バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

バイト・アルバイトはモッピーバイト > Career Groove > 情報満載♪バイトコラム&調査 > 夜勤経験者がおすすめする深夜の楽なバイト特集

深夜の楽なバイト9選!夜勤経験者に評判がいいおすすめの職種はこれだ

 夜勤経験者がおすすめする深夜の楽なバイト特集

「楽に稼げるバイトがしたい!」

誰でも一度は考えたことがあるでしょう。でも、特別なスキルが必要なく、楽に稼げる――なんて都合がよいバイトはあるのでしょうか?

楽で、簡単で、稼げるバイトを探している人には、これから紹介する深夜のバイトがおすすめ。原則22:00~翌5:00の労働は割増賃金が付くので、高時給な傾向があるからです。たとえば、日勤の時給が1,000円とすれば、同じ業務でも夜勤の時給は1,250円以上になります。

参考:厚生労働省「法定労働時間と割増賃金について教えてください

この記事では、特別なスキルがなくても気楽に始められる深夜バイトを9つ紹介。それぞれの楽なポイントと大変なポイントを解説していきます。経験者から届いた体験談も掲載していますよ! 深夜の楽なバイトを探している人は、ぜひ参考にしてください。

【目次】

1. 深夜に働ける楽なバイト① コンビニ【バイト初心者におすすめ】
2. 深夜に働ける楽なバイト② ネットカフェ
3. 深夜に働ける楽なバイト③ セルフのガソリンスタンド
4. 深夜に働ける楽なバイト④ 清掃スタッフ
5. 深夜に働ける楽なバイト⑤ ファーストフード店
6. 深夜に働ける楽なバイト⑥ コールセンター【女性におすすめ】
7. 深夜に働ける楽なバイト⑦ 警備員
8. 深夜に働ける楽なバイト⑧ 車両誘導スタッフ
9. 深夜に働ける楽なバイト⑨ デリバリースタッフ
10. さいごに

なお、深夜に限らず「とにかく楽なバイトが知りたい」という人には以下の記事がおすすめです。

楽なバイト9選!体験談付き学生・フリーターにおすすめの簡単バイト

深夜に働ける楽なバイト① コンビニ【バイト初心者におすすめ】

深夜のコンビニ店員

深夜のバイトの代表格といえばコンビニ。コンビニはバイトデビューする人が多く、初心者でも挑戦しやすい定番の仕事です。

日中よりも来店客が少ない深夜は、品出しや清掃といった接客以外の業務がメインとなります。

深夜のコンビニバイトの楽な点、大変な点は以下の通りです。

楽なポイント
・日中より接客することが少ない
・店舗の選択肢が多く、通勤しやすいエリアで働ける

大変なポイント
・酔っぱらい客の対応が大変
・品出しや清掃など体力を使う仕事が多い

つまり、レジや接客に追われるよりも黙々と作業したい人にとっては夜勤のほうが楽にバイトできそうと考えられます。反対に体力に自信がない人にとっては、力仕事が増えるので大変と感じるかもしれません。

詳しい仕事内容は以下の記事で確認できます。

コンビニ夜勤の実態調査! 平均時給やバイト内容をすべて教えます

また、深夜のコンビニは立地によって利用客の数が異なります。特徴の一例を見てみましょう。

深夜でも利用客が多い傾向があるエリア
繁華街、駅付近

深夜は利用客が少ない傾向があるエリア
住宅街

接客するほうが向いているか、黙々と作業するほうが楽か、自分の適性を考えたうえで働くエリアを選んでみてください。来店客数を考慮すれば、あなたが気楽に働ける店を選べるようになるでしょう。

▼コンビニ夜勤経験者の体験談▼

経験者の体験談

「深夜はお客さんが少ないので接客が減って楽です。でも、そうなると眠気との戦いが始まります。寝ないように清掃や商品陳列・整頓などをして手を動かしていました」(20代/男性)

「深夜のコンビニはお客さんが来ないうえに入荷商品も少ないので非常に楽。2時間くらい雑誌を読んでいたこともありました」(30代/男性)

