バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > 副業におすすめのバイトと始める際の注意点

副業におすすめのバイトや注意点、もう少し稼ぎたい時に

 副業におすすめのバイトと始める際の注意点

毎月の給料明細を見てため息をついていませんか? 「もう少し稼ぎたい」「本業と両立できる副業があったらやりたい」と考えている人に、副業を始める際の注意点やおすすめのバイトを紹介していきます。

「空き時間に副業しようかな」

収入アップのために副業を考える人は多いと思います。働き方改革も進み、副業を認める企業も増えてきました。しかし、副業の “ルール” を守らなければ、本業を解雇になる恐れがあることをご存知でしたか?

この記事では、

・副業のメリット
・副業を始める際の注意点
・体力を使わないおすすめの副業
・コミュニケーション能力のアップが見込める副業

を紹介していきます。

すべて読み終わるころには、副業を始めるか否か、やるとしたらどういった業種で働くかを決められるようになりますよ!

副業とはどんな働き方? メリットも含めて解説

はじめに、「副業とは何か」「どういったメリットがあるか」を、わかりやすく解説していきます。

▼副業とは本業以外でも仕事を行うこと▼

副業とは、本業の就業時間外に別の仕事をすることを指します。

これまでは多くの企業で副業を禁止していましたが、働き方改革が進められた現在では副業を認めている企業が目立つようになりました。正社員として勤務していても、休日や空き時間を利用して別の仕事に携わっている人が増えているのではないでしょうか。

Q:副業とダブルワークの違いはなんですか?
A:副業とダブルワークの違いは “明確な本業があるか否か” と考えてよいでしょう。ダブルワークとは一般的に、本業としている仕事がない状態で掛け持ちして働いている状態を指します。つまり、働いているどちらの企業でも正社員ではなく、アルバイトスタッフとして掛け持ちしている状態です。

ダブルワークをしたい人は、こちらの記事もチェック!

バイトを掛け持ちするならスケジュール&体調管理が重要

▼副業すると3つのメリットが!▼

副業としてバイトをすることには、大きくわけて3点のメリットがあります。

1. 所得の増加が期待できる
2. ひとつの会社で働いているよりも視野が広がる
3. 副業を通じて新たなスキルや知識を得られる

収入アップはもちろんのこと、ひとつの仕事で働くより広い視野と知識を得ることができます。本業でも活きる新たなスキルを習得できるかもしれません。社会人として多くの経験を積むことができるでしょう。

副業を始める際の3つの注意点

副業の始め方を考える

この章では、副業をするうえで心得ておかなければならない3つの注意点を解説します。

▼会社に副業がバレると解雇もあり得る▼

正社員として勤務している会社が副業を禁止している場合、別の仕事をしていることがバレると解雇になる恐れがあります。特に、以下のような副業をするとトラブルになる可能性が高いので控えましょう。

●長時間労働や肉体労働など、体力面で本業に支障をきたす副業
●本業として勤める企業のイメージを落とす副業
●競合他社で働き、本業として勤める企業の利益を害する副業

就業規則で禁止されていなくても、上記のような副業はトラブルの元。副業は本業とのバランスを考えて取りくまなければなりません。始める際は、上記に当てはまらない仕事であるか十分に確認しましょう。

まずは、本業で務めている企業の就業規則にしっかりと目を通して、副業が禁止であるか否かをチェックしてください。

▼副業の所得が年間20万円を超えると確定申告が必要▼

副業で年間20万円を超える所得がある場合は、確定申告をする必要があります。1月1日~12月31日までの期間で20万円を超える所得を得たら、翌年の2月16日~3月15日の期間内に申告をしましょう。

副業として働いている企業で源泉徴収をされていれば、税金が戻ってくる可能性もあります。されていなければ納税しなければなりません。

確定申告は税務署の窓口や、インターネット上にある国税庁の「確定申告作成コーナー」で行えます。申告しなければ脱税にあたる恐れもあるので、年末にはかならず所得の計算をしましょう。

こちらの記事もチェック!

バイトの税金は月収いくらでかかるか検証! 損しない方法を伝授

▼無理をしすぎると体を壊してしまうかも……▼

副業を始めようという人に気をつけてほしいことは、無理をしすぎないペースで働くことです。副業をするというのは、本業に加えて別の仕事もするということ。確実に労働時間が増えます。無理がたたると体を壊すということも考えられるでしょう。

最初から毎週の休日を副業にあてるのではなく、無理しなくてもよいように月に1~2度ほどのペースで始めることをおすすめします。

副業としておすすめの体力を使わないバイト2選

副業にオススメの採点バイト

副業としておすすめなのは、それほど体力を使わずにできるバイトです。身体的な負担が軽いため、本業に支障をきたす恐れが少なくて済みます。

▼「採点・添削」のバイトなら在宅での副業ができる▼

在宅で働ける「採点・添削」のバイトなら、

・座りながら働ける
・移動にかかる時間や体力を使わない
・自分の生活スタイルに合わせられる

といった点から、体力面で本業への負担が少ないと考えられます。

採点のバイトは、回答を元に正解・不正解を判断する仕事。ただし、丸やバツを付けるだけではありません。正解にいたるまでの解き方を理解して正確に配点しなければならないし、時にはコメントを付け加えることもあります。

