バイト・仕事を楽しむキャリアマガジン produced by モッピーバイト

 >  >  > 高校生のバイト面接対策

\高校生必読/ あなたは何問答えられる? 知らないとヤバいバイト面接の常識&マナー

 高校生のバイト面接対策

バイト面接での常識&マナーを、簡単なクイズ形式で出題。初めてバイト面接に挑むキミも、これまで働いたことのあるあなたも、高校生ならぜひチャレンジ! また敬語対策、面接前のチェックポイントおさらい、受け答えのシミュレーションで当日に向けて準備を整えましょう。

はじめに

これからバイトに挑戦したいと考えている高校生の皆さん!

やりたい求人に応募したら、次に控えるのは面接です。

高校生は社会経験がほぼないに等しく、 “面接での常識” を知らなくても仕方がありません。

しかし “知らないから仕方がない” で済まされないのが社会。

そこでCareer Grooveでは今回、バイトの面接に挑む高校生に「面接の場における常識&マナー」をクイズ形式で出題します!

あなたは何問正解することができるでしょうか?

そのほか、敬語対策や面接前のチェックポイント、受け答えのシミュレーションもご紹介していきます。

希望する職場に採用されるよう、面接対策をバッチリしてくださいね。

1. 面接に関する常識&マナークイズ
2. 高校生なら知っておきたい敬語
3. 面接前のチェックポイント総まとめ
4. 受け答えのシミュレーションをしよう
5. まとめ

1. バイトに挑む高校生へ出題! 面接に関する常識&マナークイズ

世間では “当たり前” と思われている面接時のマナーや常識を、選択クイズ形式で出題&解説。

あなたの常識は大丈夫ですか?

面接へ向かう前に、ぜひチャレンジしてみてください!


【第1問】面接へ行く時の必須持ち物は? 以下の3つからお選びください。

1. メモ帳と筆記用具
2. 飲み物
3. 荷物は邪魔になるので手ぶら

面接では大切な事柄でも口頭のみの説明になります。
そのため、面接中にメモを取るのは一般的な行為。
以上の理由から、答えは1の「メモ帳と筆記用具」です。

メモをしたい時は「メモを取ってもよろしいでしょうか?」と了承を得てから書きましょう。

●2の「飲み物」ではない理由
飲み物を持ち込んでも問題はありませんが、面接中に飲まないようにしましょう。
面接が長引き、緊張でのどが渇いてしまった場合は「申し訳ありませんが水分補給をしてもよろしいでしょうか?」と尋ねてから水分補給をすること。
飲み終えたら「失礼いたしました」と一言添えてくださいね。

また、面接時に飲み物を出された場合はいただいてもかまいません。
この時、どういったタイミングで飲むかが大切です。
一番よいタイミングは、面接担当者に飲み物を勧められた時。
また、そのような言葉がなかった場合は、質問の区切りがよいところで飲むのが自然でしょう。
面接終了時には「ごちそうさまでした。ありがとうございました」とお礼を言うと、より好印象です。

●3の「荷物は邪魔になるので手ぶら」ではない理由
面接に行く時は履歴書、筆記用具など持ち物が多くなるため、鞄にまとめたほうがよいでしょう。
履歴書はシワにならないよう、ファイルや封筒に入れて持ち運びます。

Q:面接中、スマホを使ってメモしてもOK?
A:近年はスマホでスケジュールを管理している高校生も大勢いることでしょう。
しかし、面接の場で操作することはマナー違反。
メモをとる時は、できるだけ紙のメモ帳やスケジュール帳に書きましょう。

どうしてもスマホを使いたい場合は、一言「スマホで予定を管理しているので使用してもよろしいでしょうか?」と面接担当者に伝えること。
こうした一言を告げるだけで、あなたに対する印象はグッと変わります。


【第2問】高校生らしい面接時のスタイルとは?

1. 学校の制服
2. リクルートスーツ
3. 気合いを入れてめかしこんだ私服

高校生らしい服装といえば “制服姿” 。
というわけで、答えは1の「制服」です。

しかし、ふだん着崩して制服を着ている高校生は要注意。
面接の場に着崩した制服姿で行くことは、だらしない印象になってしまい “非常識” です。
「ルールや規則を守らない人」というイメージも与えてしまうので、身だしなみを整えてから行きましょう。

【制服の身だしなみチェックポイント】
●ブレザーのボタンは全部閉まっていますか?
●シャツがズボンまたはスカートから出ていませんか?
●ネクタイやリボンはしっかりと結ばれていますか?
● “腰パン” になっていませんか?
●スカートは短すぎませんか?
●アクセサリーは付いていませんか?
●学校が規定する通りに制服を着ていますか?(コスプレ系はNGです)

