バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン

バイト・アルバイトはモッピーバイト > Career Groove > 情報満載♪バイトコラム&調査 > 本屋バイトの仕事内容や評判をチェック

本屋・書店バイトの仕事内容や評判をチェック!実は体力勝負な一面も

 本屋バイトの仕事内容や評判をチェック

「本屋さんのバイトってどんな仕事内容だろう……?」

穏やかでゆっくりと時間が流れているイメージがある本屋。本が好きな人なら、一度は「書店で働いてみたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。

この記事では、実際の体験談とともに本屋の仕事内容やメリット、デメリットを紹介します。意外に思うこと、イメージ通りでないことがあるかもしれません。本屋のバイトを検討する際に、役立ててくださいね!

【目次】
1. 本屋・書店バイトの仕事内容
2. 評判は?経験者が語る本屋バイトの現実
3. 本屋・書店バイトのメリット
4. 本屋・書店バイトのデメリット
5. 本屋・書店のバイト面接対策
6. さいごに

本屋・書店バイトの仕事内容

本屋の仕事内容

本屋のバイトスタッフが担当する主な仕事内容は、以下のようなものがあります。

主な仕事内容

レジ
品出し
特集コーナーづくり
本棚の整理整頓
本へのビニール掛け
ブックカバー折り
電話応対(予約や在庫の確認)
売り場案内
POP制作
プレゼント用ラッピング
棚卸
店内清掃

たくさんの業務がありますね。大型書店では、「販売スタッフ」と「フロアスタッフ」の2職種に分けられるケースも。それぞれは、以下のような仕事を担当します。

販売スタッフ

・レジ
・ブックカバー折り
・電話応対
・プレゼント用ラッピング など

フロアスタッフ

・品出し
・特集コーナーづくり
・本棚の整理整頓
・本へのビニール掛け
・POP制作 など

新人は売り場の知識がないので、レジなどの販売スタッフに入ることが多いようです。

▼本屋バイトの勤務時間▼

本屋バイトの勤務時間の一例を紹介します。

9:00~17:00ごろ
11:00~20:00ごろ
10:00~14:00や16:00~20:00などの短時間勤務

店によってシフトの選択肢はさまざま。あなたの働きやすい時間帯が見つかる可能性は十分あります。

▼本屋バイトの時給目安▼

東京の書店は時給1,015円~としている求人情報が多い模様。各都道府県の最低賃金を目安に、時給を設定している印象を受けます。

22:00~翌5:00の勤務は深夜の割増賃金がつき、基本時給よりも25%アップ。たとえば、基本時給が1,015円なら深夜は1時間で1,269円稼げます。

また、昇給制度を設けている企業も。長期的に働けば、日中の勤務でもがっつり稼げるようになるかもしれません。

評判は?経験者が語る本屋バイトの現実

書店

本屋のバイトはのんびりと働けるイメージを持っている、そこのあなた。実は、そうとは言い切れません。

この章では、体験談をもとに本屋バイトのリアルをお届けします。経験者の声を参考に働くイメージを膨らまして、応募する/しないを判断してください。

▼本屋のバイトは体力勝負▼

実は、本屋のバイトは想像以上に体力が必要だそう。アルバイト情報サイト『モッピーバイト』へ届いた体験談に目を通すと、力が必要な場面が目に浮かんできます。

経験者から届いた体験談

「本屋さんの仕事は体力勝負。ある程度覚悟はしていましたが、実際に働いてみると相当なものでした。本ってずっしり重たい……! 腰を痛めないように持ち上げる能力が身についたような気がします(笑)」(20代/女性)

「毎日雑誌が発売されるので、売り場を空けて新刊に入れ替えなければなりません。意外と体力仕事が多くてびっくりしました」(20代/男性)

「返品する本を段ボールに詰めて台車へ載せる作業が、重くて大変です」(10代/男性)

「意外にも力仕事が多いです。というのも、入荷してくる本は段ボールに何十冊もまとめて詰められているので、物凄く重いからです」(30代/男性)

なかには、入荷した本をフォークリフトで運ぶ書店もあるそう。「想像とまったく違った」という人もいるのでは?