添削のバイトは、作文や小論文などの文章を、書き加えたり削ったりして修正する仕事です。決まった正解はありませんが、適切な語句を使っているか、テーマに沿っているか、ポイントを押さえているかなどをチェックしなければなりません。

採点や添削のバイトは、用意されたマニュアルに沿って作業を行えば、初心者でも難しくありません。在宅でも仕事が可能なので、副業として人気があります。

こちらの記事もチェック!

未経験OK? 短期や在宅の求人も見つかる、採点・添削バイトの難易度&応募資格とは

▼短期・単発のバイトが多い「試験監督」▼

次におすすめするのは「試験監督」のバイトです。

・短期や単発の求人が見つけやすい
・土日を利用して働ける
・未経験者OKの求人が多い

といった理由が、副業としておすすめできる点です。「空いている日だけ副業したい」という人にもピッタリですね。

試験監督のバイトの主な業務は以下の3つ。

①テスト用紙の配布や説明
試験内容の説明や、問題・答案用紙の配布、試験開始・終了の合図を行います。受験生にスムーズに試験を受けてもらうための大切な業務です。

②会場内の見回り
試験中に会場内を見回り、受験者が不正行為を行っていないかチェックします。途中で具合が悪くなった受験生がいれば、声をかけてサポートするのも業務のうちです。

③試験会場の設営
バイトスタッフは、試験会場の設営も行うこともあります。机やいすを並べたり、掲示物を貼ったりといった作業で、体力を使う場面もあるかもしれません。

求人案件によって、仕事内容に差があります。副業としてバイトするなら求人情報によく目を通して、体力を使うことが少ないような案件を選びましょう。

こちらの記事もチェック!

楽だと思っていたのに!? 短期・単発の試験監督バイト実状まとめ

コミュニケーション能力を向上したい人におすすめの副業2選

コールセンターのオペレーター

「副業を通してコミュニケーション能力を向上させたい」という人におすすめのバイトを紹介します。コミュ力は、高いことに越したことはありません。本業やプライベートでも役立つスキルになるかもしれませんよ。

▼副業として人気な「コールセンター」のバイト▼

コミュニケーション能力を高めたいという人におすすめするのが「コールセンター」のバイトです。電話応対をする仕事なので、必然的にコミュニケーション能力がアップ。電話の受け方や敬語の使い方などのビジネスマナーも身につけられますよ。

ひと口にコールセンターといっても、多様な業界や担当部署があり、それぞれで得られる知識やスキルが異なります。たとえば、クレジットカード会社のコールセンターで働けば、自分にあったカードや、ポイント還元率が高くなる使い方など、プライベートでも役立つ知識を得られるでしょう。また、クレーム処理を担当すれば、とっさの対応力や何をいわれても動じない忍耐力が身につきます。

シフトの融通がつきやすい求人案件が多い傾向があるため、本業とのバランスが取りやすいバイトが見つかるでしょう。

こちらの記事もチェック!

コールセンターのバイトで学べる7つのスキル

▼プレゼン能力も養われる「塾講師」のバイト▼

「塾講師」はコミュニケーション能力だけでなく、生徒たちに勉強を教えることでプレゼン能力も高められるバイトです。授業は決められた時間内で展開しなければならないため、簡潔にわかりやすく伝える力が鍛えられます。本業でプレゼンをしなければならない場面があれば、塾講師のバイトで養った解説力が役立つでしょう。

ただし、塾講師のバイトは教壇に立つことだけが仕事ではありません。授業の前後に準備や振り返りといった時間も設ける必要があります。「1コマ90分ほどならラクだろう」と甘く見てはいけないのです。

また、個別・集団指導のどちらを受けもつかでも教え方が異なります。自分に向いている働き方ができる塾を見極めることも大切です。

こちらの記事もチェック!

意外とハードな塾講師バイト。それでも「先生をしていて良かった!」と感動できる瞬間とは?

さいごに

副業を始める際の注意点やおすすめのバイトを紹介しました。ここで改めて、注意点をおさらいしましょう。

・副業をすることで本業を解雇になる恐れもあるため、就業規則の確認や仕事選びを慎重に
・副業で年間20万円を超える所得があれば、自分で確定申告を行う
・無理のないペースで働くことが大切

実際に副業探しをする時は、本業とのバランスが取りやすいバイトを見つけてくださいね。

副業・ダブルワークは「給料日払い・週払いの単発バイト」から始めるのもおすすめです。以下の記事に「日払い・週払いのバイト」についてまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

日払い・週払いのバイトで金欠対策!誰でもできるオススメ単発バイト3選

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account