バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

バイト・アルバイトはモッピーバイト > Career Groove > 情報満載♪バイトコラム&調査 > 個人経営カフェバイトの探し方とチェーン店との違い

個人経営のカフェバイトの探し方! チェーン店との働き方の違い

 個人経営カフェバイトの探し方とチェーン店との違い

個人経営のカフェは、オーナーのこだわりが詰まった個性的かつ癒しの空間。ゆったりとした雰囲気とコーヒーの香りが漂うなかでのバイトは、品出しやレジ打ちに追われるバイトとは違った魅力があります。

この記事では “個人経営のカフェ” に焦点をあてました。以下3つのトピックを紹介していきます。

1. 個人経営カフェの特徴
2. 個人経営のカフェとチェーン店の違い
3. 個人経営のカフェ求人の探し方

「個人経営のカフェでバイトしたいけど求人が見つからない……」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

個人で経営しているカフェの特徴

こだわりのコーヒーをいただく

個人経営のカフェとは、企業が複数の店舗を運営するチェーン店とは異なり、個人オーナーの管理・運営のもと経営されるカフェをいいます。提供するメニューやサービスは店舗独自のもの。至る所にオーナーの好みが大きく影響しています。

そんな個人経営のカフェには、一体どのような特徴や魅力があるのでしょうか。

▼個人経営のカフェは個性的な雰囲気が特徴▼

個人経営のカフェには個性的な雰囲気があります。チェーン店のように大衆受けする空間というより、オーナーの個性が光る店ごとの “カラー” があるためでしょう。

集まる客はその雰囲気に惹かれて入店するため、一人あたりの滞在時間が長くなる傾向があります。

▼常連客が多め! 地元民に愛される地域密着型カフェ▼

個人経営のカフェは、チェーン店にはない個性的なメニューやその店ならではの空気感があります。店のファンになった人は常連客として頻繁に足を運んでくれるため、働くなかでなじみの客ができることもあるでしょう。

都心や郊外など地域によって客足は異なりますが、いずれも地域密着型で地元の人に愛されるよう努めている店がほとんど。地域に長く根づく店ほど常連客が多いため、顔やドリンクの好みを覚えて接客に活かしていく必要があります。

人と話すことが好き、感謝されるような接客がしたい、人の名前や顔を覚えるのが得意という方は、楽しみながらアルバイトできるでしがょう。

個人経営とチェーン店のカフェでバイトする際の違い

カフェのメニューボード

ひと口にカフェといっても、個人経営のカフェとチェーン店では業務のやり方や店内の雰囲気に大きな違いがあります。カフェバイトを検討している人は、どちらがより自分に適しているか判断するためにも、次のポイントを参考にしてみてください。

▼個人経営のカフェにはマニュアルがない傾向▼

個人経営のカフェには業務マニュアルがない場合が多く、仕事や接客のやり方が比較的自由です。店長が認めてくれれば、あなたがよいと思う働き方でかまいません。

個人経営のカフェでは、スタッフ一人ひとりが最善と思える対応を考えて、臨機応変に行動する必要があります。考えながら成長していくため、その店のスペシャリストになれるでしょう。のびのびと働きたい人には個人経営のカフェがおすすめです。

一方、チェーン店では複数ある店のイメージを統一するため、さまざまな業務がマニュアル化されています。スタッフ皆が同じ接客をできるので、時にはほかの店舗へヘルプに行くことも。マニュアルやルールといった道しるべを用意されているほうが安心して働けるという人には、チェーン店のカフェが合っています。

以下の記事を読めばイメージが、より具体的にイメージがふくらむのではないでしょうか。実際にカフェへ行って、アルバイトについて伺ってきました!

こちらをチェック!
やすらぎ与える「喫茶室ルノアール」の空間づくり&接客術
「エクセルシオールカフェ」で働く魅力

▼個人経営とチェーン店では忙しさが違う▼

個人経営のカフェはチェーン店と比べると客の出入りが少なく、落ち着いて働ける傾向があります。利用客がゆったり過ごすためには、店員自身が心にゆとりを持っていなければなりません。コーヒーを淹れる動作でさえ、落ち着いた空間を演出する大切なエッセンスになるのではないでしょうか。

一方のチェーン店は人通りが多い場所に位置しているため、利用者が多く回転率も速い傾向があります。一日を通して仕事量が多いため、あっという間に時間が過ぎる感覚になるかもしれません。通勤時間や休日のピークタイムは目が回るような忙しさが予想されます。

個人経営カフェのバイトの探し方

カフェカウンター

チェーン店と比べると、個人経営カフェの求人情報は少ない傾向があります。バイト情報を見つけるには、どのような探し方が最適なのでしょうか。

▼気になる店に足を運んでチラシを探す▼

バイト情報を探すために直接店へ足を運ぶのは、古典的かつ有効な方法。店の出入口付近やレジまわり、手洗いなどに注目してみてください。「アルバイト募集中!」というチラシが貼ってある可能性があります。気になる店があれば積極的にチェックしてみましょう。

また、地域密着型の店なら、商店街や公民館など地元住民が目にしやすい施設の掲示板に求人情報を掲載しているケースもあります。

スタッフ募集のチラシを見つけたら、その場で店長へ声をかけるのではなく、応募方法と採用担当者名をメモして、自宅へ戻りましょう。営業中にとつぜん声をかけると、迷惑になる場合も考えられるからです。

こちらもチェック!
バイト応募する際のベストな電話時間を解説

▼気になる店のSNSをチェック▼

気になるカフェのSNSをチェックする

求人募集の知らせを店のSNSに掲載するケースが増えています。気になる店のSNSアカウントを探してみましょう。求人情報を幅広く探したいという場合は、フリーワードやハッシュタグ検索をしてみるのもおすすめです。

この探し方ならSNSの投稿で店の雰囲気や評判、オーナーの人柄なども知ることができて一石二鳥ですね。

DMで応募するならこちらもチェック!
バイト応募時のメールマナーを例文付きでレクチャー

▼アルバイト求人サイトから探す▼

カフェのホールスタッフバイト

アルバイトの求人サイトにはさまざまな企業が求人情報を出しており、個人経営のカフェが募集を出していることもあります。エリア別、時給別などで条件を指定して探せるため、幅広く求人検索ができるでしょう。

ただし、個人経営の店が求人サイトを利用しているケースは稀です。また、チェーン店と比べると募集している人数が少ないため、すぐに締め切ってしまう可能性があります。求人サイトで見つかる個人経営のカフェはレアなので、応募するかどうかの決断は早めにしましょう。

さいごに

個人経営のカフェバイトの探し方や特徴を解説してきました。いかがでしたか?

気になる個人経営カフェを見つけたら客として店を訪れたり、SNSをチェックしたりして、バイト情報を探してみてください。求人サイトも利用すると、幅広いエリアで個人経営カフェのバイト情報を見つけられるかもしれません。

実際にバイト情報を見つけたら、さっそく面接を申し込みましょう! 次の記事では、カフェバイトの面接対策を紹介。着ていく服の選び方や、面接中の表情、挨拶、面接官との受け答えといったカフェバイトに採用されるためのアレコレを学べます。

【必勝法】人気のカフェバイトの面接対策★ 初めての面接もこれでバッチリ!

バイト探しは『モッピーバイト』で!

アルバイト探しなら『モッピーバイト』が断然オススメ! モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、お祝いポイントがもらえます。全国各地のさまざまな職種のアルバイト情報を掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

カフェバイトの求人情報
居酒屋・ダイニングバーの求人情報
ホールスタッフの求人情報
接客スキルが身につくバイトの求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account