▼暇なイメージは間違い! 時には走り回るほど忙しい▼

意外

「暇なときは本を読めるかな~」といった考えは捨てたほうがいいかもしれません。本屋のバイトは、走り回らなければならないほど忙しいことがあるようです。

経験者から届いた体験談

「古本屋のバイト経験者です。のんびり仕事できるかと思っていたのに、実際は違いました。棚へ本を並べるのに走り回り、繁忙期は買い取り希望のお客様が次から次に来て大変でした」(20代/女性)

「本を運んだり補充のときに走り回ったりなど、意外と体力が必要です」(10代/男性)

「客としてよく行っていたので、のんびりしているし楽そうだと勝手に思い込んでいました。実際は、重い本の束を抱えて走らないとダメで、かなりしんどかったです」(10代/女性)

のんびり、ゆったりと仕事――というイメージを持っていると、理想と現実のギャップから心が折れる可能性があります。「本屋は体を動かす仕事」と考えていたほうがよいでしょう。

忙しくて走り回らなければならないときでも、利用客の邪魔にならないよう周囲に気を配ってくださいね。

もっとたくさんの体験談を読みたい人は、以下のページをチェックしてください。

⇒モッピーバイト「書店・本屋・CDショップのアルバイト体験記の一覧

本屋・書店バイトのメリット

メリット

大変な一面を知ってゲンナリしていませんか? 本屋のバイトにはメリットもあります!

以下の3つのメリットを体験談とともに紹介していきましょう。

・新刊情報に詳しくなれる
・身につくスキルが多い
・多様な業務があるから楽しさを見つけられる

▼新刊情報に詳しくなれる▼

本屋でバイトしていると、日々たくさんの書籍や雑誌に触れます。新刊情報もいち早くゲットできるので、情報通になれますよ。

経験者から届いた体験談

「入荷された新刊を並べるので、どんな本が流行っているか敏感になりました。今まで関心のなかったジャンルにも興味を持つようになり、知識の幅が広がってよかったと思います」(10代/女性)

「品出しや巡回中に見渡す店内は、書籍の宝庫です。新刊情報は誰よりも早く入手できるので、本好きにはたまらない環境だと思います」(40代/女性)

「バイト仲間とお互いにおすすめを教え合うのが楽しかったな~。POPを書くために新刊もたくさん読むようになったし、この仕事のおかげで読むものの幅がすごく広がった気がします」(20代/女性)

誰よりも早く新刊を読めるのは、本好きにとってたまらなく幸せなこと。書店勤務の醍醐味です。

▼身につくスキルが多い▼

本屋で働いていると、さまざまなスキルを身につけられます。なぜなら、冒頭でも紹介したように仕事内容が多岐にわたるからです!

経験者から届いた体験談

「ほかのバイトでも使えるようなレジ打ちスキルやラッピング技術が身につきます。また、本の知識が自然とついておすすめの本を答えられるようになる。そして、話のネタが増えます!」(10代/男性)

「年齢層に合わせた接客マナーがあることを学びました。また、POP制作や飾りづけ作業で、物作りや色彩感覚のセンスも磨かれます。領収証やポスターで文字を書くので、普段から丁寧に字を書くようになりました」(20代/女性)

このほかにも、電話応対の仕方や時間管理、気遣いがうまくなったという体験談もありました。就職後も役立ちそうなスキルばかりですね。

▼多様な業務があるから楽しさを見つけられる▼

本屋ではさまざまな業務があるので、あなた独自の楽しさを見つけることができるでしょう。

たとえば、新刊を見てワクワクしたり、普段は興味を持たないジャンルの本を扱って知識が増えたり。経験者たちは、どんな楽しさを見つけたのでしょうか?

経験者から届いた体験談

「フェア台づくりやPOP制作が楽しかったです」(30代/女性)

「POPづくりが楽しかった! 暇なときはひたすらブックカバーを折っています」(30代/女性)

「本好きのお客さんと話が合うので楽しかったです」(20代/女性)

「品出しや返本作業が楽しかった。作業は単純だけど、すべて終わったときの達成感はすばらしいものがあります」(20代/女性)

なかでも、POPづくりが楽しかったという声が多かったです。多様な業務のなかから、あなたが楽しいと感じられる仕事を見つけられるでしょう。

本屋・書店バイトのデメリット

腰痛

次は、書店バイトのデメリットを紹介します。本屋では、以下のような点がきついといえるでしょう。

・足腰への負担がきつい
・覚えることが多くて大変

事前にデメリットを知っておくことで対策を練られます。詳しくチェックしていきましょう。

▼足腰への負担がきつい▼

本屋のバイトは、基本的に立ち仕事が中心なので足腰へ負担がかかります。

また、品出しではきつい姿勢で作業することも。棚の下のほうへ本を並べる際は中腰に、上に載せている在庫を取る際は背伸びする――というように、さまざまな体勢で作業しなければなりません。