特に食品を扱うお店(飲食店やスーパーなど)では “清潔感” を重要視しています。
服装はもちろん、髪の毛や爪、ヒゲの手入れも怠らないようにすることが大切です。

Q. 学校に行かない日でも面接の時は制服姿で行くべき?
A. どちらでもOKです!

面接用のコーディネートを考えるが面倒であれば、学校が休みの日でも制服でかまいません。
学校へ行かない日に制服を着ることがイヤな人や制服のない高校の人は、私服姿でOKです。
その時は、面接の場にふさわしいシンプルな服装を選びましょう。


【第3問】面接会場に到着するのにちょうどよいのは何分前?

1. 30分前
2. 5分前
3. 時間ピッタリ

面接会場へ到着するのは、約束した時刻の少し前が理想的です。
というわけで、答えは2の「5分前」。

Q. なぜ30分前や時間ピッタリではだめなの?
A. 面接をしてくれるお店に迷惑をかけないためです。

●1の「30分前がダメな理由」
「1.30分前」を選んだあなた。
早く着けば着くほど「やる気を伝えられる」と思っていませんか?

応募先のお店は、面接時間にあわせて仕事のスケジュールを組んでいます。
早く着きすぎてしまうと、お店側は予定を変更しなければならなくなり、迷惑に思われる恐れがあります。
また、面接時間になるまで待たされてしまうことも。
どちらにしても、あまり良い印象は持たれないでしょう。

●3の「時間ピッタリ」がダメな理由
たとえば16:00からの面接予定でピッタリに面接場所に到着すると、開始時刻が遅れてしまいます。
「16:00から面接」と約束をしたら5分前に到着するのがベストです。

しかし、ギリギリ5分前に到着するように計算をして家を出発すると、電車の遅延や道を間違えるなど、アクシデントが起きた時に遅刻する可能性があります。

当日は会場の周辺で少し待つ時間を設けるなど余裕を持って家を出ましょう。


【第4問】面接会場はどこ? 周辺で迷子になった時はどうする? 以下の2つからお選びください。

1. 時間がかかっても自力で探し出す
2. 面接先に電話をして確認する

特別な理由がない限り、面接は遅刻NGです。
そのため「時間がかかっても自力で探し出す」という行動は大変危険。
近くまで来ているのに会場がわからない時は、問い合わせの電話をしましょう。

以上の理由から、答えは2の「面接先に電話をして確認する」です。

道に迷った時の電話シミュレーション

まずは電話をかける前に……
●メモ帳と筆記用具を準備する
●現在地の目印(大きなお店や道路)をチェックする

面接先「お電話ありがとうございます。○○店です」
あなた「お世話になっております。わたくし本日○時よりアルバイトの面接をお願いしております○○○○(フルネーム)と申します。今近くまで来ておりますが、○○店を見つけることができないでおります。何か目印を教えてもらってもよろしいでしょうか?」
面接先「はい。現在はどちらまでいらしてますか?」
あなた「はい。今は○○(現在地の目印)付近におります」
面接先「そちらからでしたら~~というように来ていただければ当店に着きます」
あなた「~~(繰り返す)ですね。わかりました。ご丁寧にありがとうございます。お手数をおかけして申し訳ありません。それではのちほどよろしくお願いいたします。失礼いたします」

面接日までに時間があれば、事前に面接会場をチェックしておくと迷う心配がなくなり安心ですね。


【第5問】面接に相応しいあいさつの仕方は?

1. 親しみを込めて砕けた敬語で「ヨロシクっす!」
2. 野球部のように帽子をとってあいさつ
3. お辞儀をして「本日はよろしくお願いします」

面接担当の方や、お店にいるスタッフにあいさつをする時は正しい敬語を使うのが正解。
というわけで、答えは3の「お辞儀をして『本日はよろしくお願いします』」。

●1の「親しみを込めて砕けた敬語で『ヨロシクっす!』」がNGな理由
気心の知れた先輩や友人に対して砕けた敬語を使うことは問題ありません。
しかし初対面にもかかわらず砕けた敬語を使うのは、採用担当者によい印象を与えません。
特に、面接の時は正しい敬語を使うことが当たり前。
したがって「ヨロシクっす!」というあいさつは “非常識” と思われる可能性が高いです。

●2の「野球部のように帽子をとってあいさつ」がNGな理由
面接の時は、帽子やコートは脱いでから入店するのが常識でありマナーです。
したがって、帽子をとってのあいさつはかぶったまま入店していることになり不正解。
脱ぐタイミングは入店の直前です。
帽子で崩れた髪型を整えてから入店しましょう。


