バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > 個人経営の居酒屋バイトの探し方3選

個人経営の居酒屋でバイトしたい人必見! 求人情報の探し方3選

 個人経営の居酒屋バイトの探し方3選

個人経営の居酒屋バイトに憧れていませんか? この記事では、個人経営をしている居酒屋のバイト求人の探し方やチェーン店との働き方の違いをわかりやすく解説。実際に働いていた人たちの体験談も紹介していきます。興味がある人は要チェック!

個人経営の居酒屋でバイトする時は、どうやって求人情報を探せばよいのでしょうか? チェーンの居酒屋と異なり公式ホームページが存在しないケースが多く、求人情報の入手方法がわからないという人も少なくないでしょう。

この記事では、個人経営の居酒屋バイトの探し方やチェーン店との働き方の違いを経験者の声を交えてわかりやすく解説していきます。個人経営ならではの特徴とあなたの希望がマッチしていれば、長く快適に続けられるアルバイトになるかもしれません。

【目次】
1. 個人経営の居酒屋バイトの探し方3選
2. 個人経営の居酒屋とチェーン店の違い
3. 割増賃金やまかないに期待! 居酒屋バイトの魅力
4. さいごに

個人経営の居酒屋バイトの探し方3選

居酒屋の赤ちょうちん

個人経営の居酒屋バイトを探すなら、次のような方法を取り入れてみましょう。

▼探し方① 店にある張り紙をチェック▼

個人経営の場合、求人誌やアルバイト情報サイトで募集せず、店内に求人のお知らせを貼っているケースがあります。「求人にかかるコストを少しでも抑えたい」という場合に有効な手段だからです。

気になる居酒屋があるならその店内の、

●出入り口
●会計コーナー
●洗面所
●客席

に求人募集のお知らせがないかチェックしてみてください。

求人情報を見つけたら、その場で面接を申し込むのではなく、いったん自宅に戻ってから電話で連絡しましょう。営業中に突然声をかけると迷惑になるからです。

こちらの記事もチェック!
バイトの応募先へ電話する時間帯! 業種別つながりやすい時間一覧

▼探し方② 友人からの紹介▼

カフェで雑談

友人や知人が個人経営の居酒屋でバイトしている、過去にしていたという場合、紹介してもらえる可能性があります。人手が不足していれば、「働きたいといっている人がいる」と店長に話しを通してもらえるでしょう。

友人の紹介ならば、応募する前にスタッフ目線での評判を確認できます。店長はどんな人か、バイト先の人間関係は良好かなど、実際に働いてみないとわからない情報が応募前に仕入れられますよ。

また知り合いのなかにそういった人がいない場合でも、周囲に「個人経営の居酒屋でバイトしたい」という気持ちを話しておけば、友人の友人から声をかけてもらえるかもしれません。自分の思いを周りの人に話してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もチェック!
ネット以外でのバイトの探し方ガイド

▼探し方③ アルバイト求人情報サイトを活用▼

先ほど「個人経営の店は求人サイトに情報を出していないケースがある」と述べましたが、まったくないわけではありません。多くの求人サイトには「フリーワード検索」という機能があるので、そちらに「個人経営 居酒屋」と入力して、情報を探してみましょう。

求人サイトには時給や募集条件などが細かく記載されているため、あなたの希望とマッチしているか見極めやすいでしょう。

居酒屋バイトの求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

自由な雰囲気がウリ! 個人経営の居酒屋とチェーン店の違い

居酒屋スタッフ

個人経営の居酒屋とチェーン店との働き方の違いを、CareerGrooveを運営するアルバイト情報サイト『モッピーバイト』 に届いた経験者の声を交えつつ紹介していきます。

▼個人経営の居酒屋はチェーン店より自由に働けるという声も▼

個人経営の居酒屋は店長の決めごとが店のルール。働くうちに新しいルールが追加されたり、個性的な規則があったりするケースは珍しくありません。型に捕らわれない自由な印象ですよね。いくつかの体験談からも、自由に働ける風潮があるように見受けられました。

「個人経営だからお客さんとの距離が近く、自分なりの接客ができます。これこそ個人経営の居酒屋で働く魅力であり、やりがいにつながっています」(20代/女性)

「個人経営の居酒屋でホールスタッフをしていました。暇な時は常連さんの話し相手をしたり、ほかの店をのぞきに行ったり、終業時間を迎える前に帰宅することも。とにかく自由でした」(20代/女性)

個人経営の居酒屋バイトは、自分らしく働きたいという人に合っているのではないでしょうか。型のない接客スキルを身につけられて、臨機応変な対応ができるようになりそうですね。

一方で、自由すぎて困るケースもあるようです。

「私が働いていた居酒屋は個人経営だからか “ゆるすぎ” と感じることがチラホラ……。バイトに行ったのに『今日は休んでいいよ』と言われて働かずに帰ったことも。わざわざ電車で行ったのに……と困ったことが何度もありました」(10代/女性)

出勤したにも関わらず急遽休みにされては、予定が狂うだけでなく準備や移動に費やした時間と交通費が無駄になってしまいます。“個人経営あるある” ではないでしょうが、注意が必要そうですね。

居酒屋バイトの求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

▼身だしなみ規則はチェーン店のほうが厳しい▼

チェーン展開している居酒屋は、社員やアルバイトに関して一定の規律や基準を設けています。そのため、服装やヘアスタイルについて厳しい指定があることも。一般的な居酒屋チェーン店の身だしなみルールには、次のようなものが挙げられます。