来客が少なければ、バイト仲間と談笑しているうちに時間が過ぎることもあるでしょう。ただし、接客サービス以外の業務もあるので仕事を怠らないように心掛けてくださいね。

深夜に働ける楽なバイト② ネットカフェ

深夜のネットカフェ

マンガ好きな人におすすめのネットカフェのバイト。

深夜の仕事内容は日勤と異なり、受付などの接客業務が減って清掃や本の整理が増える傾向にあります。

深夜のネットカフェバイトの楽な点、大変な点を以下にまとめました。

楽なポイント
・深夜は寝ている客が多いので自分のペースで作業できる
・本の整理や店内清掃といった簡単な業務が中心

大変なポイント
・「いびき」など音に関するクレームが増える
・スタッフが日中よりも少ない

▼ネットカフェ夜勤経験者の体験談▼

体験談に目を通すと、深夜のバイト経験者の評判は上々。なかには「暇な時間にマンガを読めた」という人もいました。

経験者の体験談

「夜勤は非常におすすめです。時給はいいし、大半のお客さんが眠る時間帯なのでフードの注文はない。会計もないし、正直することがありません。私が働いていたお店では、仕事がなければマンガを読んだりくつろいだりしてもOKでした。マンガ好きには天国ですね(笑)」(20代/女性)

ただし、すべての店で仕事中の読書が許されているわけではありません。暇でもルールには従ってくださいね。

以下の記事では、ネットカフェの時間帯別忙しさを紹介しています。ぜひ、参考にしてください。

ネットカフェ&漫画喫茶バイトの楽しくて怖い現実

深夜に働ける楽なバイト③ セルフのガソリンスタンド

夜のガソリンスタンド

車好きな人や乙4資格を活かしたい人におすすめなのは、セルフのガソリンスタンド。資格がない人でも応募を受け付けているケースもありますよ。

セルフのガソリンスタンドで給油を行うのは利用者自身。スタッフがモニターを確認して許可を出すと給油できる仕様です。深夜は来店客が減るため、日中に比べると業務の幅が少ないでしょう。詳しい仕事内容は以下の記事で確認できます。

セルフガソリンスタンドのバイト体験談「きつい」「楽」両者の意見

深夜のセルフスタンドで楽な点と大変な点は以下の通りです。

楽なポイント
・利用客が少ないのでサービス関連の仕事が減る
・暇な時間が多い

大変なポイント
・店外の清掃が大変
・スタッフ数が少なく “ワンオペ” になることも

フルサービスのガソリンスタンドよりもセルフのほうがサービス関連の業務が少ないので、利用客が少ない深夜はスタッフ数も少ない模様。監視スタッフがいないと利用客が給油を開始できないので、相方の休憩中などはトイレに行けないかもしれません。

とはいえ、セルフスタンドの夜勤経験者から届いた体験談を見ると「楽だった」という声がありました。

▼セルフのガソリンスタンド夜勤経験者の体験談▼

経験者の体験談

「夜勤の主な仕事は清掃でした。洗車機は夜間稼働をしないので、洗剤の補充や防火壁(ガソリンスタンドの壁)の拭き掃除、事務所のテーブルや床の清掃は毎回行います。仮眠スペースがあったのでローテーションで仮眠・休憩が取れ、かなり楽な部類のバイトだったと思います」(30代/男性)

勤務時間が長いと仮眠を取れることも。眠気があったとしても仮眠を取れると思えば気が楽ですね。

深夜に働ける楽なバイト④ 清掃スタッフ

清掃スタッフ

深夜の清掃バイトでは、主に夜間営業をしていない施設を掃除します。営業時間外なので、周囲に気をつかう必要がなく作業に集中できる点が気楽です。

また、深夜の清掃スタッフには2時間以内で終了するような短時間バイトも。ほかの職種の夜勤は6~8時間勤務が多いなか、清掃スタッフなら短時間バイトを探しやすいでしょう。