【第6問】面接中にお手洗いに行きたくなった! 途中で行っていいの? ○か×でお答えください。

1. ○
2. ×

基本的に面接中にお手洗いをお借りすることは控えてください。
なぜなら所要時間は長くても30分程度で、我慢できないほどの長時間ではないからです。
ということで、答えは2の「×」です。

とはいえ、お手洗いに行きたくなることは生理現象なので「面接中は絶対にダメ」というわけにもいきません。

緊張して行きたくなることもありますから、お手洗いは面接前に済ませておきましょう。

Q. どうしてもトイレを我慢できなくなったらどうしたらいいの?
A. 「大変恐縮ですが、お手洗いをお借りしてもよろしいでしょうか?」と正直に申し出ましょう。
トイレから戻った時は「大変失礼いたしました」と面接を担当してくださっている方に謝りましょう。


【第7問】履歴書を手渡す時どんな状態で渡す?

1. ファイルまたは封筒に入れたまま渡す
2. ファイルまたは封筒から出して、折りたたんだ状態のまま渡す
3. ファイルまたは封筒から出して、開いて渡す

ちょっとした気遣いですが、これも面接の常識&マナーのひとつなので覚えておきましょう。
履歴書は開いて渡すことによって、採用担当者がすぐに目を通せます。

以上の理由から、答えは3の「ファイルまたは封筒から出して開いて渡す」です。


【第9問】面接で希望の勤務日数を聞かれた! なんて言う?

1. 正直に自分の希望する日数を伝える
2. たくさん入れると言ったほうが採用されやすそうだから、希望よりも多めに伝える
3. 面接官の顔色をうかがいながら曖昧に答える

採用されたいからといって誇張して答えると、あとあと迷惑をかける恐れがあります。
また、お店側の「たくさん入ってくれたほうが助かる!」という期待に応えて最初からムリをすると、あなたの体に負担がかかってしまう可能性もあります。
以上の理由から、答えは1の「正直に自分の希望する日数を言う」です。

特に初めてバイトに挑戦する高校生は、週2勤務くらいからムリなくスタートすることをオススメします。

たくさん稼ぎたいという人は、バイトに慣れてからシフトを増やしてもらえないか相談してみましょう。

Q. なぜ誇張して答えると迷惑をかける恐れがあるの?
A. シフト作成のやり直し、新たなバイト募集の手間が増える可能性があります。

採用が決まれば、あなたを加えた新しいシフトが作成されます。
そのあとに「やっぱりこの時間帯は入れません」となると、シフトを考え直さなければいけません。
そうなれば、ほかの従業員にまで迷惑が及びます。

最悪の場合、新たにほかのバイトを補充しなければならなくなります。

このような迷惑をかけるのは印象が悪く、今後の人間関係にも影響が出るかもしれません。
絶対にやめましょう。


【第10問】接客経験の有無を聞かれた! 文化祭での焼きそば販売は接客経験に入る?

1. ○
2. ×

社会でいう接客経験とは、雇用契約を結んでいるお仕事での接客経験のことです。
基本は文化祭や家のお手伝いは接客経験に入りません。
以上の理由から、答えは2の「×」です。

Q. 「経験なし」というと採用されにくいのでは?
A. そんなことはありません。
高校生バイトを募集している求人は「未経験者歓迎」というバイトが多いです。
そのため経験がないということはマイナスポイントになりません。
前向きな姿勢さえ見せれば、むしろ「のびしろがある」と評価されやすくなる場合もあります。

とはいえ、文化祭や家のお手伝いでお店に立ったという経験は立派なアピール材料。
積極的に話に織りまぜましょう。

【アピール例】
「仕事としての接客経験はありませんが、実家の飲食店のホールを時々手伝っています」
「文化祭での接客を通して接客のバイトをしてみたいと思うようになりました」

このように付け足すことで「未経験者だけど、すぐに仕事を覚えることができそうだな」と好印象を持ってもらえるでしょう。


【第11問】面接で採用されるためにウソをついてもバレない?