経験者から届いた体験談

「本の在庫が入っている棚は膝下の高さ、反対に高いところは背丈より上なので、しゃがんだり背伸びしたり大変です」(20代/女性)

足腰にかかる負担を軽減するには、バイト後にマッサージや半身浴をするのがおすすめ。むくみや痛むが和らいで、疲れが蓄積するのを防げるでしょう。

▼覚えることが多くて大変▼

本屋のバイトは1章でも紹介した通り、業務内容が多岐にわたり覚えることが多いです。また、新刊の入荷やトレンドによってどんどん本の配置が入れ替わるので、どこに何があるか把握するのも一苦労。

経験者から届いた体験談

「本の場所を覚えるのが一番大変でした。それに、流行りや新作によってもレイアウトの変更がしょっちゅうあります。いくら本に詳しくても、配置場所となると全く分からず、覚えるのに苦労しました」(10代/女性)

店内のレイアウトが変われば覚え直さなければなりません。大型店舗は特に大変そうですね。店によっては本の場所を検索できるシステムを設置しているケースもあります。

本屋・書店のバイト面接対策

バイト面接

▼本屋バイトの志望動機の例文▼

本屋のバイトへ応募する際、志望動機で以下の点に触れると好印象を与えられるでしょう。

・本が好きなこと
・「この店で働きたい」と思った理由
・前向きな姿勢

では、上記のポイントを踏まえた志望動機の例文を紹介します。

志望動機の例文

私の趣味は読書で、以前から貴店をよく利用しております。そのなかでスタッフの方と接する機会があり、「本が好き」という気持ちがひしひしと伝わってきたように感じました。それを機に、「私も商品に対して愛情を持って接しれる場所で働きたい」と思うようになり、○○求人サイトで貴店の求人情報を探して応募した次第です。飲食店ホールスタッフの経験があるので、笑顔で接客することには自信があります。一生懸命がんばりますので、何卒よろしくお願いいたします。

志望動機の書き方は、以下の記事で詳しく紹介しています。ポイントを押さえて、あなたらしい志望動機を考えてみてくださいね!

バイト履歴書の志望動機や学歴の書き方・例文&注意点

▼面接当日は清潔感のある私服で▼

本屋のバイト面接は、スーツで行く必要はないでしょう。

面接当日は、シワや汚れのないきれい目なものを選んでください。店の雰囲気に合った清潔感のある服装がベストです。短パンや柄シャツなど、カジュアルすぎる服装はバイト面接に相応しくないので避けましょう。

なお、高校生は制服姿でも問題ありません。気崩さずに、ボタンはきちんと留めて、スカートやズボンの丈は校則に従って着用してくださいね。

以下の記事では、季節別の面接に適した服装を紹介してきます。ぜひ、参考にしてください。

バイト面接に適した服装はコレ!男女・職種別の私服&制服の着こなし

さいごに

本

本屋の仕事内容や、働くうえでのメリット・デメリットなどを紹介しました。

働き始めは覚えることが多くて大変と感じるかもしれません。でも、働いているなかで興味がある本を発見できたり、バイト仲間との本トークを楽しんだりと、飽きることなく働けるのではないでしょうか。

さらに、多岐の業務を通して新しいスキルを身につけることができるでしょう。

興味がある人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

本屋・書店以外にも本好きな人におすすめするバイトがあります。それは「ネットカフェ・漫画喫茶」のバイト! 以下の記事で仕事内容を詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

ネットカフェ&漫画喫茶バイトの楽しくて怖い現実

バイト探しは『モッピーバイト』で!

モッピーバイトを通じてアルバイトに採用されると、最大40,000円分のお祝いポイントがもらえます。全国各地の最新バイト情報を掲載しているので、ぜひチェックしてください。

学生歓迎の求人情報
未経験者歓迎の求人情報
短期バイトの求人情報
週1日からOKの求人情報

お祝いポイントとは

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

人気のタグ

タグ一覧へ

Social Account