そのほか深夜にできる短時間バイトは、以下の記事で確認できます。

4時間以内のおすすめ短時間バイトを紹介!主婦・大学生・サラリーマン必見

楽なポイント
・接客対応がゼロ
・短時間勤務が多い

大変なポイント
・終了時間が決まっているので間に合うように作業しなければならない
・長時間勤務の場合は体力面がきつい

清掃バイトは定刻までに作業を完了しなければならないため、マイペースに働くと迷惑をかけるかもしれません。慣れれば余裕を持って終わらせられるでしょう。

▼清掃バイト夜勤経験者の体験談▼

経験者の体験談

「深夜の飲食店の派遣清掃をしていました。一日に3~4店舗ほど清掃します。移動時間分も時給が支給されるので、10代で月40万ほど稼げました。ただ、そのくらい稼ぐには体力面できついため長期でバイトしている人はいませんでした」(20代/男性)

「夜間清掃は能力次第でいくらでも好条件になるバイトでした。仕事を早めに片付けられれば、あとの時間は自由です」(20代/男性)

清掃スタッフの詳しい仕事内容などは以下の記事で確認できます。ぜひ、参考にしてください。

【体験談あり】清掃バイトのきつい点3つ!仕事内容やメリットも紹介

深夜に働ける楽なバイト⑤ ファーストフード店

牛丼

コンビニと同じように店舗数が多いファーストフード店。24時間営業をしている牛丼チェーンなど、あなたの自宅付近で求人募集をしている店が見つかるのではないでしょうか。

ファーストフード店の夜勤は、以下のような特徴があります。

楽なポイント
・ファーストフード店ならではの慌ただしさが少ない
・サービス関連以外の業務が多く、マイペースに作業できる

大変なポイント
・酔っ払いなど迷惑客の対応が大変
・スタッフ人数が少ないため客の来店タイミングが重なると混乱する

深夜営業は日中と比べると混雑せず、ファーストフード店ならではの忙しさは少ないです。とはいえ、ときには団体客が来たり、同じタイミングで複数人が来店したりと忙しくなることもあるでしょう。

▼ファーストフード店夜勤経験者の体験談▼

経験者の体験談

「ファーストフード店の夜勤では、お客さんがあまり来ないので掃除に資材補充、事務作業がメインでした。翌日に新しいメニューが始まるときは、ポスターやメニュー表の変更があるため忙しくなります」(20代/女性)

「夜間の管理者が少ないため、入って半年で管理候補になり、1年足らずで管理者になりました」(30代/女性)

スタッフが少ないと大変なこともありますが、リーダーの経験を積める可能性が高いのではないでしょうか。管理者やバイトリーダーの経験は、就活時のアピールポイントになりそうです。

以下のページでは牛丼屋の仕事内容やバイトするうえでのアドバイス、口コミなどをお届けしています。

⇒モッピーバイト「牛丼屋のバイト特集

深夜に働ける楽なバイト⑥ コールセンター【女性におすすめ】

コールセンターの電話

女性でも挑戦しやすい深夜バイトといえばコールセンター。通販番組の受付やカスタマーセンターなど電話受ける業務がメインです。深夜に顧客へ連絡するのは迷惑なため、自分から発信する業務は少ないでしょう。受信業務の詳しい仕事内容は以下の記事をご覧ください。

きついと噂のコールセンターのバイト!発信・受信の仕事内容や面接対策

では、コールセンターの夜勤の楽な点や大変な点を見てみましょう。

楽なポイント
・快適なオフィスで働ける
・かかってくる電話の数は日中より少ない

大変なポイント
・電話相手に眠気を悟られてはいけない

仕事内容は日中と変わりません。ですが、受信する電話の量が減るため比較的に楽とえそうです。

ただ、体を動かす作業はないので睡魔に負けないよう眠気対策をする必要があります。どうしても眠いときは、以下の記事で紹介している眠気解消法を参考にしてくださいね。

【眠い人必読】バイト中に試せる簡単スッキリ眠気解消法5選!