1. ○
2. ×

面接の時は見栄を張る必要はありません。
しかし短所を長所のようにアピールするなど、ウソをつかずにマイナス面をカバーする言い方はたくさんあります。

▼短所を長所に変換した例▼
●調子に乗りやすい
→前向きな性格
●馴れ馴れしい
→新しい環境でもすぐに馴じむことができる
●人と話すのが苦手
→集中して作業を進めることができる
●計画的な行動が苦手
→行動が早い
●飽きっぽい
→気持ちの切り替えができる
●能天気
→明るい性格
●優柔不断
→慎重に物事を考えることができる

このように、ウソをつかなくても十分に自分をアピールすることは可能です。
また、たとえウソをついたとしても見破られる可能性が高いです。
そうなると評価は下がる一方。以上の理由から、答えは2の「×」です。

Q. どうしてウソがバレるの?
A. バイトをしているうちにボロがでてくる可能性があります。
また、採用担当者はたくさんの応募者を見ているので、人を見る目が養われています。
そのため、高校生のつくウソはあっさり見破ってしまう人が多いのです。

2. 敬語が苦手な高校生必読! 面接で使う正しい敬語マニュアル

あなたは正しい敬語に自信がありますか?
面接で使う敬語は、学校で先輩や先生に使う敬語と同じで大丈夫なのでしょうか?

敬語が苦手な高校生は、面接前にチェックしてみてくださいね。

面接で使う敬語

□うん(YESの意味)
→「はい」
□ううん(NOの意味)
→「いえ」
□うんうん(相槌の時)
→「はい」または「ええ」
□OK
→「問題ございません」「結構です」
□了解
→「わかりました」「かしこまりました」「承知しました」
□~っす
→「~です」
□オレまたはアタシ
→「僕」「わたくし」
□ムリ
→「難しいです」「いたしかねます」
□お邪魔します
→「失礼いたします」
□お邪魔しました
→「失礼いたしました」
□あざーす
→「ありがとうございます」
□ごめん
→「申し訳ございません」「すみません」
□家族の名称
→「父(ちち)」「母(はは)」「祖父(そふ)」「祖母(そぼ)」「兄(あに)」「姉(あね)」
□この店、この会社
→「こちらのお店」「御社(おんしゃ)」
□質問してもいいですか?
→「お伺いしてもよろしいでしょうか?」
□聞いてみます
→「確認いたします」

敬語を使い慣れていない高校生は、面接中に噛まないよう繰り返し口に出して練習してみましょう!

3. 面接前のチェックポイント!

▼携帯電話の充電があるかチェック!▼

面接会場に到着するまでは、携帯電話を使う機会がたくさんあります。

●時間の確認
●地図の確認
●緊急時の電話

事故やケガで遅刻しそう、または行けなくなった時は、すぐに電話して報告をしなければなりません。

そのような事態に備えるためにも、携帯電話の充電が十分にあることをチェックしてから出発しましょう。

▼面接前には携帯電話をサイレントモードに!▼

面接前に、携帯電話をサイレントモードにしておきましょう。
またバイブレーション機能やアラーム、着信音がオフになっているかもチェック!

電源はオフにするのがベストですが、スケジュールを携帯電話で管理している人は事前に今後の予定を確認しておく必要があります。
理由は、面接中に「いつから働くことが可能ですか?」という質問があるから。
面接が始まる前には、初出勤できる日を頭に入れておきましょう。

▼面接の場にふさわしい身だしなみか、もう一度チェック!▼

≪NGスタイル≫
●着崩した制服
●派手なアクセサリー
●派手な柄やロゴが入っている服
●サイズ感が合っていない服
●無駄な装飾が多い服
●露出が多い服
●ダメージ加工の服
●不潔な服
●サンダルやクロックス
●サングラスや帽子

▼持っていく物をチェック!▼

□履歴書
□メモ帳(スケジュール帳)
□筆記用具
□そのほか指示のあった必要書類など

4. 受け答えのシミュレーションをしてみよう♪

次にスーパーのレジバイトに応募したあなたを想定して、面接の場におけるシミュレーションをしてみましょう。

接客系のバイトでは、明るく元気のある人が好まれます。
声が小さくなったり表情が暗くなったりしないように気をつけましょう。

また面接の時は、相手の目を見てハキハキ話すと好印象です。

それではスタート!

▼面接前には入口の確認が必要▼

応募先の店長、もしくは採用担当の方と面接日時を決めるために電話をします。
その時、入店口を確認しておきましょう。

入店時の入り口確認

あなた「面接当日は、正面からの入店でよろしいでしょうか?」
店 長「スタッフ用の入り口がありますので、そちらからお願いします」

▼入店・入室時のあいさつ▼

面接当日、指示された入口から入店したあなた。
まずは近くにいるスタッフに声をかけましょう。

入店時の声のかけ方

あなた「すみません、本日15:00からのアルバイト面接におうかがいしました○○○○と申します。○○(面接担当者の名前)さまはいらっしゃいますか?」
スタッフ「はい、こちらで少々お待ちください」

