バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > 印刷した履歴書でも問題ないバイト応募先

バイトの履歴書は印刷or手書き? パソコンで作成する時の注意点

 印刷した履歴書でも問題ないバイト応募先

この記事では、あなたが応募したバイト先が印刷or手書きした履歴書のどちらが相応しいかわかります。また、履歴書を印刷する際の用紙・フォントの選び方や注意点も解説。パソコンで作成した履歴書ならではのマナーを守りましょう!

「バイトの履歴書をパソコンで作成したいけど、手抜きだと思われないかな?」と印刷or手書きで迷う人は少なくありません。近年ではパソコンで作成した履歴書を受け入れているバイト先が増えています。とはいえ、根強い “手書き派” の企業があるのも事実。

この記事では、バイト先に渡す履歴書は印刷か手書きのどちらにするべきか、判断基準を伝授していきます。応募先によってどちらを選択するか決めましょう。また、印刷する際に使用する用紙・フォントの選び方や、パソコンでデータを作成する際の注意点も解説していきます。ぜひ参考にしてください。

あなたが応募したバイト先は手書き派かパソコン派かジャッジ

入社者と退職者

バイト先に渡す履歴書は手書きか印刷か――。それは、応募先によって異なるケースがあります。手書き派/パソコン派の傾向があるバイトを知っておけば、どちらで作成するか悩まずに済むでしょう!

▼今は印刷した履歴書でも受け入れられる傾向! でも迷ったら手書き▼

以前は「履歴書は手書きでなければならない」という意見が一般的でした。しかし、2019年2月現在は「どちらでもかまわない」という意見が増え、手書き推奨の意見が減ってきているようです。

とはいえ、なかには「手書きの履歴書が見たい」という企業もあります。具体的にどのようなところが手書きの履歴書を好んでいるかというと、学習塾や事務職などがあげられるでしょう。判断基準は “文字を書く業務があるかどうか” です。

たとえば学習塾の講師は、ホワイトボードを使って解説したり、テストにコメントを入れながら採点したりといった業務があります。あまりに字が汚い人は書いた内容が伝わりづらいですよね。そのため読みやすい字を書ける人が好まれる傾向があります。

また、採用担当者のなかには「手書きのだと人柄が伝わる」と考える方も。そういった担当者の場合、手書きで丁寧に作成した履歴書のほうがよい印象を残せるでしょう。

あなたが応募するバイト先は手書きか印刷、どちらがよいか――。迷った時には手書きをオススメします。

▼印刷した履歴書でも問題ない応募先▼

あなたが応募したバイト先は印刷した履歴書でもよいかどうか、“応募先” と “履歴書作成にあてられる時間” を考慮して判断してください。

『ハローワークインターネットサービス』が公開している資料によると、一般的に以下のような企業へ応募した際は、パソコンで作成した履歴書で問題ないとしています。

●ホームページなどからエントリー可能な企業
●IT関連の企業
●外資系企業

参考:ハローワークインターネットサービス「履歴書の作成の基本

現在はWeb応募できる求人が増えていますよね。企業のホームページに求人情報を公開しており、応募フォームが設けられているかどうか――という判断基準で、パソコン作成の履歴書にするかどうかを決めてよいかもしれません。

また、履歴書を作成する時間を考慮して選択する方法もあります。たとえば、応募の翌日に面接をするなど履歴書作成にあてられる時間が極端に少ない場合は、パソコンで作成したものでも問題ありません。焦って手書きで作成し、見栄えが悪かったり誤字脱字があったりするよりも、印刷した履歴書のほうが読みやすいからです。

反対に紹介した条件以外の場合は、手書きで履歴書を作成したほうが無難といえます。応募したバイト先が上のリスト(枠内にある3つ)に当てはまらない、履歴書作成の時間を十分に取れるという人は手書きにしてください。

【パソコン作成】履歴書で使うフォントと用紙の選び方

ノートとパソコンとスマホ

パソコンで履歴書を作成する時、フォントや用紙選びはとても大切。基本的なマナーを守らずに作成すると、“非常識” や “パソコン技術が乏しい” といったマイナスイメージを与えます。適切なフォントと用紙を使って、読みやすい履歴書を作成しましょう!

