当アンケートでは不満派よりも満足派が多かったことから、どこもかしこも不満を抱く職場というわけではなさそうだ。

「現在の職場で不満に感じていること」を具体的に質問したところ、全体1位「給与面」(55.9%)、2位「上司・先輩」(32.6%)、3位「仕事内容」(27.8%)という結果となった(図2)。 アベノミクスの恩恵を受け給与アップしている企業はごくわずかなのだろう。今後の物価上昇が予想される中、給与が微々も変わらないとすれば「給与面」が不満1位に選択されるのも納得だ。 選択項目のうち、人間関係項目では「上司・先輩」、「同僚」、「部下・後輩」を設けたが、「上司・先輩」が最も多く選択され全体2位に輝いた。 上司に対し「倍返しだ」と物申すドラマが今年大ヒットしたのも、ドラマの主人公に感情移入することによって、積りに積もった上司への不満を発散する人が多いことが背景にあったのかもしれない。

【図1】現在の職場に満足しているか(単純集計) 【図2】現在の職場で不満に感じていること(単純集計)

上司への不満内容1位「人として尊敬できない」(56.9%)

全国の19歳-49歳の就業中(学生アルバイト含める)の男女に「上司に対する不満調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。 上司へ不満があると回答した283人に具体的な「上司への不満内容」を質問したところ、「人として尊敬できない」(56.9%)が全体1位に選ばれた(図3)。 2位「業務に関する指示・命令が不明確」(46.3%)、3位「感情的に怒ることが多い」(33.9%)が続き、 2位以降の各項目の不満が合わさった結果が、1位の「人として尊敬できない」という結論に至るのだろう。 仕事ぶりがどんなに素晴らしい上司でも、人として尊敬されるような人徳がなければ部下からの指示を得ることは難しそうだ。

年代別に比較すると、他年代よりも30代の票が集中した項目は「情報共有をしない」(10代:22.5%、20代:28.6%、30代:51.6%、40代:26.3%)であった(図4)。 30代ともなれば、自身が部下であり上司という立場に置かれる人も少なくないのだろう。多方面と連携をとることが多い分、他年代に比べ情報共有について敏感になるのかもしれない。

【図3】上司への不満内容(単純集計) 【図4】上司への不満内容(年代別集計)

上司本人に不満ぶつけたことある人36.0%!方法1位「対面で直接」(87.3%)

全国の19歳-49歳の就業中(学生アルバイト含める)の男女に「上司に対する不満調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。 上司へ不満があると回答した283人に「上司本人に不満をぶつけたことがあるか」という質問をしたところ、「ある」と答えたのは全体36.0%にとどまり、「ない」(64.0%)が半数を上回った(図5)。 年代別に比較すると、「ある」(10代:18.8%、20代:34.5%、30代:51.6%、40代:45.6%)と答えたのは若年層よりも30代・40代の方が多く該当した。 「上司へ不満をぶつけなかった理由」を質問したところ、「気まずくなるのが嫌だから」(56.4%)が全体で最も多く、「適切に解決されると思わないから」(42.5%)といった諦めの項目が2位に選択された(図6)。

上司本人に不満をぶつけたことがあると答えた102名に、「上司へ不満をどのようにぶつけたか」を質問したところ「対面で直接伝えた」(87.3%)が全体1位であった(図7)。 2位「第三者を通して間接的に伝えた」(16.7%)より約70ポイント多い事からも、不満をぶつけると決めた際には、覚悟を決めて直接物申す人がほとんどであることが判明した。 直接伝えるか間接的に伝えるか方法は異なっても、伝わった後に結局気まずくなるのなら、潔く直接不満を伝えた方が後味が良いのかもしれない。 口では何とでも言えるが、上司に不満があった際いざ対面で直接伝えられるかどうか躊躇するのも無理はない。あなたは上司に直接、不満を伝えることができますか?

【図5】上司本人に不満をぶつけたことがあるか(単純集計) 【図6】上司へ不満をぶつけなかった理由(単純集計) 【図7】上司へ不満をどのようにぶつけたか(単純集計)

調査項目

  • 1.性別を選択してください(SA)
  • 2.年代を選択してください(SA)
  • 3.就業経験を教えてください(SA)
  • 4.現在の職場に満足していますか(SA)
  • 5.今の職場で不満に感じていることを選択してください(MA)
  • 6.上司・先輩への不満内容を教えてください(MA)
  • 7.上司・先輩本人に不満をぶつけたことはありますか(SA)
  • 8.上司・先輩へ不満をどのようにぶつけましたか(MA)
  • 9.上司・先輩へ不満をぶつけなかった理由を選択してください(MA)

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account