名前を伝える時は、フルネームを名乗りましょう。
待つように指示された時は、勝手にその場を離れないようにしてください。

面接担当者へのあいさつ

店 長「こんにちは。お待たせしました」
あなた「こんにちは。○○○○と申します。本日はよろしくお願いいたします」
店 長「よろしくお願いします。それではこちらへどうぞ」

最初のあいさつが印象を決めると言っても過言ではありません。
明るい表情であいさつをしましょう。

入室時のあいさつ

店 長「こちらに腰かけてください」
あなた「はい、失礼いたします」
店 長「それではアルバイトの面接を始めます」
あなた「はい、本日はどうぞよろしくお願いいたします」

椅子に腰かける時は「座ってください」という指示を待ちましょう。
何も指示がないのに座ると、態度が大きく見えることがあるので要注意です。

▼高校生バイトの面接によくあるシチュエーション▼

①自己紹介

店 長「本日は履歴書をお持ちですか?」
あなた「はい」→返事をしてから履歴書を渡し、「よろしくお願いいたします」
店 長「はじめに、簡単な自己紹介をお願いします」
あなた「はい。私は○○高校2年の○○○○と申します。自宅は品川駅から徒歩10分の場所にあります。どうぞよろしくお願いいたします」

バイトの面接では、簡単な自己紹介から入ることがあります。
フルネームのほかにも高校名、学年、最寄り駅や住んでいる区市町村などを伝えましょう。

②志望動機を伝える

店 長「それでは今回、当店のレジ業務に応募した志望動機をお聞かせください」
あなた「はい。私は人と関わることが好きなので接客のアルバイトを探していました。こちらのお店は、私の通う高校から徒歩10分以内で通いやすいという点と、アルバイトの募集をしている時間帯が放課後を利用して働ける時間帯でしたので希望とピッタリ合っていると思い、志望いたしました」

口頭で伝える志望動機は、履歴書に書いたことと相違のないようにしましょう。
履歴書に書いてある志望動機と、面接中に話す志望動機が違っていると不自然です。

また履歴書では「貴店」「貴社」と書いても、口頭では「こちらのお店」「御社」となります。
言い間違えないように気を付けてください。

③希望のシフトについて

店 長「希望のシフトはありますか?」
あなた「はい。平日は週3回、16:00から20:00までを希望しています。土日のどちらか1日は、日中から入れます」

希望シフトは正直に答えましょう。
採用が決まってから「前に申し上げたシフトから変えてほしい」と申し出ると迷惑をかける恐れがあります。

④勤務開始日について

店 長「もし採用が決まったらいつから入ることができますか?」
あなた「来週の月曜日から可能です」

希望の勤務開始日はすぐに返答できるように、事前に都合のつく日を決めておきましょう。
第3希望まで考えておくと、面接中にスケジュール帳を確認しなくても済みます。

⑤質問はないか聞かれた時

店 長「こちらからは以上ですが、なにか質問はありますか?」
あなた「はい。働き始めたら出てくるかもしれませんが、今のところはありません」

仕事への意欲を伝えられる場面でもあるため、質問があれば遠慮なく確認してみましょう。
すでに求人情報に掲載してある内容や「休みは取りやすいですか?」などやる気に欠ける質問は控えるように。

▼退店後も面接中の気持ちで帰る▼

面接終了時の挨拶

店 長「これで面接は終了です。1週間以内に合否の連絡をしますので、よろしくお願いします」
あなた「はい。本日はお時間をいただき、誠にありがとうございました。それでは失礼いたします」

退店してからも、お店が見えなくなるまでは面接中の気持ちでいましょう。
すぐに友だちに電話をするなど、歩きスマホをしている姿を見られると印象がよくありません。

5. 高校生の初バイト面接対策のまとめ

バイトの面接対策についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

面接は誰でも緊張します。
声が上ずってしまう人もいるでしょう。

しかし声がこもってしまったり、うつむいたままだったりすると、よい印象を残すことができません。

不安な気持ちを拭うためにも、本番前に準備とシミュレーションをして自信をつけましょう。
そして精一杯、自分のやる気をアピールしてくださいね。

「どうせ自分なんか」などネガティブな感情ではなく、「よし、がんばるぞ!」と前向きな気持ちで面接に挑めば、自然と表情も明るくなりますよ!

★もっとバイト面接について知りたい人はコチラ★

高校生がバイトを探すなら、モッピーバイトで!

モッピーバイトでは、高校生が活躍できるバイトをたくさんご紹介しています! ぜひチェックを☆

●高校生可
●研修制度あり
●接客スキルが身に付く
●ビジネスマナーが身に付く
●未経験者歓迎

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account