▼コールセンター夜勤経験者の体験談▼

経験者の体験談

「数日の研修を終えてから夜中から朝までのシフトに入れる感じでした。仕事自体はマニュアルがあり、本当に簡単なパソコン入力ができれば大丈夫です」(20代/女性)

深夜に働ける楽なバイト⑦ 警備員

警備員

「忙しく働くのは嫌」という人におすすめなのは警備員のバイト。

工事現場や商業施設などで警備員を見かけたことはありませんか? 警備員は深夜も監視や巡回を行います。接客業と異なり、突発的に忙しくなるケースが少ないでしょう。

深夜勤務の特徴は以下の通りです。

楽なポイント
・問題がなければ監視や巡回をするだけ
・長時間勤務の際は仮眠を取ることができる

大変なポイント
・暗がりが苦手な人にとって夜間の警備は怖い
・警備中はトラブルに備えて気を抜けない
・拘束時間が長いときつい

問題がなければ、特に難しい業務はない警備員バイト。朝までどうやって暇をつぶそうか考えながら働く人も多いようです。

▼深夜の警備員経験者の体験談▼

経験者の体験談

「基本的には待機。そのほか、契約しているビルの鍵を閉めに行きます。3軒ほど見回って残っている人がいないか、電気は消えているかなどチェックするだけでした。拘束時間は12時間ほどです」(20代/男性)

平和が一番ですが、気を抜いてしまっては急なトラブルに対応できません。いつもと変わりなくても監視の目を緩めないように気をつけましょう。以下の記事で、さらにたくさんの体験談を紹介しています!

【体験談あり】警備員バイトの仕事内容やメリット、きつい点をチェック

深夜に働ける楽なバイト⑧ 車両誘導スタッフ

駐車場

車両誘導スタッフは入出庫する車の案内がメイン業務。学生からシニア層まで幅広いスタッフが活躍しています。

夜勤の特徴は以下の通りです。

楽なポイント
・夜間は車が来ないのでやることが少ない

大変なポイント
・トラブルの際は臨機応変な対応が必要
・屋外の場合は天候の影響を受けやすい

夜勤だと真夏の屋外でも、日勤に比べると快適に働けるでしょう。

▼深夜の車両誘導スタッフ経験者の体験談▼

深夜の駐車場で車を誘導するバイトも「楽だった」という意見が見受けられます。

経験者の体験談

「大きな立体駐車場で22:00~翌8:00まで働いていました。夜間はほとんど車が来ません。なので、バイト仲間と毎晩何をして過ごすか考えていました。とっても楽ちんな仕事でしたよ」(40代/男性)

「車が来ない」という意見がある一方で、倉庫に到着するトラックの誘導などは夜間が暇とは限りません。職場によっては深夜のほうが忙しくなる可能性があります。

深夜に働ける楽なバイト⑨ デリバリースタッフ

デリバリー

車やバイク、自転車を使って料理を配達するデリバリーのバイト。「夜にバイトしたいけど朝まではきつい」という人におすすめです。

深夜のデリバリーは24:00前に終わる店が多い模様。特徴は以下の通りです。

楽なポイント
・夜遅くなりすぎない

大変なポイント
・スタッフが日中より少ないので一気に注文が入るときつい

▼深夜のデリバリースタッフ経験者の体験談▼

地域によって夜間の忙しさは異なります。こちらの方が働いている店は、忙しくなくて楽だったようです。

経験者の体験談

「夜中のピザ配達は多いと思っていましたが、実際はとても少なかったです。夜勤は時給がいいしとても楽です」(10代/女性)

普段は暇な店でも、大量に注文が入ったり受注タイミングが重なったりして急に忙しくなることもあります。夜間の運転は特に気をつけなければならないので、急に忙しくなっても焦らないで安全運転を心掛けてください。

さいごに

あなたが気楽に働けそうなバイトの検討はつきましたか? どの職種を見ても、深夜は暇なケースが多いように見受けられました。時間が経つのが遅いと感じる人もいれば、楽と感じる人もいるでしょう。

また、どの職種においても共通していえるのは “暇だからといって仕事を怠らないこと” です。いくら楽なバイトでも、与えられた役割を果たすことを心掛けてくださいね。

次におすすめする記事はこちら。バイトは暇なほうが楽か、ある程度忙しいほうが楽か、この記事を読んで自分にはどちらが合っているか考えてみてください。

「暇なバイト=楽」はウソ! 暇だからこそツラいこと

バイト探しは『モッピーバイト』で!

モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、最大40,000円分のお祝いポイントがもらえます。全国各地の最新バイト情報を掲載しているので、ぜひチェックしてください。

高収入な求人情報
未経験者歓迎の求人情報
WワークOKの求人情報
週1日からOKの求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

人気のタグ

タグ一覧へ

Social Account