バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

バイト・アルバイトはモッピーバイト > Career Groove > 情報満載♪バイトコラム&調査 > 巫女バイト経験者のリアルな体験談特集

【巫女バイト】経験者みんなの体験談特集!仕事や時給面は実際どうだった?

 巫女バイト経験者のリアルな体験談特集

この記事では当コンテンツを運用するアルバイト情報サイト『モッピーバイト』に寄せられた巫女バイト経験者の声をまとめました。貴重な経験者のリアルな声をたっぷりとご覧ください!

【目次】
1. 巫女バイトの仕事内容に関する体験談
2. 高時給高日給!巫女バイトは給料がいい
3. 巫女バイトをしてよかったこと
4. 正月の巫女経験者が語るバイト事情
5. 男性助勤の体験談
6. さいごに

なお、仕事内容や応募条件などの詳しい解説は以下の記事で確認できます。

助勤巫女の採用条件・仕事内容・応募方法を徹底解説!「処女しかできない」って噂はホント?

巫女バイトの仕事内容に関する体験談

破魔矢

さっそく、仕事内容について教えてくれた投稿から見ていきましょう!

「とある神社で年末年始限定の巫女さんの短期アルバイトをしていました。年末は参拝者へ渡す品物の準備、年始はおみくじやお守りの販売の手伝いです。元からお参りすることや神社の雰囲気が好きなので、とても充実した毎日で楽しかったのを覚えています。神聖な場所で働くという貴重な体験ができるアルバイトでした」(10代/女性)

「大学生の冬休みに巫女さんのアルバイトをやりました。業務内容はお守りなどの授与。巫女さんの衣装が着たいという理由で応募しました。バイトの説明会の際にお祓いをしてもらったり、神社のなか見せてもらったりして、文化に触れられたことがよかったです。普通のバイトに飽きてしまっていたので、気分転換となるいいバイト経験になりました」(20代/女性)

「年末に神社で巫女さんのバイトをしました。主な仕事内容は、お参りしている人の前で鈴を鳴らすことと甘酒を配ること、お守りや破魔矢の販売でした。鈴を鳴らす仕事は鳴らしっぱなしなので腕が疲れるし寒いしで大変でした。しかし、あまりできない貴重な体験なのでやりがいがあり楽しかったです。とてもいい経験になりました」(10代/女性)

「巫女さんといっても、正座してお守りや干支の品物を売るだけの簡単な仕事でした。品物の名前・色の意味・値段は書いてありますし、キリのよい金額なので計算しやすいです。だから値段を覚えなくても大丈夫だと思います。数学が好きな人と根気のある人におすすめです」(10代/女性)

高時給高日給!巫女バイトは給料がいい

給料

続いて、給料面に関する体験談を紹介していきます!

「給与面も巫女バイトの魅力的な点だと思います。三が日は特に給与がよく、部活動で忙しくても一気に稼ぐことができました。私が勤務していた神社では昼食もいただけたので、待遇面も非常によかったです。制服は多少なれども憧れのある巫女服でしたので、これ以上はないと言っていいほど貴重な体験ができたアルバイトでした」(10代/女性)

「正月3日間のバイトで巫女さんをしました。正月だから来る人がたくさん! 忙しすぎて昼食の時間が押してしまうことがありました。でも、接客は楽しいですし、いろんな人を見ることができてとても楽しかったです。やりがいは何よりバイト代ですね! 正月ということもあるためか、日給がとても高いです。3日で万単位は余裕でいきます。私にとってはちょうどよい稼ぎ先でした」(10代/女性)

巫女バイトをしてよかったこと

神社の作法

次に経験者たちが語ってくれた巫女バイトをしてよかったことを紹介していきます。

神社での作法を身につけられる

「巫女のバイトを通して、神社での基本的な作法を知りました。基本的に左側を歩く、ムリな場合は右でもいいが真ん中は神様の通り道なので避けること。 手を合わせるときは、左手を上に、親指を隠すことなどを教わりました。また、お札や塩の置き方、神様とは何か――など宮司さんや神主さんに教えていただき、恥ずかしくない大人になるための作法を知りました。短期間で一生役立つ知識を身につけられたと思います」(10代/女性)

「巫女さんのバイトでは、正月を迎える前に簡単な作法を学びます。神社に入る際は鳥居の前で一礼すること、御手水(おちょうず)の正しいやり方などを教えていただきました。また、バイトが終わって帰るときは本堂に一礼してから帰るという決まりもあります」(10代/女性)

交友関係が広がる

「巫女さんのバイトは同性の同年代が多かったので交友関係が広がりました。寒いため体調を気にしてくださったのか休憩の回数が多く、バイト仲間と楽しく過ごしたのが思い出深いです。正月ならではの浮き足立った雰囲気のなかで働くということが、ほかのアルバイトでは経験できない点だと思います。家族や恋人とゆっくりと過ごすお正月ももちろん素敵ですが、友人とともに過ごせる環境もまたいいものでした」(10代/女性)

正月の巫女経験者が語るバイト事情

巫女の集団

この章では、経験者だからこそ分かる巫女のバイト事情を紹介。さまざまな意見があるので、参考にしてくださいね。

待遇は神社によって異なる

「待遇は神社によってかなり異なるようです。私が勤めているところは高待遇でした。ほかのバイトに比べると時給が高めで、豪華な昼食付きでしたので。また、カイロやブランケットを用意していただけたのでありがたかったです。神主さんや宮司さんは優しくて、失敗しても怒られることはありませんでした」(10代/女性)