▼フォントの書体やサイズは統一すること!▼

履歴書のデータを作成する際、使用するフォントの書体やサイズは統一してください。ひとつの履歴書でさまざまなフォントを使用していると、まとまりがなく読みづらい印象になります。特に業務でパソコンを使用するバイト先では、“パソコン技術が乏しい” とマイナスイメージを与えるでしょう。

また、ポップな書体は避けなければなりません。履歴書に相応しくない印象があり、“非常識な人” と思われる可能性があります。オススメの書体と文字の大きさは以下の通りです。

おすすめのフォント

書体
明朝体、またはMS Pゴシック
大きさ
10.5~11pt

上記のフォントで統一すれば、見栄えがよい履歴書になるでしょう。行間は読みやすいように適度に取ってください。

▼JIS規格にそった専門用紙で印刷すること!▼

履歴書を印刷する際は用紙選びを適当に行ってはいけません。一般的なコピー用紙を使うと、履歴書にしては厚みがなくペラペラな印象になります。

おすすめの用紙

種類
JIS規格にそった専門用紙、または厚みがある上質紙
サイズ
A4

履歴書を印刷する際はJIS規格にそった専門用紙を使用してください。サイズはA4が無難です。インクジェットプリンター用の履歴書を使えば、家庭のプリンターでも難なく印刷できるでしょう。ネット販売もしており200~400円台で購入できます。
⇒一例:Amazon『日本法令 履歴書 JIS規格 説明書付 A4 履歴書用紙4枚・シール付封筒3枚・職務経歴書3枚

用紙をJIS規格にする際はデータの様式も合わせてください。JIS規格の履歴書様式は『ハローワークインターネットサービス』でダウンロードできますよ。
⇒ハローワークインターネットサービス「JIS規格履歴書様式例

どうしても専門用紙が用意できない場合は、ある程度厚みがある上質紙を使用してください。

こちらもチェック!
履歴書に適した用紙や写真、封筒サイズの選び方

▼証明写真を一緒に印刷してはいけない▼

履歴書を印刷する際は、写真データを一緒につけて印刷してはいけません。証明写真は別で用意し、履歴書に糊づけしましょう。

証明写真の裏面には、撮影日と氏名を記載します。そして履歴書の内容にミスがないか確認したうえで、傾かないように丁寧に貼ります。この時、糊を使いすぎてはみ出ないように注意してください。

こちらもチェック!
履歴書の書き方~写真編~

パソコンで履歴書を作成&印刷する際の注意点

履歴書をパソコンで作成

この章では、履歴書のデータ作成と印刷する際の注意点を紹介していきます。基本的な注意事項ばかりなので、必ず守るようにしてください。

▼データの使い回しをしない▼

パソコンで履歴書を作成する場合、以前使用したデータの使い回しをしないようにしましょう。ほかの応募先に提出した履歴書データの店舗名だけ修正するといった作成方法はミスを招きます。一部変更し忘れた状態で印刷した場合、一目で使いまわしの履歴書だとバレるでしょう。

使いまわしても問題ないデータは、氏名や生年月日、経歴といった変わらない情報のみです。それ以外はすべて新規で作成してください。

▼フォントはデフォルトで使用する▼

フォントはデフォルトの状態で使用してください。太字にしたり色づけしたりといった加工は読みにくくなります。文字色はすべて黒色に統一しましょう。

▼印刷前後で誤字脱字がないかチェックする▼

誤字脱字がある履歴書は印象がよくありません。特にパソコンで作成する際は変換ミスに気をつけましょう。履歴書データを作成したら、印刷の前後で何度もチェックを入れてください。

▼印刷時はインクのかすれやにじみに注意▼

インクがかすれていたりにじんでいたりすると、見栄えがよくない履歴書になります。印刷する前にはプリンターのクリーニングを行うこと。自宅のプリンターできれいに印刷できない時は、コンビニのマルチコピー機を利用するとよいですよ。

さいごに

パソコンで文書作成する

バイト先に渡す履歴書を手書きと印刷のどちらにするか決められましたか? 以下に改めて判断基準をまとめました。

●現在は以前と比べると “手書き推奨派” が減っており、「手書きでも印刷でもどちらでもよい」という企業が増えている
●学習塾や事務職など文字を書く業務があるバイト先では手書きの履歴書が好まれる
●企業のホームセンターページからWeb応募できる、IT関連、外資系といった特徴があればパソコンで作成してもよい
●応募から面接までの時間が短い場合、印刷した履歴書でも問題ない
●上記のすべてを踏まえてもどちらを選択するか迷うなら手書きにする

また、パソコンで作成する場合は、

●フォントを統一する(おすすめ:明朝体、またはMS Pゴシック/10.5~11pt/黒色)
●JIS規格にそった専門用紙で印刷する
●専門用紙が準備できない場合は厚みがある上質紙でもOK
●証明写真は一緒に印刷せずに糊づけする
●作成したデータを使いまわさない
●誤字脱字がないか何度もチェックする
●印刷する前にプリンターのクリーニングをして、かすれやにじみが出ないようにする

という点を心がけておきましょう。

もし手書きで作成する場合、リスクとして一番気をつけなければならないのは誤字脱字です。パソコンでは手軽に修正できても、手書きでは間違えたらイチから書き直さなければならないからです。

「え? 修正ペンは使っちゃいけないの?」
と思った、そこのあなた! 修正ペンはNGですよ。下記のコラムを参考に、誤字脱字対策をしてくださいね。

バイトの履歴書で修正ペンを使ってはいけない

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account