居酒屋チェーンでみられる身だしなみ規則

●ピアス禁止
●ネイルはワンカラーまで など

ピアスやネイルに付いている装飾が客へ提供する料理へ混入しては大変。異物が混入した店舗だけでなく、全国に展開する店の評判に影響する恐れがあります。そのため、業務中に外れる可能性があるピアスなどは禁止されているケースがあるのです。

一方の個人経営の居酒屋では、身だしなみに関する規制をしていないところがあります。こちらの女性はルールがゆるい居酒屋でバイトしていた経験を語ってくれました。

「10代のころバイトしていた個人経営の居酒屋では、じゃらじゃらとピアスを付けていても注意されませんでした。今思えば飲食店らしからぬ格好だったので、いくらルールがないからといっても自重しておくべきだったと反省しています」(30代/女性)

身だしなみに関するルールがないからといって、料理や飲み物を提供するうえで不潔な印象を与える格好は控えたほうがよいでしょう。特に無精ヒゲ、過度なネイル、ベタベタの髪などは飲食店スタッフの身だしなみとして相応しくありません。接客するうえで守るべき最低限のマナーからは逸脱しないよう注意しましょう。

こちらの記事もチェック!
バイトで好感を与えられるナチュラルメイク術

▼マニュアルがないからこそ対応力が身につく!▼

ビールを運ぶ居酒屋スタッフ

チェーン展開の居酒屋では新人バイトの指導に関してマニュアルが用意されているケースが多く、どこの支店でも等しい教育を受けられます。居酒屋を運営する企業やグループによってバイトの育成マニュアルが異なりますが、接客マナーや飲食店としてのルールなど、基本的な項目は共通する点が多いでしょう。バイト先をほかの居酒屋に変えたとしても応用できるマナーが身につけられます。

一方で個人経営の居酒屋は指導マニュアルを用意していないケースが多いようです。新人でも自分なりの最善な言動を考えながら働くスタイルの職場では、さまざまな状況へ柔軟に対応できるスキルが身につくでしょう。

「個人経営だからかマニュアルがありませんでした。何をやればよいのか毎回尋ねていては仕事にならないので、何をしたら効率がよくなるか、何を優先すべきなのか、積極的に考えて行動しなければなりません。経験を重ねるうちに臨機応変な対応ができるようになったと思います」(20代/男性)

「スタッフが少なく常連が多い店でお客さんに嫌われてしまうと居心地が悪くなります。円滑に働ける環境をつくるために、常連さんの好きなメニューや話題を覚える努力をしました。その経験から “ご機嫌取り” がうまくなったと思います」(20代/女性)

効率よく動くために考えることやコミュニケーション能力は社会人になっても役に立つスキルです。今後就職活動を控えている大学生にとっても、獲得したい能力ではないでしょうか。

居酒屋バイトの求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

割増賃金やまかないに期待! 居酒屋バイトの魅力

この章では居酒屋バイトならではの魅力を紹介していきます。

▼深夜割増に期待! 効率よく稼げる▼

居酒屋は22:00以降まで営業している店が多いです。22:00以降の勤務は、基本時給より25%以上割増すると定められています。以下は厚生労働省が公開している深夜の割増賃金についての一文です。

深夜業とは、22:00~翌5:00までの間に労働させることをいいます。深夜業に対する割増賃金は2割5分以上となります。

※読みやすさのため一部表記を変更しております。

参考:厚生労働省「法定労働時間と割増賃金について教えてください

深夜の居酒屋バイトは時給がアップするという魅力があります。短時間で効率よく稼ぐことができますね。ちなみに深夜の割増賃金が発生する条件には、チェーン店と個人経営の居酒屋による違いはありません。

こちらの記事もチェック!
深夜シフトのコンビニバイトって楽なの?

居酒屋バイトの求人情報一覧★
※リンク先は、アルバイト情報サイト『モッピーバイト』における「東京都」での求人情報です。条件を変更すればほかの都道府県も選べます。

▼一人暮らしの人にはありがたい “まかない” ▼

居酒屋のフードメニュー

個人経営の居酒屋では無料でまかないを提供してくれる店も。タダとなるとそれ以上に嬉しい特典はありません。1回分の食費を節約できますね。

夕方からのシフトなら勤務前に、深夜までのシフトならバイト終了後にまかないを提供してもらえるケースがあります。いずれにせよ食事休憩は、忙しい時間帯を外した時に取れるでしょう。

こちらの記事もチェック!
飲食店バイトはきつい? 居酒屋は大変だけどメリットたくさん

さいごに

個人経営の居酒屋バイトの探し方やチェーン店との働き方の違いを紹介してきました。

気になる居酒屋がある人は、直接足を運んで求人募集のお知らせがないか張り紙をチェック。まだ働きたい店の目星をつけていない人は友人にバイト募集している店を知らないか聞いてみるとよいでしょう。あなたの希望にマッチしたバイト先を見つけてくださいね!

次にオススメする記事はこちらです。個人経営のカフェバイトの特徴やチェーン店との違いについてまとめました。ぜひ、ご一読ください!

個人経営のカフェバイトの探し方! チェーン店との働き方の違い

バイト探しは『モッピーバイト』で!

アルバイト探しなら『モッピーバイト』が断然オススメ! モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、お祝いポイントがもらえます。全国各地のさまざまな職種のアルバイト情報を掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

居酒屋の求人情報
高校生OKの求人情報
学生歓迎の求人情報
フリーター歓迎の求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account