巫女ならではの言葉遣いを習う

「初めてやったバイトが神社の巫女さんでした。緋袴を履いて髪をひとつに結い、巫女さんらしい振る舞いを意識していました。京都の神社ということもあり『よぉ、お参りです』といった言葉遣いも事前に指導を受けます。寒いなか薄着だし、履きなれていない草履で雪の上を歩くのは辛かったな……。でも『ありがとう、さすが巫女さんやね』と言われたときに『この仕事をしてよかったなぁ』と心から思いました」(10代/女性)

簡単な英語を覚えておくといい

「高校生のころからお正月の三が日は近所の神社で、お守りやおみくじを売る巫女のバイトをしています。袴なのでとても寒いですが、なかなか経験できない仕事なのでとても楽しいですよ。勤務については、お札やおみくじの意味を聞かれることがあるので勉強が必要です。また、外国人もいらっしゃるので簡単な説明ができる程度の英語も覚えておくといいと思います」(10代/女性)

「日本語の話せない外国人の対応に苦労しました。何を求めているのか分からないし、こちらが話す言葉も伝わっていなかったと思います。最低限の英会話力を身につけておけばよかったと後悔しました。怖かったことは、お釣りが少ないという外国人の参拝客でした。レシートがないため、あとからお釣りの金額が違うと言われても証明がありません。記録に残すことは大切だと、このバイトで学びました」(20代/女性)

年明けとともにめちゃくちゃ忙しい

「大晦日、元日を神社で過ごしました。年が明けるまでは誰も参らないので、長い列ができます。参拝者がカウントダウンを始めるなか、ギリギリまで準備をしていました。値段表はあるものの、年が明けると見る暇もないくらい忙しくなるため、覚えつつ年を越しました。深夜2:00まで境内で過ごしていたにも関わらず初詣ができなかったけど、今となってはいい思い出です」(10代/女性)

男性助勤の体験談

男性助勤

助勤は女性――と思われがちですが、実は男性の募集もあります。この章では、男性の助勤経験者から届いた体験談を紹介していきます。女性にも参考になるようなエピソードもあるので、性別に関係なくチェックしてみてくださいね!

普段のアルバイトでは味わえないような雰囲気

「年末年始ということもあり、参拝者は年齢も性別も幅広かったです。呑んだくれ、強面の人、芸能人までさまざま。普段のアルバイトでは味わえないような雰囲気のなか仕事ができました。また、次から次へとひっきりなしに参拝者が現れて慌ただしいです。授与品を受け取らずに帰ってしまう人もいらっしゃいました。最初は戸惑うけど、だんだんといろんな参拝者への対応に慣れます」(10代/男性)

すごく寒いけど、女の子のほうが大変そう

「なにせ寒い。コートを着られず暖房器具は小さいヒーターのみ。お札や袋を弾く指がかじかんでとても辛いです。昨年はヒートテック2枚とウールのニットを2枚、その上に作務衣を羽織って、さらに靴はダウン素材のブーツというスタイルでご奉仕させてもらいましたが、それでもかなり寒かった……。女の子は巫女装束のため男子よりも厚着をしにくくて大変だと思います」(10代/男性)

幸せな気持ちになれた

「神聖な気持ちになれるし、いろんな人が来るので楽しいです。孫に渡すお守りを悩んでいるおばあさんの姿とかを見ていると幸せな気持ちになります」(20代/男性)

仕事は楽だし高待遇

「正月期間のみの限定でバイトしました。待遇は基本時給の1,000円に深夜手当が加わるうえ、ご飯付き。おせち料理が無料で食べられます。ヒマな場所に割り当てられたら2時間に1回の30分休憩がありました。基本は一日に1時間の休憩が1回と、30分休憩が2回あります。仕事が楽なのと正月気分を満喫できるので毎年やっています」(20代/男性)

偽札ハプニング……!?

「参拝者が多い神社でしたので、偽札とか持ち逃げとかのハプニングがあっていい経験になりました」(20代/男性)

バイト仲間は学生が9割

「学生が9割を占めています。自分は大学を卒業しても正月の助勤を続けていたので、ほかの人に長老扱いをされていました。バイトする人は神社の知り合い関係が多く、その人からさらに友人を紹介される流れです。神社のバイトは巫女さんと仲良くなれるし、いろんな出会いがあります。主婦や社会人もいますが、9割学生のなかでは流石に浮いているように感じました」(20代/男性)

さいごに

当コンテンツを運用するアルバイト情報サイト『モッピーバイト』に投稿された、正月の巫女バイトの体験談をお送りしてきました。

経験者も語っていた通り、時給や待遇は神社によってさまざま。また、応募開始時期や応募方法もそれぞれの神社で異なります。

「自分の経験もみんなに伝えたい!」という方は、ぜひ以下のページからバイトの体験談を投稿してください。巫女以外の職種エピソードも幅広く募集しています。これまでに寄せられた体験談もチェックできますよ!

⇒モッピーバイト「アルバイト体験談・体験記

以下の記事では、初詣の参拝者が多い大規模な神社の公式情報をもとに、採用条件などを調べました。あわせて参考にしてください。

助勤巫女の採用条件・仕事内容・応募方法を徹底解説!「処女しかできない」って噂はホント?

バイト探しは『モッピーバイト』で!

モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、最大40,000円分のお祝いポイントがもらえます。全国各地の最新バイト情報を掲載しているので、ぜひチェックしてください。

短期バイトの求人情報
未経験者歓迎の求人情報
高収入な求人情報
週1日からOKの求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

人気のタグ

タグ一覧へ

Social Account